パフォーマンス新世代No.1と評されるBilllie、ライバルから受ける“刺激”と“本気”「今よりもっと完璧なステージを」

2024.1.29

文=紺野真利子 編集=菅原史稀


2024年1月に開催の『第33回ソウル歌謡大賞』でベストパフォーマンス賞に輝いた、K-POPガールズグループ・Billlie。練習生時代からその実力がK-POPファンの間で知られていた彼女たちは、デビュー後もステージ動画がSNS上でバイラル化するなど、“スーパールーキー”の呼び声が高い。

今回は、2月にファーストミニアルバムを日本でリリース、初めてのショーコン開催が予定されている彼女たちに、最新の活動や尊敬するアーティストの存在、ステージを作り上げる上での原動力について聞いた。

Billlie
(ビリー)2021年11⽉10⽇に韓国でデビューしたガールズグループで、発売するすべてのアルバム全体を貫くストーリーをもとに、ユニークな音楽、ミュージックビデオなどを通じてしっかりとしたストーリーテリングを具現しているグローバルアーティスト。ファンネームのBelllie’ve(ビリーブ)には「Billlieとファンはお互いを信じ、ファンと私たちはひとつ」という意味が込められている。


K-POP随一のパフォーマンス力を誇る秘訣

──2月7日に発売されるJapan the first mini album『Knock-on Effect』に収録の「DOMINO ~ butterfly effect - Japanese ver. -」で、お気に入りなところを教えてください。

ハラム 全体の夢幻的な雰囲気が魅力的な曲だと思いますが、特にブリッジパートが好きです。私が好きな蝶に関係するコンセプトも気に入りました。

ハラム

つき 楽曲はもちろん、今回のコンセプトはとても神秘的でかわいく、蝶をモチーフにした衣装やメイクが今回のカムバックで見られるので、その部分がお気に入りのポイントです。

ション 「moving on falling down」という歌詞のところの、メロディラインとラップパートが中毒性が高くて好きです。パフォーマンスも私たちのチームの強みであるだけに、メンバーたちと一生懸命準備しましたが、美しくて魅力的に仕上がったので早くお見せしたいです。

シユン 私は個人的に自分の担当であるラップパートが好きですが、曲の雰囲気を一度転換してくれる区間なので、ディクション(発音・発声)と表現に気を遣いました。また、「蝶」のキーワードによく似合うキラキラメイクやスタイリングも気に入りました。

はるな 私もラップパートが一番気に入った部分なんですが、シユンとションお姉さんが一緒に歌唱するところが、日本語の発音も本当にきれいでカッコよかったです。

──Billlieといえば、高いパフォーマンス力が魅力ですよね。新曲「DOMINO ~ butterfly effect - Japanese ver. -」のダンスで心がけているポイントや苦労したところはありますか?

ハラム 今回のパフォーマンスでは「蝶」がポイントですが、まわりに蝶が実際にいるように表現した振り付けに注目して見ていただければ、パフォーマンスをより豊かに感じることができると思います!

つき 今回はアルバム名から歌詞、そしてスタイリングやいろんな部分で「蝶」をポイントに使ったので、パフォーマンスするときも体のラインに気をつけながらたくさん練習しました! 華やかながらも、きれいなダンスをお見せできるように気を使いました!

ション 今回のパフォーマンスは、体のラインがよく見える振り付けだといえます。みんなで同じようにきれいなダンスラインを整えるために一生懸命準備しましたし、努力しました。美しいダンスラインに注目してパフォーマンスをお楽しみください!

シユン これまで私たちのすべてのアルバムの楽曲に、ポイントダンス(特に印象に残るような振り付け)がありました。今回は蝶が飛ぶように散らばる振り付けがありますが、美しい動作なので以前にも増して気を遣って踊っています!

はるな 今回もいいパフォーマンスを披露するために練習をたくさんしました。楽曲の持つ夢幻的な雰囲気にふさわしい美しいパフォーマンスのために、強弱の調節とラインを繊細に気を遣いながら舞台に臨んでいます。見守ってください。

“同世代の憧れ”となっているBilllieのカリスマ性に迫る

──みなさんのメイクが「かわいい!」と、日本でもとても人気です。メイクをする上でのこだわりはありますか?

