GAG福井俊太郎「たとえどんなに売れても、僕の魂は大宮にあります」<シリーズ大宮セブン#2>

2020.10.23

えんにちの夢を背負ったすゑひろがりずのブレイク

──営業の話にも関わることかもしれませんが、初代大宮セブンメンバーである元えんにちの、いまは芸人を引退された望月(リョーマ)さんがかつて大宮セブンのキーパーソンだったと。

福井 そうです。いまだに「大宮は望月だった」と言われていまして。望月がいなければ大宮はなかったんですよ。

──芸人でありながら、プロデューサー的な活躍をされていた?

福井 はい。大宮セブンには「夜の部隊」というのがいまして。芸人自ら地元の皆さんと飲んで友好を深めるメンバーですね。僕らGAGの中では坂本くん。タモンズの安部(浩章)ちゃんが大宮の青年団の人たちと飲んで仕事を取ってきたこともありました。そのすべてに絡んでいたのが望月さんでした。大宮に住んで、大宮のものを食べて、大宮の人たちと飲んで、大宮の仕事を取ってくる。すべてを大宮に捧げた男だったんですよ。今は芸人を辞めてサラリーマンをやられていますけど。

──プロデューサーX氏の片腕的存在だったわけですね。

福井 まさに。ちょっと話が逸れますが、本来X氏は、えんにちを今のすゑひろがりずみたいなスターにする予定で育ててたんですよ。けれども夢半ばでえんにちは解散してしまった。そこで代わりに大宮セブンに入ってきたすゑひろがりずがその夢を叶えた、という物語が、実はあるんです。

──すゑひろがりずが大宮セブンに所属したのは2018年。まだ注目されていないころですよね?

福井 はい。大阪にいたころも、彼らの存在は知ってましたけど、劇場に所属しているようなしていないような、という感じでした。上京後もまだそこまで知られてなかったので、すゑひろがりずがメンバーに入ると決まったときはみんなびっくりした感じもありました。そこはプロデューサーの先見の明ですね。

──すゑひろがりずのおふたりは、えんにちの夢を負っていたことは認識されているんでしょうか。

福井 えんにちの代わりに入ったことは自覚していると思います。ただ、夢を負わされているとは思わなかったと思いますけど(笑)。

大宮では抜群の知名度を誇ったえんにち。1000人以上収容できる会場でライブが行われたことも。「大宮であれだけ人を集められるのは望月さんしかいなかった」
大宮で抜群の知名度を誇ったえんにちは、 1000人以上収容できる会場でライブを行ったことも。「大宮であれだけ人を集められるのは望月さんしかいなかった」

永遠の大宮芸人、GAG

──新しいお客さんが大宮セブンを知るようになった状況についてはどう思われますか?

福井 配信のおかげでたくさんの方が観てくださっているのは本当によかったなあと思います。お客さんも大宮の空気をわかった状態で観てくださっているのがありがたいです。

──最近、幕張の劇場にも大宮セブンの面々がよく出演されていますね。

福井 X氏が今、幕張の支配人をやっているんです。僕らはX氏にお世話になってきたので、地理的にどうこうじゃなくて彼がいる場所は大宮、という感覚で。僕の主観ですけど、今の大宮ラクーンよしもとはトットとコマンダンテの劇場です。すゑひろがりずも出てますが、彼らは忙しいからそこまで多く出られない。その代わりにトットとコマンダンテがお客さんを呼んで、今の大宮を守ってる。その一方で大宮セブンが幕張に出るという……。ちょっとしたねじれがあるかもしれないですね(笑)。

──トットとコマンダンテふた組が劇場の顔だと、かなりスタイリッシュな印象ですね。

福井 ただコマンダンテは昔から大宮に一緒に出ている仲間なんで。見た目はスタイリッシュですけど、意外と泥臭いこともやってくれるコンビなんですよね。

──トットは4月に上京されたばかりだと思いますが、すでに大宮を担う存在に?

福井 なんかね、様子がおかしいらしいです。大宮を経験して「お笑いっていろんなかたちがあってええんやな」と感じたみたいで、今彼らは羽を伸ばして「そういうお笑い」をやってて。この前トットが久々に大阪芸人と共演したとき、自然と「大宮の感じ」を出したらしいんですよ。そしたら「いやいや何してるんですか、そんな感じじゃなかったじゃないですか」と怒られたという事件を僕は聞きました(笑)。

──大阪時代の仲間が、「僕らの知っているトットじゃない」と。

福井 「あんなシュッとしてたトットがどうしたんですか、大宮に染められて」という事件があったらしいです。直接観たわけじゃないんで、一応、風の噂と書いておいていただきたいですけども。

コマンダンテ。安田邦祐(左)と石井輝明のコンビ。2008年結成。GAGとは仲がよく、YouTube等でもたびたび互いのエピソードが披露される
コマンダンテ。安田邦祐(左)と石井輝明のコンビ。2008年結成。GAGとは仲がよく、YouTube等でもたびたび互いのエピソードが披露される
トット。多田智佑(左)と桑原雅人のコンビ。2009年結成。GAGと「とっとこジエ太郎」というライブを開催
トット。多田智佑(左)と桑原雅人のコンビ。2009年結成。GAGと『トットこジエ太郎』というライブを開催

──GAGさんももともとは大阪から出てこられていますが、今はもう大宮に染められているどころか、大宮そのもの。

福井 僕らも大阪で10年くらいやらせてもらって、お世話にもなりましたし恩義も感じていますけど、じゃあ大阪芸人なの?って言われたら、僕は大宮芸人と答えると思いますね。

──自分たちで大宮を育ててきたという自負も?

福井 そんな偉そうなことは思わないですけど、セブンメンバーみんな、言葉に出さなくても「中央で戦っていけるようにがんばろうよ」っていう目標で、一緒に大宮を作ってきたとは思います。

──最後に、今後の大宮セブンをどうしていきたいか、教えてください。

福井 シンプルに、願わくば、もうちょっと僕らを大宮に出してもらいたい。大宮で活動させてもらいたいですね。

──たとえばこの先、キングオブコントで優勝して、今以上に売れっ子になったとしても。

福井 もちろん。一番お世話になった劇場なので。

──現支配人は、売れたらどんどん卒業して、より大きな舞台で活躍してほしいともおっしゃっていましたが。

福井 そうですか……。ちょっと想いのすれ違いがあるのかもしれませんね(笑)。支配人がそう言ってくださるのであれば受け入れますけれども、たとえどんなに中央で戦っていても、僕の魂は大宮に残していきたいと思います。

福井俊太郎
(ふくい・しゅんたろう)1980年、兵庫県生まれ。大学卒業後いったん就職するも、芸人を目指しNSC大阪校に27期生として入学。同期の宮戸洋行、坂本純一と2006年にGAGを結成。2014年に上京、同年より「大宮セブン」メンバーとして大宮を拠点に活動を始める。2017年から4年連続でキングオブコント決勝に進出。

『ネタバレ』(フジテレビ)では福井の活躍によって大宮セブン特集回が放送されるまでに
「たとえどんなに売れても、僕の魂は大宮にあります」GAG福井俊太郎


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全22枚)



ARTICLE LIST

釣木文恵さんの関連記事一覧

釣木文恵さんの
新着・人気記事をお知らせします。