バニーガールになって初めて自分を肯定できた。美尻コスプレイヤー・九条ねぎがバニー愛を語り尽くす

2020.10.6

『タモリ倶楽部』出演時にかけられた、タモリからの意外なひと言とは?

――そんな思いが込められたバニーガール衣装を着て、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日/2020年3月6日放送回)にも出演されていましたが、番組出演の経緯を詳しく教えていただけますか?

九条 「バニー衣装メーカーに潜入」といった企画で、アトリエダームさんに取材が入ることになって。賑やかし要員として、“バニーガール愛を語れるモデル”にも出演してほしい……ということになったんです。その候補者のひとりとして呼んでいただき、スタッフさんに面談していただいたところ、「この子のバニーガール愛は本物だ」と認めてもらえたみたいで。それで番組に出演させていただくことになりました。

『タモリ倶楽部』には自らデザインした衣装で出演した

――出演が決まったときは、どのようなお気持ちでしたか?

九条 めちゃくちゃうれしかったです! 子供のころから観ていた大好きな番組に、大好きなバニーガールの格好で出られるなんて……幸せ過ぎます。とにかくバニーガール愛を語りたくて、取材当日までずっとワクワクしていました。

――収録時の出来事で、特に印象に残っているエピソードがありましたら教えてください。

九条 カメラが回っていないときに、タモリさんが「お尻をきれいにするために、自転車に乗らないようにしているの?」と声をかけてくださったんです。ちょうどそのころ、ジムでエアロバイクを使っていたんですけど、お尻の肌荒れも気になっていて……。そのひと言でトレーニングの内容を切り換える決心がついたので、本番中ではないんですけど、私の中では一番印象に残っている出来事ですね。

タモリのひと言が九条ねぎの美尻を救った

――タモリさんの何気ないひと言が、九条さんの美尻を救った……というわけですね(笑)。ほかにも印象的だった出来事はありますか?

九条 本番で登場した瞬間、キャストの皆さんが私の背の高さにびっくりされていて。そのときのタモリさんや、指原莉乃さんの表情がものすごく印象的で記憶に残っています。もともと170cmの身長に、18cmのヒールを履いて、バニーの耳まで付けているので、余裕で天井に届いてしまって……。ちょっと動くだけで耳を蛍光灯にぶつけてしまうので、常に天井を意識しながら移動する、ぎこちない歩き方を披露してしまいました(苦笑)。

『艦これ』『五等分の花嫁』のコスプレがバズり、人気コスプレイヤーに!


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全25枚)


somtum_tai2

ARTICLE LIST

ソムタム田井さんの関連記事一覧

ソムタム田井さんの
新着・人気記事をお知らせします。