生後約3カ月のきょうだい猫を保護した話〈偽善でも善ですらなくただ楽しい 子猫を一時預かることは〉

2021.11.12


怖がるな、というほうが難しいよ


ななは、思慮深くて、一歩引いて観察するようなところがある。よく言えば大人びているし、悪くいえば子猫らしくない。

ぶんは、天真爛漫な甘えん坊。でも当初の数日はよく怒っていたし、よく噛んでいた。ガブッというよりもグーッと噛む。歯が手や指に刺さる感じで痛い。

〈齧られる 噛むというより刺す感じ 子猫が噛んだ小指が痛い〉

考えてみると、得体の知れない、自分の数十倍もある生き物と対峙しているのだ。怖がるな、というほうが難しいよ。
そんなふうに納得しながら、同時期に読んだ『うちのねこ』(高橋和枝/アリス館)を思い出していた。

子猫が家に
怖がるなというほうが難しい

絵本『うちのねこ』は、子猫よりずっと警戒心も力も強い成猫の元野良猫が、「うちのねこ」になっていく話。
読むと、心がギューッとなって泣いてしまう。感想というか、ほとんどこの絵本を短歌化したような短歌ができてしまった。

〈馴れてない猫と自分に言い聞かす 「怖くないよ」と「だいじょうぶだよ」〉

『うちのねこ』(高橋和枝/アリス館)
『うちのねこ』(高橋和枝/アリス館)

ななもぶんも元気で、よく食べるけれど、とても骨ばっていて、痩せていた。外で食べていくのは、大変なことなのだろう。
子猫なので日に日に警戒が解けていく。警戒心よりも食欲や好奇心が勝り始める。これからはずっとそれでいいんだよ。

姉弟仲がよくて、よく遊ぶ。そして電池が切れたみたいに気がつくと寝ている。

〈「暴れる」か「寝る」かの二択 子猫には「温存する」がまだわからない〉

猫を飼うことを考えている人には「できれば2匹一緒に」と勧めることが多い。もちろん2匹分の責任を負うことになるし、状況が許せばだけど、実は2匹のほうが圧倒的に「楽」なのだ。猫どうしで遊んでくれるので、手がかからない。外出時に1匹で家に残すうしろめたさも軽減される。何より「2匹いて大変だ……」と感じることより「2匹いておもしろい!」と感じることのほうがずっと多いと思うから。

子猫が家に
2匹いるとおもしろい

〈朝食後、子猫がじゃれる 見よ、世界 これが「平和の祭典」である〉

〈猫じゃらし 目で追う猫の目の色は「わくわく色」と名付けたい色〉

将来の譲渡先にいわゆる「先住猫」がいる場合もあるので「ほかの猫に対する反応」も大事な情報だ。

ぶんは、ずいずい屈託がない。ななは、ぶんを偵察隊にしながら様子を見ている感じ。どちらもほかの猫がすごく苦手、というわけでもなさそう。

子猫が家に
様子を見ている


これもホント、猫によってまちまちで「人は苦手だけれど猫は大好き」、「ほかの猫はダメだけど、人にはベタベタに甘える」、「人も苦手なら、ほかの猫も苦手」といろんなタイプがいて、それを踏まえて譲渡先の条件を考慮することになる。
一時預かりは「子猫の性格を把握すること」でもある。

〈猫なのに猫が苦手な猫もいる 僕が誰かを苦手なように〉

お兄ちゃん猫合流


この記事の画像(全44枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

仁尾智

Written by

仁尾 智

(にお・さとる)猫歌人。1968年生まれ。1999年に五行歌を作り始める。2004年『枡野浩一のかんたん短歌blog』と出会い、短歌を作り始める。短歌代表作に『ドラえもん短歌』(小学館文庫)収録の《自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった》などがある。『猫びより』で「猫のいる家に帰り..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。