『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の始まりは『アルピーANN』にあり? 8年前からのサーガを辿る

2021.3.31


レギュラー化の最後のひと押しをした秋元康

佐久間宣行による夢実現の物語はここで完結したと思われた。だが、スタッフサイドは確かな手応えを感じ、レギュラー化に向けてニッポン放送側に企画書を提出。さすがにテレビ東京の社員という立場もあり、なかなか実現には至らなかったが、密かに夢物語はつづいていた。

レギュラー化に向けて、最後のひと押しをしたのは秋元康だ。秋元と佐久間は2018年4月にスタートした『青春高校3年C組』(テレビ東京)から関わるようになった。その『青春高校』で“副担任”を務める中井りか(NGT48)は、2018年春から『AKB48のANN』で単独パーソナリティを定期的に担当。三四郎・小宮浩信をゲストに迎えた5月9日、生放送中に「中井が本当に逸材なのか、偉い人たちに直接聞く」という企画が行われた。

そのときに佐久間に白羽の矢が立った。深夜2時に生電話がかかってきたが、当然のように佐久間は応答。ふたりの言葉に応えて、『アルコ&ピースのANN』以来のスタジオ乱入まで果たした。6月、7月に放送された中井のANNにも連続出演。これまでリスナーにさんざんイジられつづけ、単発特番でパーソナリティまで務めた佐久間にとって、もはやラジオブースはホームになっていた。巧みなトークさばきを披露し、当時の実況ツイートを見ると、アイドルファンからも「もはやセット売り」「ふたりのラジオが聴きたい」と賞賛されている。

2020年2月のニッポン放送タイムテーブルに掲載された対談によると、この過程で秋元は佐久間のトークに魅力を感じたそうだ。ニッポン放送での新番組打ち合わせ時に「佐久間みたいな人間をパーソナリティにしなきゃダメだ」とプッシュ。テレビ東京の社長にも話し、「おもしろそうだ」と盛り上がった。秋元の動きが最後のひと押しとなり、ついに『佐久間宣行のANN0』の企画が正式始動。2019年4月3日に番組はスタートした。

一部で“史上最強”と言われている現在のANNパーソナリティ陣の中で、確かに一見すると“ただのオジサン”である佐久間は異質。「なんでこんな人がいるの?」と思う方も少なからずいるだろう。しかし、ここまで読んでいただければわかるように、最初は何気ないつぶやきから始まり、さまざまな人間を巻きこんで、生まれたのが『佐久間宣行のANN0』なのだ。

40代のテレビマンが、ラジオパーソナリティとしてこれからどんな道を進んでいくのか。本人とすれば、本職はあくまでテレビプロデューサーで、妙に熱い期待をされても困るだけだろうが、これまでの流れを知るリスナーはいろいろと妄想せずにはいられない。実際に「佐久間が手がけるテレビ番組は見たことないけど、ラジオは聴いている」というリスナーも増えてきている。立場や肩書など関係なく、リスナーの思いを引きつける佐久間宣行は魅力的なパーソナリティなのだ。

2021年3月10日に行われたANN0パーソナリティ発表会見より。なぜか入り時間が早かったエピソードなど、自身のラジオでもこの会見の模様について話していた
この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

村上謙三久_プロフィール

Written by

村上謙三久

(むらかみ・けんさく)編集者、ライター。1978年生まれ。プロレス、ラジオ関連を中心に活動。『声優ラジオの時間』『お笑いラジオの時間』(綜合図書)の編集長を務め、著書に『深夜のラジオっ子』(筑摩書房)、『声優ラジオ“愛”史 声優とラジオの50年』(辰巳出版)がある。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太