「NiziUに考えを正された」丸山礼に聞く、現代人の心に刺さる“ニジプロ”の魅力

2020.9.1
ニジプロ×丸山礼

今年6月、韓国の大手芸能事務所JYPとソニーミュージックがタッグを組み、多くの視聴者を熱狂の渦に巻き込んだガールズグループ・オーディション「Nizi Project」(通称・ニジプロ)。1万人を超える参加者からオーディションを勝ち抜いた9人が「NiziU」としてデビューが決定し、今も韓国で厳しいレッスンの日々を送っている。

デビューを控え、QJWebでは「ニジプロ」の大ファンを公言する著名人へのインタビューを敢行。第1回は、前向きに努力を重ねる少女たちの姿とプロデューサーのJ.Y. Parkの言葉に背中を押されたというお笑い芸人の丸山礼が、「Nizi Project」の魅力を語る。

丸山礼

丸山 礼
(まるやま・れい)1997年、北海道生まれ。お笑い芸人、ものまねタレント。ワタナベコメディースクールを卒業。篠原涼子、滝川クリステル、MISIA、吉田美和の歌まねや声まね、土屋太鳳、ロバート秋山などの顔まねを得意とする。YouTube『丸山礼チャンネル』も登録者が76万人を超える人気となっている。


「みんなでスターになろう!」というハッピーな思想

丸山さんが「Nizi Project(ニジプロ)」を観始めたきっかけはなんだったんですか?

友達に教えてもらったんです。最初は「へぇ、こんなのやってるんだ」くらいの気持ちだったんですが、いざ観たら知っているK-POPの曲がたくさん使われていて、興味が湧きました。

「Nizi Project」では各ミッション(審査)の課題曲として、TWICEや2PM、miss Aなどの楽曲が使われていましたね。

私、もともと中学生くらいのころ、K-POPが大好きだったんです。その時代の有名な曲もたくさん使われていたので、おもしろい!と思って、これまでの放送を追いかけて観ました。ちょうど自粛期間中でずっと家にいたので、丸2日間くらいで一気に観ました(笑)。

すごい勢い! ちなみに中学生のころ、特に好きだったアーティストは誰ですか?

SUPER JUNIORとか少女時代とか、有名なグループはいろいろ聴いていました。ネットで最新情報をチェックしては「チェゴヤ〜(最高)!」ってエールを送って(笑)。

あと、日本でもTBSで放送されていた『ドリームハイ』っていう韓国ドラマが大好きだったんです。舞台は音楽学校で、そこに通っている生徒たちがデビューするために奮闘するストーリー。

キャストもmiss Aのスジちゃんや、2PMのウヨンさんなど、現役アイドルが生徒役で出演していて。あ、あと「Nizi Project」のプロデューサー・J.Y. Parkさんも教師役で出演していました!

聞いているだけで楽しそうなドラマです……!

『ドリームハイ』は、私が芸能界に憧れたきっかけのひとつでもあるんです。みんなでがんばって一流のアイドルになっていく姿が眩しくて。思えば「Nizi Project」も、それに近いものを感じていたのかも。

「Nizi Project」はドラマではないけど、仲間同士で高め合ってアイドルを目指すっていうストーリーが素敵だなと思うんです。

楽曲がきっかけで「Nizi Project」に興味を持ったけど、どんどん人間ドラマのほうにも惹かれていったんですね。

練習生たちの人間性もしっかり映し出していて、みんな仲間思いだし、オーディションだけど蹴落とし合うんじゃなくて「みんなでスターになろう!」っていう、ハッピーな思想がよかったです。

メンバー同士で励まし合う姿勢に感動

「Nizi Project」で特に好きなシーンはありますか?

韓国合宿のチームミッションで、リマちゃん、リオちゃん、ニナちゃん、リリアちゃんがITZYの「ICY」を披露した回です!

練習を見に来たJ.Y. Parkさんに、リオちゃんが「歌がまだアマチュアだ」って言われてショックを受ける場面があって。それからリオちゃんはひとりでめちゃくちゃ練習するんですけど、その様子を見たリマちゃんが、「大丈夫だよ、できるできる!」って励ますんですね。

リマちゃんだって大変なはずなのに、友達がピンチのときにそんなふうに励ましてあげられるなんて! どうしてそんなに肝が据わってるの? どうしてそんなにアーティストとしての心構えがしっかりできてるんだろう?って、めちゃくちゃ感動しました。

ミイヒちゃんは私の憧れの女の子!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

井上明日香

Written by

井上明日香

(いのうえ・あすか)ライター。芸能インタビューを主に行っています。女性アイドルと舞台、ドラマが好きです。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太