錦鯉優勝『M-1グランプリ2021』採点結果を徹底分析「最低点の底上げ」に注目

2021.12.20


ランジャタイの幻影を吹き飛ばすオズワルドの話芸

今大会の採点、特に前半は審査員の評価がよく割れた。高く評価する人がいる一方で、最低点をつけている人もいる、という状況がつづく。ランジャタイとハライチに至っては、最高点と最低点が同時についている。

特に審査員を悩ませたのはランジャタイだろう。ネタが終わったとき、松本人志は天を仰ぎ、中川家・礼二は舌を出し、塙・富澤・巨人は3人共に左手で額を抑えるポーズで固まった。昨年起きた「漫才論争」をなぞるような奇天烈な漫才は、志らくだけが最高点の96点。「漫才ってふざけるもの」「途中で100点か0点かどっちかわからなくなって」「私はツボにハマってしまった」と高得点をつける。頭の中に入った猫に体を操縦される漫才は、まさに“イリュージョン”だった。

その後もランジャタイは、上沼恵美子のコメント(ゆにばーすに「正気に戻してくれました」)などで、番組内でちょくちょく言及されている。スタジオに強烈なインパクトを残し、頭の片隅に猫のように残ったままのランジャタイ。

その幻影をようやく吹き飛ばし、審査員たちの点数の波がそろったのが、6番目のオズワルドだった。友達がいない畠中にどんどん翻弄されていく伊藤。その話芸は「直すとこないんちゃう(巨人)」「漫才師の憧れ(塙)」と絶賛され、665点でトップに立つ。

『M-1グランプリ2021』ファイナリスト/まつもとりえこ
『M-1グランプリ2021』ファイナリスト。イラスト/まつもとりえこ

「ありがとう!」「ありがとう!」

最終決戦に残ったのは、インディアンス、錦鯉、オズワルドの3組。初出場5組に注目が集まった大会だったが、ファイナリスト経験者たちが勝ち残った。ただ、全組とも最終決戦は初めて。

1本目で塙から「6000組の中で一番うまい」と評されたインディアンスは、さらにボケを増やしてスピードも加速。「最後に変なこと言うな!」「最後だから変なこと言わせろや!」とラストまで漫才を楽しんだ。錦鯉は「街中に逃げた猿を捕まえたい」と大暴れする長谷川が、何度もバナナを見つけたあげく、最後にそっと床に横たえられる。オズワルドは「知らないオジサンに割り込みされた」という畠中の言動が「許す」「許さない」で揺れ動き、伊藤をパニックに陥れた。スピード、おじさん、話芸、それぞれの持ち味がじゅうぶんに活かされた2本目がそろう。

『M-1グランプリ2021』最終審査(作表/井上マサキ)
『M-1グランプリ2021』最終審査(作表/井上マサキ)

最終審査の結果は、オズワルド1票、錦鯉5票、インディアンス1票。優勝は錦鯉!(松本人志が優勝者に票を投じるのは、2010年の笑い飯以来……! )

優勝が決まった瞬間、錦鯉の2人は抱き合い、お互いの肩に顔を埋めた。渡辺が先に顔を上げ、長谷川の頭をポンポンと叩く。史上最年長、50歳のチャンピオンは「諦めないでやってきてよかったと思います」とポロポロ涙をこぼした。そのあと「僕は、ラストイヤーが56歳だったので……」とつづき、相方に頭をペシリと叩かれながら。

昨年「一文無し参上!」というツカミで登場した錦鯉が、賞金1000万円を手にする。番組終了間際、10秒でコメントを求められた錦鯉は、ひとりずつ「ありがとう!」「ありがとう!」とカメラに向けて叫んだ。テレビの向こうにいる、彼らを支えてきた人たちに届いただろうか。いくつになっても夢は叶えられることを、「ライフ・イズ・ビューティフル!」であることを、錦鯉は教えてくれた。

M-1チャンピオンともなれば、これから多忙な日々がつづくはず。番組終了後の『大反省会』では長谷川の体調を心配する声が相次ぎ、昨年チャンピオンの野田クリスタルも「このあとの忙しさ僕知ってるんで、まさのりさん死ぬんじゃないか」と心配するほど。どうか健康に気をつけて、元気に活躍してもらえたらと思います!


この記事の画像(全4枚)




この記事が掲載されているカテゴリ

井上マサキ

Written by

井上マサキ

(いのうえ・まさき)1975年宮城県生まれ。ライター、路線図マニア。大学卒業後、システムエンジニアとして15年勤務し、2015年よりライターに転身。共著に『たのしい路線図』(グラフィック社)、『日本の路線図』(三才ブックス)、『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』(..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。