ハラム ピンクや紫のようなクールトーンのコスメを好むタイプです。また、アイメイクをするときにピンクベースを使うのが好きです。

つき 最近Billlieの中で流行っているのはハイライトです。今回の「DOMINO~butterfly effect」のメイクでもそうですが、全体的にハイライトを上げて、光沢感と同時に顔が立体的に見えるメイクを試しています!

つき

ション 私はまつげとリップに重きを置いています。まつげはしっかり立て、オーバーリップメイクで演出するのが好きです!

シユン 私はアイメイクをするとき、暗いよりは明るい色がよく似合うほうなので、さまざまな色合いのアイテムを使っていて、また涙袋をポイントメイクにすることが多いと思います。

はるな 「DOMINO ~ butterfly effect」のメイクポイントはやはりハイライトだと思います。普段の化粧よりハイライトをもっと活用して演出してみたら、気に入りました!

──世界中の同世代にとって憧れの存在となっている皆さんですが、世界中の人に「こうなりたい!」と思わせるような、Billlieだけの強み・魅力はどんなところだと思いますか?

ハラム 舞台でのシナジーです。いい音楽と楽曲の持つストーリー、熱心に準備したパフォーマンスを土台に、舞台の上で心から楽しむ姿とメンバー間の些細なケミ(関係性)が、大衆の方々にいいエネルギーを伝えると考えているので、この部分がBilllieならではの強みであり魅力だと思います。

つき Billlieの強みはメンバー個人の魅力と、それらが調和するときに出るエネルギーだと思います。声の音色をはじめ、みんな個性的で魅力的なメンバーですが、みんなで一緒にいるときに出る音楽の色、パフォーマンスがBilllieならではの強みだと思います!

ション どんな曲もBilllieならではの色でこなす能力と、そのための努力だと思います。 つきさんの言っている部分と似ていますが、メンバー全員個性がはっきりしていて、さまざまなジャンルの曲をBilllieならではの色で表現するために一生懸命考えたり、また練習も本当にたくさんします。

シユン 夢を実現させるための心と態度です! Billlieのメンバーたちはステージが本当に好きで、毎回本気で臨みながら切実な気持ちを持っているので、このような部分に皆さんが共感してくださり、憧れてくださる部分になっているのではないかと思います。

はるな チームワークと多様な挑戦です。Billlieはこれまでしっかりとした楽曲のストーリーをもとに、さまざまなジャンルに挑戦しています。音楽やパフォーマンスでもいろいろな試みをしているので、ファンの方々も多彩なBilllieの魅力を気に入ってくださるのではないかと思います。また、チームワークをもとに出てくるケミもBilllieの魅力だと思います!

──目標にしている先輩アーティストはいますか? 憧れている理由も教えてください。

ハラム BoA先輩です。 幼いころから先輩のステージを見て歌手の夢を持ち、「歌手」という職業においてアーティストとして見せてくださったマインドや価値観などを心から尊敬しています。

つき 少女時代先輩です! 最初は韓国ではなく、日本で活動されている姿を見て「私も世界で活躍できるアーティストになりたい!」と思いました。自分がデビューしたあとは、長い期間にわたって活動し続ける皆さんの姿を見て、ますます尊敬するようになりました! Billlieも先輩たちのように、素敵な歌手になりたいです。

ション BLACKPINKのJENNIE先輩に憧れます。どこでもステージを100%堂々と楽しんでいる姿と、ステージの上で見せてくれるエネルギーやオーラが素敵で、憧れています。

シユン SHINee先輩です。最近、メンバーたちとステージを一緒に観て感動しました。時間が経っても変わらずステージで完璧なパフォーマンスを見せてくれる皆さんの姿が本当に素敵で、憧れています。

はるな Red Velvetのスルギ先輩です! Red Velvet先輩のステージを見て歌手になる夢を育んだ私は、ステージの上ではとてもクールでかっこよくパフォーマンスやライブを披露しているスルギ先輩の姿に憧れています。

