『サマーウォーズ』汗だくのラスト8分間を考察。なぜ健二は小惑星探査機の直撃を阻止できたのか?

2021.7.16
サマーウォーズ

細田守監督/スタジオ地図の最新作『竜とそばかすの姫』の劇場公開が開始した。それに合わせ、同監督の『サマーウォーズ』が金曜ロードショーで放送される。

『サマーウォーズ』といえば、主人公が渾身の力でエンターキーを押しながら叫ぶ「よろしくお願いしまぁぁぁぁす!!」が有名だ。しかし、あのシーンではいったい何をしていて、何が起こっていたのだろうか? 作中では明かされていない詳細を、天体や宇宙に詳しいライターのツヤマユウスケが解説・考察する。

【関連】神木隆之介の表現が、エヴァをついに終わらせた


1:時速4万キロの「あらわし」は弾道ミサイル以上の威力?

『サマーウォーズ』公式サイトより

「正午のニュースをお伝えします。小惑星探査機『あらわし』は、今日午前、太陽周回軌道から地球の衛星軌道に乗りました。今後、小惑星マトガワで採取したサンプル入りのカプセルを打ち出す予定です」

映画の冒頭、インターネット上の仮想世界「OZ」でこんなニュースが流れる。

その後、ハッキングAI「ラブマシーン」が「OZ」でほかのユーザーアカウントを乗っ取り、現実世界の通信網、水道、交通、医療などのインフラを機能麻痺に陥れる。

また、ラブマシーンは「あらわし」の再突入カプセル(作中、「再突入体」とも呼称)を使ったテロ攻撃を企てる。主人公の小磯健二がいる長野県上田市陣内(じんのうち)家を目がけ、「あらわし」を落下させようとしたのだ。

カプセルは、探査機本体から切り離されて地球の大気圏に突入し、小惑星の破片を地上に届けるためのもの。モデルになったのは、実在する小惑星探査機「はやぶさ」だ。

『サマーウォーズ』
「あらわし」のモデルになった「はやぶさ」の模型(筆者撮影)

「あらわし」再突入カプセルが、爆弾でもないのに恐ろしい兵器になり得る理由はふたつある。

ひとつは、その飛行速度。「あらわし」は地球へ帰還する途中、制御不能となって大気圏に突入した。「はやぶさ」と同程度の速度だとすれば、「あわらし」は秒速約12km(時速約43,000km)だった。これは、大陸間弾道ミサイルのスピード秒速約7km(時速約25,000km)を上回る。ぶつかったときの衝撃は強烈だ。

「あらわし」が怖いもうひとつの理由は、ピンポイントで再突入カプセルを落とせることだ。

通常、宇宙からやってくるカプセルというのは、どこに落ちてくるか正確には予測できない。たとえるなら野球ボールのようなもので、投げられた瞬間の勢いと重力に身を任せて飛んでいくだけだ。翼もエンジンもないから、強風で軌道が変わっても元に戻せない。

「はやぶさ」の場合、カプセルの着地予想範囲は100km四方以上。東京都がすっぽり入るくらい広い。だから安全を考慮し、人口密集地ではなくオーストラリアの砂漠地帯が着地点になった。

対する「あらわし」は、この点、技術的な問題をクリアしているらしい。作中の描写によると、「あらわし」再突入カプセルは尾翼やエンジンを持つとみられる。つまり、軌道修正をしながら正確に目的地まで進む。

「はやぶさ」のカプセルをボールにたとえるなら、「あらわし」は自由自在に飛べるドローンのようなものだといえる(もっとも、「あらわし」レベルの小惑星探査機はまだ実現していない)。

2:ラブマシーンの戦術はGPSの乗っ取り

「あらわし」のモデルになった「はやぶさ」の模型(筆者撮影)

「『あらわし』はGPS誘導で任意の場所に落下できる性能がある」

「今まで奪われたOZアカウントは全体の38%、4億1200。その中からGPS管制を司るアカウントを取り戻すこと! 2時間以内に……」

このセリフから、ラブマシーンはどうやって「あらわし」を長野県の陣内家に落下させようとしたのか考えてみる。

GPSでなじみ深いものといえば、スマートフォンのナビアプリ。まずはそれを思い浮かべてほしい。スマホはGPS衛星からの電波をキャッチする受信機だ。GPS衛星は空飛ぶラジオ局みたいなもので、全部で30基ほどが高度2万kmにいる。それぞれの衛星が、「◯時◯分◯秒現在、当機は~の地点にいます」というような情報を全世界に流している。

GPS衛星は、同時にたくさん飛んでいることにミソがある。あちこちの衛星が同時刻に電波を発しても、それらが受信機に同時に届くわけではない。ごくわずかにタイミングがずれる。なぜなら、電波も音や光と同じように、一定の速さを持って進むからだ。このタイミングのズレをもとに、受信機は各衛星との距離を計算し、自分の居場所を突き止める。

もし、GPS衛星が偽の情報を発信すれば、受信機は自分の居場所を勘違いする。地図上の現在地が変わるので、ルートを変更してしまう。ラブマシーンは、GPS衛星を管理するアカウントを乗っ取って偽情報を飛ばし、「あらわし」を目的地とは違う場所に行かせたわけだ。

わかりやすい例が作中にある。陣内家の家族が長野県に向かう途中、カーナビの表示がデタラメになるシーンだ(車は埼玉にいるのに、画面上は北海道の五稜郭だった)。これは、ラブマシーンがGPS衛星に搭載されている原子時計を狂わせたことで起こった現象である。

ラブマシーンに勝っても、健二はやはり逮捕されるはず。その理由とは?

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

ツヤマ ユウスケ

ライター。アニメや映画の宇宙考察記事をnoteで執筆。フォトメディア『DOF magazine』ではカメラマンとしても活動。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太