パニックとスパーク(ランジャタイ国崎)


お笑いコンビ・ランジャタイの国崎和也が、徒然なるままにコラムを執筆。本連載での名義は「ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん」です。

国崎さんは、昔、本気で棋士になりたかったそうです。


パラレルワールド

中学校のときに、友達からギターを教えてもらったことがあった。
その時はギターのコードが難しくて、あきらめたけれど、
最近、またギターを教わる機会があった。
そこで、なんとかワンフレーズだけメロディを少し弾けるようになり、ものすごくテンションが上がった。

最高の、最高の時間だった。

当時の自分に自慢したくなって、笑った。

あの時の自分に伝えたいことは、山ほどある。

中学生の時に『ヒカルの碁』にハマり、さらに高校2年の頃に、「自分は囲碁の道で生きて行こう」と、囲碁だけに専念しようと、バスケットボール部を辞めた。

囲碁の経験、ゼロなのに。

ただ、本当にバカだったので、まず囲碁のプロのなり方がよくわからず、とりあえず形からと、
近所のBOOKOFFで、ゲームキューブソフト『ヒカルの碁』を買って、対戦モードで戦っていた。

対戦していたのはいいが、

正直、ルールがよくわからなかった。

「囲碁は、陣地取りだ」と口酸っぱくゲームの中で説明してくる佐為(ヒカルの碁の師範キャラ)に対して、
「なるほどねえ〜!うんうん!(なんにもわかってない)」
と相槌をうって、

そのまま、よくわからないまま各キャラと対戦して、なんだか負けそうな雰囲気になってきたら、

「やばっ、、!」

とゲームの主電源を切って、

「ふぅ、、」

と冷や汗をかいていた。

高校2年生、それでも気持ちだけは棋士になろうとしていた。

「まずはさああ!!
囲碁の歴史から知らなきゃさあ!!」

そう思った自分は、囲碁の歴史を調べることにした。
調べていくうちに、
『ヒカルの碁』の佐為のモデルが、実在していたことがわかった。

本因坊秀策という人物らしい。

少年の頃は寅次郎という名で、えー、と、すごい囲碁が好きでえ、えー、あっWikipedia貼っときます

本因坊秀策ちゃん

さらに、「本因坊道策」という人物も知った。これまた素晴らしい人物で、説明すると、えー、秀策のえー、あの、Wikipedia貼っときます

本因坊道策ちゃん

あと、好きな人たちのWikipedia貼っときます!

ジム・キャリー 

アレン・アイバーソン

BUMP OF CHICKEN

そんなこんなで、

囲碁のルールがよくわからないまま

「ルールわからないなら無理じゃない、、?」

となり、

高校2年生の夏休みで、

「囲碁のプロ」になる道を断念した。

かなり真剣だったので、もしかしたらパラレルワールドの自分は、まだプロを目指しているのかもしれない。

頑張ってほしい!

あたしゃお笑い芸人になったヨ!

さらに最近、子どもたちから手紙が届く。

「くにざきさんありがとう!」みたいな字と、似顔絵を描いてくれる子までいる。その中に、たまに返信ハガキが入っていることがあり、あたくしは子どもたちに、心良く返信する。

手紙の端っこに、本当にミクロに小さいおじさんだけを書いて「t(@#’.:っ6」みたいな何言ってるかわからないくらい小さいセリフを書いて、送る。

それを

「これ、送って下さい!」

事務所の人に渡すと、事務の人が、

「国崎さん。こんなの届いたら、パニックになりますよ!」

と言った。

僕は優しく微笑み、

「いいんですよ。」

と言った。

「いいんですよ。じゃないんですよ、もう〜」

事務所の人は困ったように、それでも届けてくれるらしい。

スパーク


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ランジャタイ国崎

Written by

ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)

(ふっとうちゃ・そそぐこちゃん)(ランジャタイ:くにざき・かずや)。オール巨人師匠の等身大パネル(5体)とルームシェアしている、アクション俳優。自分の部屋で寝ているときに、「誰かに見られている」と思い電気をつけると、オール巨人師匠パネルだったことが判明した。また、食事の最中に「うしろに誰かの気配がす..