“次世代No.1ボーイズグループ”最有力、Stray Kidsの魅力とは?世界中のリスナーを虜にするスキズの中毒性

2022.7.9
Stray Kids『CIRCUS【初回生産限定盤B】』

※トップ画像=Stray Kids『CIRCUS【初回生産限定盤B】』より
文=新 亜希子 編集=森田真規


3月18日にリリースしたミニアルバム『ODDINARY』にて、米Billboardアルバムチャート「Billboard 200」で1位を獲得したStray Kids(ストレイキッズ。通称「スキズ」)。K-POPアーティストとして史上3番目となる快挙を果たし、名実共に世界トップアーティストとなった。彼らは現在、『Stray Kids 2nd World Tour “MANIAC”』の真っただ中。ステージでの爆発力は圧巻だ。

本稿では、“次世代No.1ボーイズグループ”との呼び声も高く、世界中で旋風を巻き起こしているStray Kidsについて紹介したい。すでに書き切れないほどの記録と魅力を持つ彼らであるから、ごく一部ではあるが。


オールラウンダーがそろった、2020年日本デビューの8人組

2017年。当時JYPエンターテインメント所属の練習生であった、現リーダー・バンチャンが中心となって構成したメンバーによる、サバイバル・リアリティ番組『Stray Kids』を経て結成。彼らの特色のひとつに、メンバー自らプロデュース、楽曲制作を行う「自主制作グループ」であることが挙げられる。

その中心を担っているのが、バンチャン&チャンビン&ハンによるプロデューサーユニット「3RACHA(スリーラチャ)」だ。ほかにも、メンバーはそれぞれ「DANCE RACHA」(リノ、ヒョンジン、フィリックス)、「VOCAL RACHA」(スンミン、アイエン)に分類されるが、全員がオールラウンダーといえる8人組だ。

ショーケースやイベントでの来日を経て、2019年11月にStray Kids OFFICIAL FANCLUB STAY JAPANをオープン、同年12月3日には『Stray Kids Japan Showcase 2019 “Hi-STAY”』を開催した。2020年3月18日、ベストアルバム『SKZ2020』にて日本デビュー。以降、同年6月にJapan 1stシングル『TOP -Japanese ver.-』、11月にミニアルバム『ALL IN』、2021年にJapan 2ndシングル『Scars / ソリクン -Japanese ver.-』をリリースしている。

各チャート1位に輝いた最新ミニアルバム『CIRCUS』

そして2022年6月22日、Japan 2ndミニアルバム『CIRCUS』を発表。同作はBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート「Top Albums Sales」および、総合アルバム・チャート「Hot Albums」で首位を獲得。iTunesアルバムチャートにおいても、世界17の国と地域で1位を獲得した。

Stray Kids JAPAN 2nd Mini Album『CIRCUS』(Information Video)

多彩な展開がユニークな表題曲「CIRCUS」は、アートコンセプトのとおり、非現実に巻き込まれる感覚がクセになる楽曲だ。MVおよびパフォーマンスでは、Stray Kidsらしい、めまぐるしく変化する複雑なフォーメーションを、なんてことのないように見せていく。ライブでも大いに盛り上がりを見せた。

Stray Kids『CIRCUS』Music Video

「Fairytale」は、冒頭では胸の高鳴りや爽やかさを演出するビートが、だんだんと儚さや寂しさを加速させていく。「おとぎ話のような恋」などないとわかってはいるけれど……と、切なくピュアな心を美しい言葉で表現した歌詞には、ファンタジーとリアリティが共存。まるで短編映画を観たような、ほろ苦くも温かな余韻が残る。

軽やかで甘やかなピアノのイントロが印象的なミディアムナンバー「Your Eyes」は、効果的なストリングスも相まって、ドラマチックでエモーショナルな響き。日本人の琴線に刺さる楽曲だ。既発曲「MANIAC」、「蜘蛛の糸(VENOM)」、「Silent Cry」のJapanese ver.も含め、リリースを重ねるたびに美しくなる日本語歌唱にも注目してほしい。

メンバー8人をひとりずつ紹介!


この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

新 亜希子

Written by

新 亜希子

(しん・あきこ)エンタメ系ライター。音楽・アイドル・映画を中心に、インタビューやレポート、コラムやレビューを執筆。『シネマトゥデイ』『リアルサウンド』『日経エンタテインメント!』ほか。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太