なぜワンカット映画は異次元の興奮を生み出すのか?話題作から旧作まで徹底分析

127
2020.2.13

並外れた臨場感&没入感が体験できる新作『1917 命をかけた伝令』

先のアカデミー賞授賞式では『パラサイト 半地下の家族』(2019年)に主役の座を奪われたが、ハリウッドが放つ最新にして最先端のワンカット映画『1917 命をかけた伝令』(2019年)が必見の1作であることは疑いようがない。舞台となるのは、第1次世界大戦中の西部戦線。1600人の味方をドイツ軍の急襲から救うため、決死の伝令ミッションを遂行しようとする若きイギリス人兵士の姿を描く。

この119分の戦争映画は2日間にまたがる物語で、途中で時間的な省略があり、純然たるワンカット映画ではない。しかしサム・メンデス監督の言葉を借りれば“One Unbroken Shot”、すなわち途切れ目のないワンカットのように全編を構成する野心的な手法が、途方もなく高度な技術によって実現されている。

『1917 命をかけた伝令』3分半超えの本編映像

ジョージ・マッケイ扮する兵士スコフィールドは、道中に次々と災難に見舞われる。最初にド肝を抜かれるのは、突如として出現した敵の戦闘機が炎上しながら間近に墜落してくる場面だ。まるでヒッチコックの『北北西に進路を取れ』(1959年)で、主人公ソーンヒルがセスナ機に襲われる有名なエピソードをワンカットで再構築したかのような超絶スペクタクルが、惜しみなく序盤に盛り込まれているのだ! その後もスコフィールドが廃墟化した街でドイツ兵の襲撃を生き延び、凄まじい砲撃が降り注ぐ広大な草原を駆け抜けるシーンなど、驚異的な見せ場が続出する。クライマックスの果てしなく長い塹壕の移動ショットに至っては、いったいどうやって撮ったのか、もはや神がかり的ですらある。

通常のハリウッド映画は、ベースとなるフルサイズのマスターショットをカメラに収めた上で、さまざまなアングルのミドルショットやクローズアップを撮り、それらの豊富な素材を選りすぐって編集でつないでいく。ところが本作は滑らかにしてダイナミックなパンや移動、時にはクレーン、ワイヤーを用いて、メリハリの利いた多様なアングルを実現。複数のショットを編集したのとなんら変わらない、いや、それ以上の劇的効果を、緻密な設計に基づくワンカットで成し遂げているのだ。タイムリミット付きのサスペンスフルなストーリー展開との相乗効果で生み出される臨場感、没入感たるや並外れている。撮影監督のロジャー・ディーキンスが当然のようにアカデミー賞を受賞したことに、異議を唱える人はどこにもいないだろう。

妖しさに満ちた映画的記憶が喚起されるチャイナノワールで体験できる3Dワンカット

そしてもう1本、ぜひとも体験してほしいアートハウス系のワンカット映画がある。1989年生まれの中国の新鋭監督ビー・ガンの長編第2作『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』(2018年)だ。

父親の死をきっかけに故郷の町へ舞い戻った男が、忘れ得ぬ緑色のドレスの女の面影を追ううちに、現実と記憶の境目が曖昧な迷宮に足を踏み入れていくという物語。タルコフスキーか、タル・ベーラか、ブライアン・デ・パルマか、はたまたデヴィッド・リンチか。妖しさに満ちた映画的記憶を喚起してやまないこの先鋭的なチャイナノワールは、2Dから3Dに変容する後半60分が丸々ワンカットで撮られているのだ。そのメランコリックな詩情と神秘性を湛えた長大なシークエンスは、深い闇を抜ける移動ショットやドローンを投入した空中浮遊ショットを織り交ぜ、観る者をめくるめく“夢”の彼方へと誘う。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』 WEB限定版予告編

編集という魔法の手段をあえて封印したこれらのワンカット映画は、異次元の映画的興奮、陶酔を創出し、至福のひとときをもたらす。極限の戦場のまっただ中へ、艶やかで幻惑的な夢の中へ、映画館でぜひとも身を投じてほしい。


この記事の画像(全9枚)

  • 映画『1917 命をかけた伝令』_サブ1

    映画『1917 命をかけた伝令』

    2020年2月14日(金)全国ロードショー
    原題:『1917』
    監督・脚本・製作:サム・メンデス
    撮影監督:ロジャー・ディーキンス
    出演:ジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロング
    配給:東宝東和
    公式ホームページ:https://1917-movie.jp
    (c)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

  • 映画『ロングデイズ・ジャーニー』01

    映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』

    2020年2月28日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿ピカデリー、池袋HUMAXシネマズほか全国順次公開
    原題:Long Day‘s Journey into Night(地球最后的夜晩)
    監督:ビー・ガン
    出演:ホアン・ジエ、タン・ウェイ、シルヴィア・チャン、チェン・ヨンソン、リー・ホンチー
    配給:リアリーライクフィルムズ+ドリームキッド
    公式ホームページ:https://www.reallylikefilms.com/longdays
    (c)2018 Dangmai Films Co., LTD - Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD / ReallyLikeFilms LCC.


ライター_高橋諭治