今まさに世界に羽ばたくグローバルグループ、ENHYPEN。ドーム公演直前にその歩みと魅力に迫る

2023.1.19
ENHYPEN

(P)&(C) BELIFT LAB Inc.
文=新 亜希子 編集=森田真規


2020年に超大型プロジェクト『I-LAND』から選抜され華々しくデビューを果たし、“グローバルK-POPライジングスター”としてワールドワイドに活躍しているグローバルグループ「ENHYPEN」。

初のワールドツアーの日本公演『ENHYPEN WORLD TOUR ‘MANIFESTO’ in JAPAN』の追加公演として1月21・22日に京セラドーム大阪で行われる2回公演、約8万席はソールドアウト。日本デビューから約1年半で初のドーム公演2Daysを実現するなど、日本での注目度も日に日に高まっている。

本稿では、ENHYPENのデビューからの歩みを振り返り、グループ&各メンバーの魅力を紐解いていく。

ENHYPEN
(エンハイプン)2020年、超大型プロジェクト『I-LAND』から選抜されたメンバーによってデビューを果たしたグローバルグループ。メンバーは、JUNGWON、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、NI-KIの7人。2021年7月にシングル『BORDER : 儚い』で日本デビューを果たし、オリコン週間シングルランキング(2021年7月19日付)1位を獲得。デビュー前にもかかわらず2021年3月から1年間、『オールナイトニッポンX(クロス)』のパーソナリティも務めた。3rd Mini Album『MANIFESTO : DAY 1』は米ビルボード200で自己最高順位となる6位にチャートイン。2022年10月には日本1stアルバム『定め』をリリースし、オリコン週間アルバムランキング(2022年11月7日、2022年11月14日付)で2週連続1位となり自身のアルバム5作品目で5作連続1位を獲得するなど国内外で活躍をつづけている。


デビューから2年、名実共に“グローバルK-POPライジングスター”に!

2020年にデビューを果たし、早くもワールドチャートを賑わす存在となった“グローバルK-POPライジングスター”ENHYPHEN。2022年には初のワールドツアーの日本公演『ENHYPEN WORLD TOUR ‘MANIFESTO’ in JAPAN』にて愛知・大阪・横浜を巡り、6公演で約6万人を動員。同ツアーは追加公演も決定しており、2023年1月21日・22日には、日本デビューから約1年半での初の単独ドーム公演となる京セラドーム大阪でのコンサートが開催される。日本国内でも年々、その存在感を増してきている。今後ますますの飛躍が期待される彼らについて、本稿では「ENHYPHENとは?」という視点に立ち返り、グループの歩みと魅力について紹介したい。

2020年、IZ*ONE、JO1らを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMと、BTS、TOMORROW X TOGETHERが所属するレーベルを擁するHYBE(旧:Big Hit Entertainment)による超大型プロジェクト『I-LAND』が開催された。同プロジェクトはMnetにて日韓同時放送され、グローバル視聴者投票とプロデューサー評価でデビューメンバーを決定。7人組グローバルグループ・ENHYPHENが結成された。

グループ名は連続記号のハイフンに由来しており「異なる7人の少年たちが“つながり”、お互いを“発見”し、一緒に“成長”する」という意味を持つ。また、「音楽を通じて人と人、世界と世界を“つなげる”」という抱負も込められている。デビュー前にもかかわらず、Twitter、Instagram、YouTube、TikTokで100万人以上のフォロワーを獲得するなど、その注目度の高さも大きな話題となった(2023年1月現在、SNSの総フォロワー数は約5130万人超え)。

2020年11月30日にミニアルバム『BORDER : DAY ONE』でデビュー。同作は12月4日に日本でもリリースされ、オリコンデイリーアルバムチャート1位を獲得した。翌2021年3月には、海外アーティスト初となる『オールナイトニッポンX』(ニッポン放送)の月曜レギュラーパーソナリティに抜擢され、日本国内での人気にさらなる勢いをつけた。

ENHYPEN (엔하이픈) BORDER : DAY ONE Preview

2ndミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』は、韓国はもちろん日本の主要チャートを席巻。オリコンチャートでは週間および月間アルバムチャート1位を獲得、勢いはそのまま、2021年7月6日にシングル『BORDER : 儚い』にて日本デビューを果たした。

足音やジャンプの高さまでそろう、ダンスのシンクロ率の高さは圧巻!/ENHYPEN (엔하이픈) ‘Drunk-Dazed’ Dance Practice

2022年に発表した3rdミニアルバム『MANIFESTO : DAY1』は、米ビルボードのメインアルバムチャート「Billboard200」にて自身最高位となる6位を記録。同チャートでは、2ndミニアルバム、1stフルアルバムと順調にランクアップしてきたが、本作にて初のトップ10入りを果たした。

ENHYPEN (엔하이픈) ‘Future Perfect (Pass the MIC)’ Official MV

また2022年11月29・30日に開催されたアジア最大の音楽受賞式『2022 MAMA AWARDS』では、世界中からのオンライン投票によって10組のアーティストが選出される「Worldwide Fans’ Choice」を受賞、その人気が世界へと広がっていることを証明した。

[#2022MAMA] ENHYPEN (엔하이픈) | All Moments

ENHYPENメンバー紹介


この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

新 亜希子

Written by

新 亜希子

(しん・あきこ)エンタメ系ライター。音楽・アイドル・映画を中心に、インタビューやレポート、コラムやレビューを執筆。『シネマトゥデイ』『リアルサウンド』『日経エンタテインメント!』ほか。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。