そばで見ているからこそわかる、メンバーの魅力

──ファンから憧れられる立場の皆さんですが、ほかのメンバーを見て「こんなところに憧れる!(尊敬する)」というポイントがあれば、教えてください。

ハラム ションの憧れるポイントは、いつも地道なところです。彼女は運動を本当に熱心にするのですが、疲れた日にも欠かさず運動する姿をとても尊敬します。

つき はるなは、幼いころにデビューまでしたことが本当に尊敬される部分だと思います。メンバーの中で比較的短い時間を練習生として一緒に過ごしましたが、本当に難しくて大変な部分もあったはずなのに、乗り越えて成長してデビューできたのが本当にすごいし、心動かされました。このような部分が尊敬される部分でもあるので、今も彼女がとても上手にできたときは、こちらが理由なく胸がいっぱいになり、しばらくステージをぼんやりと観るときもあります(笑)。

ション シユンのステージの上で見せるプロらしい姿が、本当に素敵です。ステージ上で没入するのが得意で、見る人も一緒に集中させる能力があります。パワフルなパフォーマンスもそうですし、ステージに没頭して取り組む姿に尊敬します。

ション

シユン つきお姉さんは、エネルギーとステージに本気で臨む姿が本当にカッコいいです。お姉さんは愛らしさが魅力的ですが、こういうところを通じてまわりの気分を上げてくれるし、ステージでは素敵なパフォーマンスを見せるためにいつもがんばっている姿が尊敬するポイントだと思います!

はるな ハラムさんはデビュー前から、難しいことに直面すると、できるまでひたすら練習に没頭していました。練習を通じ、結果的にやり遂げる姿が本当に素敵だと思います。

──現在多くのガールズグループが存在している中、ほかのグループにはない個性を出すために努力していることはありますか?

ハラム 「ボーカル」です。メンバー全員が独特な声の音色とともに、ボーカルに長所を持っていると思っており、このような部分でスキルを成長させるため、常に研究し努力しています。

つき 「Billlieだけの色」です。 音楽のクオリティやパフォーマンスの部分でも、私たちならではの色を上手く作っていっていると思いますし、このような部分をよくお見せするためにメンバーたちといつも一生懸命練習し、合わせてみながら努力しています。

ション 「ユニークでしっかりしたストーリーテリング」です。 楽曲のストーリーをうまく伝えるために音楽、ミュージックビデオ、パフォーマンス、スタイリングなどさまざまな方法を考えており、またそれに合わせて素敵な姿をお見せするために常に頭をひねらせ、練習しています。

シユン 「舞台で見せるシナジー」が、Billlieにしかない魅力のひとつだと思います。このようなシナジー効果は、チームワークと毎ステージに本気なメンバーたちの心が原動力になっていると思います。いつもステージに立つとき、一番いい姿で最善を尽くして私たちの真心をお見せしています!

シユン

はるな 「毎アルバム新しいコンセプト」です。 毎回新譜ごとにコンセプトと新しいジャンルをお届けしています。ファンの方々に、今までとは違うBilllieの新しい姿と魅力をお見せできるように準備しながら、メンバー同士で話もたくさん交わして練習もがんばっています。

──逆に、ほかのグループから刺激を受けることはありますか? 注目しているグループや人物がいれば教えてください。

ハラム NCT先輩です。多様なコンセプトと音楽で地道に活動する皆さんの姿が素敵だと思うし、その多様なライブパフォーマンスのステージを見ながら「私たちBilllieもがんばって今よりももっと完璧なステージをお見せしたい」と思いました。

つき 今活動しているすべてのグループの方々を見ながら、いい刺激を受けています。メンバーたちと一緒に、ステージや公演の映像をチェックしたりもします。そのたびに本当に素敵なステージを見せてくださる先輩後輩のグループが多くて、もっとがんばろうと思います。

ション 最近は、SHINee先輩のステージが印象深かったです。年末のステージに立ってそれぞれ違うジャンルの曲を完璧にこなす皆さんの姿が本当に素敵で、デビューして長い時間が経ってもあんなに素敵なステージを披露できる歌手に成長したいと思いました。

シユン やはりSHINee先輩です。ステージ上での本気な姿と素晴らしいパフォーマンスに、歌手としてもグループとしても尊敬しています。

はるな 音楽番組でライブもとても上手で、かっこよくパフォーマンスするグループを見ると、いつも刺激を受けます。新曲のプロモーション活動をするとき、ほかのアーティストの方々のステージを近くで見る機会がありますが、本当に素敵な先輩・後輩グループの方々が多くていい刺激を受けており、私たちももっと熱心に努力しようと感じます。

ファンへのメッセージ

──2024年に叶えたい夢はありますか?

