8iper、デビューライブで掲げた小指に込めた覚悟「アイドルにならせてくれてありがとう」【『8iper Debut Live』レポート(独占写真あり)】

2022.12.9
『8iper Debut Live』より

文=坂井彩花 写真=WAIWAI.inc提供 編集=森田真規


9bic(キュービック)や7m!n(セブンミニット)が所属するWAIWAI.incが新たに放つ、5人組メンズアイドルグループ「8iper(ハイパー)」。「次元を超えて無限の可能性を創出するグループ」をコンセプトにした8iperのお披露目となるライブ『8iper Debut Live』が、2022年11月27日に品川グランドホールで行われた。

ここではその公演のレポートを、QJWeb独占掲載となる写真と共にお届けする。


“誰かの光に”その風格を感じさせた初ステージ

歌やダンス、ラップなどのセンスがある人たちが“才能の原石”なように、誰かの光となるだろう素質も立派な才能の原石だ。パフォーマンスが多くの人に訴えかける力を持つように、アイドルたる自分を貫く覚悟も多くの人を魅了する。

11月27日、品川グランドホールでのライブでデビューした8iperにも、そんな覚悟を感じた。初パフォーマンスへ挑む5人を見守るべく、会場には400人を超えるファンが集結。色とりどりのペンライトが観客席を埋め尽くし、歓声が限られる状況をものともしない温かい空間が作り上げられたのである。

オープニングムービーが終わりステージ正面の扉が開くと、緊張した面持ちのメンバーが登場。音楽に乗って流れるように、デビュー曲「ultra」のパフォーマンスへ入っていった。サビで<今会いに来たよ>と微笑む猪戸周杜は、今回が初ステージにもかかわらずアイドルオーラ全開だ。パァッと輝きを放つ笑顔は浄化作用さえありそうなほどで、誰かの光になり得る風格を漂わせる。岡田隆之介が歌割のない部分でもしっかり作り込んだ表情を見せたかと思えば、橘未來唯は透き通った歌声を伸びやかに響かせる。<無限大の幸せを今 君と約束しよう>と掲げられた小指は、アイドルとして生きていく8iperの覚悟を感じさせた。

8iper「ultra」(Music Video)

つづく「この世に神様はいない」は、9bicや7m!nを応援してきた人からするとびっくりするようなボカロックチューン。イントロを受けてスッと曲に潜っていくさまは、何度も練習を重ねて世界観を作り出そうとしてきたことを想起させた。

8iper「この世に神様はいない」Lyric Video (short ver.)

初のトークコーナーで見せた5人の個性

最初のトークでは、初々しさたっぷりにはにかんで自己紹介。フレッシュ過ぎる5人の一挙手一投足に、観客からは常に「かわいい……」とため息が漏れる。「緊張し過ぎて、足がプルプルでした」と吉川巧巳が告白すると、田中楓馬も「緊張し過ぎて振りが飛んじゃって……」と胸の内を明かし、初舞台ならではのピュアな一面をたっぷりとのぞかせた。

メンバーによるトークが一段落するとお笑いコンビ・ニダンギアがMCとして現れ、3つのバトルに8iperが挑む「ハイパーアイドルに俺はなる選手権」がスタート。最初に行われた「箱の中身はなんだろうな」は、田中・猪戸のハイチームと岡田・橘・吉川のパーチームに分かれての勝負。箱の中に手を入れて触った感覚だけで中身を当てる王道のゲームは、まさしくアイドルの登竜門。「本気でいくわ」と意気込んでいた岡田が、対戦相手の田中に箱の中でちょっかいを出されたり、ひとりでチャレンジすることになった吉川がスッと手を突っ込んですんなりと正解を叩き出したり、パフォーマンスだけではわからない5人の度胸を垣間見ることができた。

次に行われたのは、鉄棒にぶら下がっていられる時間を競う「懸垂耐久レース」だ。やることは極めてシンプルなのだが、ぶら下がっている最中にニダンギアが「今、一番食べたいものは?」などとインタビューしてくるためひと筋縄ではいかない様子。質問に気を取られて、うっかり足をついてしまったメンバーも。最終的には最年少の橘が勝利して「話にならなかったですね」と、お兄さんたちを焚きつけていた。

最後の勝負では、2小節ずつ振り付けを追加しながら踊り継いでいく「ダンスしりとりバトル」が行われた。振り付けを覚えるだけでなく、即座に考えなければいけないため、メンバーは大苦戦。8iper楽曲の振りやお笑いのネタなどを交えながら、個性豊かなダンスしりとりを繰り広げていく。ラストは田中と吉川の一騎打ちになり、「ステップが左右逆だった!」という手厳しい取り締まりによって田中が勝利。このゲームに勝った人が特別に818ポイントを獲得することとなっていたため、「ハイパーアイドルに俺はなる選手権」は田中の優勝で幕を閉じた。

猪戸周杜(ししど・しゅうと)2001年生まれ、茨城県出身
猪戸周杜(ししど・しゅうと)2001年生まれ、茨城県出身 ※写真中央
吉川巧巳(よしかわ・たくみ)2001年生まれ、東京都出身
吉川巧巳(よしかわ・たくみ)2001年生まれ、東京都出身

「今日、ステージに立てていることが奇跡のよう」


この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。