吉住「泣きそうになった」オードリー若林がMC台本の一部を読み飛ばす理由(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『あちこちオードリー』

「反省会SP」延長戦。

アルコ&ピース平子は、自身のラジオでも話した賞レース再挑戦の話。『サラリーマン金太郎』を改めて読み、「生きるってこんなアチィんだな」と思ったという。

「何、冷静な俯瞰の目線で自分見てますみたいなキャラづけしてんだ。俺もこんな熱くなれるんだって思ったときに、何やろうって思ったら賞レースだった」「『優勝を目指すぞ』って今まで言ったことがない。スカしてた。でも今年は『絶対優勝だぁ!!』って」と語った。

吉住の反省ノートには「搾取されない。求められる芸人になる。あんな奴に使い捨てされる芸人にだけはならない」という記載が。

たくさんのスタッフに会ってきて、基本的にはみんないい人だが、3人くらいすごい嫌な奴がいた、と。「仕方ねぇから使ってやるよ」「テレビ出られてうれしいでしょ」みたいな態度のスタッフだそう。

「そういう人が作ってる番組って観たことがあるような番組なんですよ。昔のフォーマットに則ったみたいな」と吉住。

「女審判」ばかりを求められ「心が死んでいた」時期に若林と共演。台本には「女審判」で何か言うように書いてあったが、MCの若林はそれを振らなかったという。

その優しさに「めっちゃ泣きそうになりました」と吉住。「自分で言うことじゃないけど、よく読み飛ばしはやる」と若林は言って、その持論を語る。

「俺とかの時代はテレビっていう媒体が絶対的だったし、クイズ番組とか食リポとかでも断るってことがあり得なかった。今はちょっと違う感じがしてて」「テレビが強かった時代に大暴れしてたスタッフは、まだテレビっていうものにみんながしがみついて出たいと思ってるんだよ。だから、『次呼ぶかわかりませんけど』とか書いてあるの。いやいや、この番組はむしろ、若い子たちにお願いして出てもらってる番組だよって。俺たち『別に(出なくても)いいっスよ』って言いかねないよ、っていうことがわかってない。だから、読み飛ばしつづけて2~3年経つね(笑)」。

このあたりの信念が、若林がMCとして信頼されている所以なんだろうなと強く感じる。

『有吉の壁』

「ブレイクアーティスト選手権」。

きつねと空気階段もぐらによる「ANI○(あにまる)」がクオリティの高いミュージカルソングを披露。

有吉は「もぐらがいっぱしのミュージカル俳優みたい」「きつねは完全にミュージカルやりたい?」とコメント。総括して「このコーナーは正しい方向に進んでるんでしょうか?(笑)」。

三四郎による「アイニスタ」再び。曲は『カインとアベル~断罪~』。またも曲が終わっても小宮のリーディングはつづく。

「正しいのは私だ。逮捕されました。結局こちらが悪者でした。国家警察は優秀でした。被害者だと思ったら加害者でした。追い詰めたはずが追われてました。善と悪の境目はどこにあるのでしょう。善悪の判断はつきますか? みなさん、神経が鋭敏になった現代人の僕たちはもっと……ご静聴ありがとうございました」。有吉「なんでおもしろいんだろうな?」。

ラストはとにかく明るい安村で「富士山どんぐり」。ビブラートをぶるぶるマシーンに頼る演歌歌手。想像を超えない出来に途中から「もうダメだ、諦めろ!」と有吉がガヤ。曲が終ったあと、即座に「×」判定。

「○」判定がつづき「こう(レベルが高く)なっちゃってたから困ってた」「次の人がやりやすい」と安村を逆に称える有吉。安村「そんなつもりでやってない!(笑)」。

【関連】有吉弘行という男の存在そのものが最高におもしろい


明日観たい番組:『かりそめ天国』『さんまのまんま初夏SP』など

『かりそめ天国』(テレ朝)「ワンタンは皮だけ楽しむ派」「有吉がV6を語る プライベートで目撃した岡田のウソみたいなエピソードも」。

『金スマ』(TBS)おいでやすこがSP。

『脱力タイムズ』(フジ)ノブコブ吉村&浮所飛貴。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)「えっ、コレ1個も売れてないの!? シニスジinドンキ六本木店」。

『さんまのまんま初夏SP』(フジ)NEWS、花澤香菜、日高里菜、吉岡里帆、かまいたち、北村匠海、今田美桜。

『酒のツマミになる話』(フジ)風間俊介、高岡早紀、DJ松永、藤田ニコル。

『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジ)に佐久間宣行。

『A-Studio+』(TBS)にハリセンボン。

『ドキュメント72時間』(NHK)「私が献血ルームに来た理由」。

『あのときキスしておけば』(テレ朝)、『ソロ活女子のススメ』(テレ東)最終回。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太