『ヴィンチェンツォ』19話「俺はビジネス以外で誰かと約束したことがない。でも約束するよ。必ず戻ると」…かっこよ過ぎる

2021.8.21
Netflixオリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』独占配信中

文=大山くまお 編集=アライユキコ 


『愛の不時着』と同じ「スタジオドラゴン」制作の大人気ドラマ『ヴィンチェンツォ』を韓ドラ大好きライター・大山くまおが解説、鑑賞をガイドする土曜日。今週は19話、いよいよラスト直前回。何度でも観たくなるクムガ・プラザのカサノ・ファミリーの活躍から!(19話までのネタバレを含みます)。

【関連】『ヴィンチェンツォ』1話から徹底解説スタート『愛の不時着』以来の「沼」に首まで浸かれ、エ・ミーオ!

忠州の稲妻シザーズ! 元ストリート・ファイター!

人気の韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』を1話ずつ振り返るレビュー連載も、いよいよ今回含めて残り2回! 今週は前振りナシでいきます!

大統領候補パク議員の右腕、キム室長(ユ・テウン)の一味に襲撃されたクムガ・プラザ。ホン・チャヨン(チョン・ヨビン)とソ・ミリ(キム・ユネ)のピンチを間一髪で救ったのは、我らがヴィンチェンツォ! やっぱりヒーローはこうでなくっちゃ。

とはいえ、さしものヴィンチェンツォも、武器を持った大勢の男たち相手にひとりで立ち向かうのは分が悪い。そこへやってきたのが、クムガ・プラザのカサノ・ファミリー! 大乱闘が始まるのだが、彼らにいちいちキャッチフレーズと昔の写真が入るのがおかしくてたまらない。改めてご紹介しよう。

“忠州の稲妻シザーズ”クリーニング屋のホンシク社長(チェ・ドムクン)!
“レスリング全国チャンピオン”質屋のイ社長(ヤン・ギョンウォン)!
“重量挙げ全国チャンピオン”イ社長の妻のヨンジンさん(ソ・イェファ)!
“ボクシング フライ級 アジア チャンピオン”ヨンホ食堂のクァク社長(イ・ハンナ)!
“ローディング中学校ボクシング部”ヨンホくん(カン・チェミン)!
“元ストリート・ファイター”ダンススタジオのレリー院長(キム・ソルジン)!
“忠清北道 シルム チャンピオン”イタリアンレストランのトトさん(キム・ヒョンムク)!
“ヴィンチェンツォ・ファンクラブ会長”安保情報院のアンくん(イム・チョルス)!
“クムガ洞のユキヤナギ”バイバイバルーンのチョン・スナム(イ・ダル)!
“クムガ洞の白衣の天使(現ヌートリア)”パク・ソクド(キム・ヨンウン)!

すでに明かされていた素性もあったが、「聞いてないよ! ていうか、今考えただろ!」という素性もあれば、“ヴィンチェンツォ・ファンクラブ会長”とか“クムガ洞のユキヤナギ”などのギャグも入っていて本当に楽しい。事務長(ユン・ビョンヒ)とチョ社長(チェ・ヨンジュン)にはキャッチフレーズがなかったのが、ちょっと残念。

かくしてキム室長の一味を撃退。まだ偉そうな口をきいているキム室長の後頭部にチャヨンが一撃を食らわせるのも痛快だった。“民衆の力”と“弱者の反撃”は、このドラマの大きなテーマのひとつ。「ひとりだと速く行けるけど、みんなとなら遠くへ行ける」というクァクおばさんの言葉が胸にしみる。ハエだって力を合わせればスズメバチを倒すことができるのだ。

「“有能なら腐っててもいい”。この国の考え方よ」


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全56枚)


大山くまお

ARTICLE LIST

大山くまおさんの関連記事一覧

大山くまおさんの
新着・人気記事をお知らせします。