ハラム メンバーたちと一緒に、地上波の音楽番組で1位を受賞したいし、年末の音楽祭では本賞をもらいたいです。また、個人的にはドラマのOST(オリジナルサウンドトラック)にも参加してみたいです。

つき 去年いろんなところでBelllie’veに会えたので、今年も去年のようにいろんなところでステージもして会いに行きながら、メンバーみんなで幸せに活動したいです!

ション 2024年も幸せで元気に活動したいし、韓国と日本の両方で活発に活動しながらファンの方々にもっと会いたいです。待っててください!

シユン 今年はもっと楽しく活動しながら、音源、アルバムチャート1位にもなって大衆の方々にももっと愛されて、Belllie’veにとって誇らしい歌手に成長したいです。

はるな 2024年は初めてのカムバックを日本で行うので、日本と韓国ともに活動範囲を広げてもっと多くの方々と会いたいです。 いい音楽を携えて頻繁にお会いしに行く予定なので、見守ってください。

はるな

──最後に、『Billlie SHOW-CON ”Domino Effect” IN JAPAN』開催を楽しみに待っている日本のBelllie’veにメッセージをお願いします!

ハラム Belllie’ve! 今回、Billlieの日本初のミニアルバムを携えてお会いしに行くことになりました。今回のアルバムもメンバーたちと本当にがんばって準備しましたし、日本オリジナル曲になるので音楽もパフォーマンスも楽しみにしていてください。今度のショーコンサートで本当に幸せな時間を一緒に過ごしましょう!

つき いよいよ待ちに待った、日本カムバックとショーコンサートでお会いしに行くことになりました! 皆さんが日本からいつも応援を送ってくださったおかげで、実現することができました。ショーコンサートで会える日を待ちながら「DOMINO ~ butterfly effect - Japanese ver. -」をたくさん聴いて、愛してください!

ション Belllie’ve、日本でいつもBilllieを見守ってくださって、応援してくださって本当にありがとうございます。たくさん待ってくださるぶん、私たちも本当に素敵なステージをお見せするために準備していますので、楽しみにしていただいて、ぜひ来てください! 早く会いたいです、愛してます、Belllie’ve!

シユン Belllie’ve! 今回、新しいアルバムとショーコンサートをお届けできることが本当にうれしいです。お待ちいただきありがとうございます。Belllie’veの応援を受けて、がんばって準備しているので、ショーコンサートも楽しみにしていてください。私たちで、今年もいい思い出をたくさん作りましょう!

はるな 今回のショーコンサートを通じてファンの方々にお会いできるので、本当にうれしいです! 新曲のステージもがんばって練習して、素敵なコンサートであいさつできるように一生懸命準備していますので、もう少しだけお待ちください! 私たちみんなで楽しみましょう! 愛してます!

Japan the first mini album『Knock-on Effect』

10月にリリースされたBilllie the first single『side-B: memoirs of echo unseen』タイトル曲「DANG! (hocus pocus)」、「BYOB (bring your own best friend)」の日本語バージョンや、Billlie初の日本オリジナル楽曲も収録。

発売日:2024年2月7日
<収録曲>
1. DOMINO ~ butterfly effect - Japanese ver. -
2. DANG! (hocus pocus) - Japanese ver. -
3. BYOB (bring your own best friend) - Japanese ver. -
4. RING ma Bell (what a wonderful world) - Japanese ver. -
5. GingaMingaYo (the strange world) - Japanese ver. -

『Billlie SHOW-CON “Domino Effect” IN JAPAN』

【東京】Zepp Haneda
2024年2月9日(金)
1部:開場14:00/開演15:00
2部:開場18:00/開演19:00


この記事の画像(全7枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

紺野真利子

Written by

紺野真利子

エンタメ系ライター。俳優、アイドル、声優などのインタビュー記事やK-POP関連のコラムなどを執筆中。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。