BE:FIRST、初ワンマンライブで感じさせた可能性。“かっこいい”で世界のトップへ(初出し写真あり)

2021.11.23


BE:FIRSTから観客へ告げられた感謝の想い

メンバーの自己紹介を経て、クジにより選ばれた観客がBE:FIRSTからの質問に答えるコーナーへ突入。「BE:FIRSTと1日過ごすなら何をしたい?」「BE:FIRSTにこれからやってほしいことは?」などと質問が投げかけられ、選ばれたオーディエンスは瞳を輝かせながらメンバーと会話を繰り広げる。「2ndシングルはどんな曲が聴きたい?」という問いには「明るめなR&Bがいい」と回答があり、PAエリアにいるSKY-HIに向かってメンバーが「SKY-HIさんお願いします」と声をかけると、SKY-HIは“わかった”と言わんばかりにグーサインを送った。

BE:FIRST/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
BE:FIRST/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より

いよいよライブが終盤に差しかかったところで、初めてのワンマンを迎えた記念すべき日の心中をひとりずつ語っていった。LEOが「僕たちがステージに立てるのは皆さんのおかげなので、感謝してます」と真摯な想いを告げると、MANATOは「半年前から、こんなに時間が進むのが早いことがあるんだなって」とうれしそうに目を細める。

LEO(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
LEO(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
JUNON(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
JUNON(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
RYUHEI(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
RYUHEI(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
MANATO(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
MANATO(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
SHUNTO(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
SHUNTO(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
RYOKI(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
RYOKI(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
SOTA(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
SOTA(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より

SOTAが「感謝に尽きます。こんな僕たち、BE:FIRSTの想いを伝えさせていただきます」と話すと、流れるようにラップへつながれた。導かれたのは、メンバーが作詞・作曲を手がけている「Kick Start」。オーディション合宿中に行われたクリエイティブ審査を受けて作られたナンバーということもあり、メロディ・コレオグラフ(振り付け)・リリックの至るところに『THE FIRST』の面影が見て取れた。

“かっこいい”を突き詰めて、世界のトップへ

スクリーンにはオーディション中の映像とライブ会場のリアルタイムの映像がリンクしていって、会場のエモーションを加速させていった。<七色で輝(てら)そう>の歌詞に合わせて七色の照明をまとうBE:FIRSTの姿は、日本の音楽業界においてまさしく現在進行形の希望そのものだと感じた。「彼らなら『THE FIRST』で培った精神で、新たな時代を切り開いてくれるのではないか」と、温かくもたくましい背中に期待せずにはいられなかった。

そして、『THE FIRST』での合宿と最終審査の模様を映した映像を受け、SKY-HIによるナレーションが立川ステージガーデンに響いた。

「心から愛しています。最後のパフォーマンスをお願いします」

BE:FIRST(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
BE:FIRST(QJWeb初出し写真)/『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より

暗転した会場の照明がパッと灯ると、ステージには「Shining One」の衣装に身を包んだ7人の姿があった。音源以上の歌唱力を見せつけるJUNON、自分の気持ちを音楽に重ねていくRYOKI、“楽しい”という感情がパフォーマンスからあふれ出ているSHUNTO。最終審査からとことん向き合ってきた一曲は、彼らにピタリとなじんでいるからこそ、それぞれのアーティシズムを柔軟に解き放っていた。

オーディエンスも7人に導かれるように、自由に音楽へ身を委ねているように見えた。ラストのサビでは花道に移動し、最後は堂々と“One”のサインを掲げてフィニッシュ。特大の拍手がBE:FIRSTに浴びせられるなか、アリーナから3階席まですべての観客に届くように「ありがとうございました」と手を振り、扉の奥へと消えて行った。

『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より
『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』より

クオリティを突き詰め、クリエイティビティを発揮し、アーティシズムを煌めかせたBE:FIRST。彼らは毎日の練習で培ったスキルや表現力を、自己のすごさを提示するためではなく、音楽で世界をつなぐために使っていた。照明や演出を交えたステージ上のパフォーマンスで、楽曲を芸術として昇華していく。

一方でBE:FIRSTの7人は、胸に愛とリスペクトを抱き、表現者として臨んだ難しいクリエイティブを、“かっこいい”や“楽しい”といったわかりやすいものにも落とし込んでいった。誰のことも突き放さないかっこよさで、世界のトップまで駆け上がって行くBE:FIRSTのこれからが楽しみでならない。

BE:FIRST『“FIRST” One Man Show -We All Gifted.-』セットリスト
1. Gifted.
2. Move On
3. To The First
4. Be Free
5. First Step
6. Kick Start
7. Shining One


この記事の画像(全13枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。