『ドラゴン桜』は藤井遼の成長物語だった!泣いた、笑った、応援した。ありがとう、桜木先生と教え子たち

2021.6.28


一番変わったのは藤井じゃないか

特に藤井遼くん、かっこよかった!

藤井は、最初はめちゃくちゃイヤなヤツだった。
健太が大切にしている虫の入った箱を蹴り飛ばし「生きているだけで迷惑なんだよ」など大暴言を吐いた。
その藤井が、健太に謝罪し、東大専科に入り、どんどんいいヤツに成長していく(ツンデレっぷりもかわいい)。

最終話では、受験会場でイヤなやつふたりに絡まれていた健太を助けに入る! しかも桜木の「(試験当日は)自分のことだけ考えろ」という教えを破って!

そのため利き手を痛めてしまう。
しかも、藤井は、健太を助けたせいで落ちたとは言わないのだ。
桜木に「自分のことだけ考えろ」と言ったじゃないかと問われて藤井は答えるのだ。
手のケガのせいじゃないんだ、と。今までの自分だったら健太を助けるなんてことはしなかった。だが、あの日は、それができた。

「そういう自分になれたことがうれしくてうれしくて。そのあとの試験も、興奮しちゃって。でも後悔してねぇからな」

藤井は東大に落ちたが、確実に成長した。『ドラゴン桜』で一番変わったのは藤井じゃないか。

藤井遼(鈴鹿央士)と原健太(細田佳央太)の友情と成長に胸熱/日曜劇場『ドラゴン桜』(最終話より)(C)TBS
藤井遼(鈴鹿央士)と原健太(細田佳央太)の友情と成長に胸熱/日曜劇場『ドラゴン桜』(最終話より)(C)TBS

ラップの天野、おにぎり岩崎、ちゃっかり早瀬、大うっかり瀬戸!

天野は、合格発表の掲示に自分の受験番号を見つけて思わず生英語ラップを披露し、周囲の受験生から拍手喝采を浴びる。
対立していた岩崎の父親は、受験当日、でっかいおにぎりを握ってくれた。
早瀬は落ちたが、ちゃっかり青学に合格していた。ここも素晴らしくて「東大を目指す」のがすべてではなくほかの道もちゃんと示した。自分で調べ、自分で選び取る力量を身につけたことが早瀬の成長だろう。

思わず生英語ラップを披露し、ちょっとテレちゃった天野晃一郎(加藤清史郎)日曜劇場『ドラゴン桜』(最終話より)(C)TBS
思わず生英語ラップを披露し、ちょっとテレちゃった天野晃一郎(加藤清史郎)日曜劇場『ドラゴン桜』(最終話より)(C)TBS

原健太、小杉麻里も合格。
ふたり組のイヤなやつに絡まれた健太と小杉を助けるのは小橋と岩井
合格してなかったと言う瀬戸は、掲示の場所を間違えて見ていたという大うっかり。実は受かっていた!

受かった5人はもちろんだが、落ちたふたりもちゃんと成長し、自分自身で人生を切り開く覚悟を見せたのはかっこよかった。

新垣結衣と長澤まさみのツーショット!


この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..