今は夕凪の時代。退屈な暮らしを豊かなものにするためには(荻原魚雷)

2021.2.5


解像度は退屈な暮らしを豊かなものにする鍵

ちょっと話が大きくなってしまったので「夕凪」に話を戻そう。

2020年末、宮崎智之著『平熱のまま、この世界に熱狂したい「弱さ」を受け入れる日常革命』(幻冬舎)というエッセイ集が刊行された。新刊書店でこの本を手にとり、頁をパラパラ見た瞬間「これは大当たりだ」と確信した。

『平熱のまま、この世界に熱狂したい「弱さ」を受け入れる日常革命』宮崎智之/幻冬舎

著者は1982年生まれ。わたしよりひと回りくらい若い。すでに酒の飲みすぎによりアルコールを受け付けないからだになっている。けっこうヨレヨレだ。しかし彼の思想は穏当かつまっとうである。

この本の中で「凪」という言葉が出てくる。

凪とは、沿岸地域でたびたび発生する自然現象のことである。凪が来るとあたりは無風状態となる。

変化が激しい世の中で、凪の状態に身を置くこと。それは退屈な人生を意味したり、日常に埋没して思考停止したりすることではないのだ。日常にくまなく目を凝らし、解像度を高める。そして切り替わった瞬間の風を全身で、肌で感じとる。そういう生き方である。

以上、『平熱のまま、この世界に熱狂したい「弱さ」を受け入れる日常革命』宮崎智之/幻冬舎

引用文中の「解像度」という言葉は、退屈な暮らしを豊かなものにする鍵かもしれない。

『平熱のまま〜』では英文学者でエッセイストの吉田健一の文章をたびたび引用している。わたしも吉田健一の『乞食王子』(新潮社/1956年)は長年愛読している。

『乞食王子』吉田健一/新潮社

『乞食王子』の「安心の種」というエッセイで文士の生活は不安の種だらけだが、だからこそ自分が「間違いないと知っていること」を考えたほうがいいと助言する。

例えば、一定の時間がたてば必ず夜が明けることとか、友情の有難さとか、旨い酒を飲めば旨いこととかであって、そしてその中でも確かなのは、我々が今ここでこうしているのを誰も我々から奪うことは出来ないということではないだろうか。

『乞食王子』吉田健一/新潮社

「凪」のような停滞の中にもそのときどきにしか感じられない光があり、音があり、においがあり、変化の予兆がある。

『ヨコハマ買い出し紀行』の初読のさいはわからなかったが、人生はピークをすぎてからの黄昏の時間がいやになるほど長い。からだのあちこちにガタがくる。もはや停滞がわたしの日常になりつつある。それでも季節の移ろい、日々の食事、本や音楽や映画、暇つぶしの散歩、旅行——なんだって解像度を高めていけば、おもしろ味が増す。

最後にこのコラムを読んで「つまらない」と思ったとしたら、たぶんあなたの解像度が足りない……という可能性もなきにしもあらずなのですよと言いたい。

■荻原魚雷「半隠居遅報」は毎月1回更新予定です。


この記事の画像(全4枚)



  • 荻原魚雷『中年の本棚』(紀伊國屋書店)

    気力・体力・好奇心の衰え、老いの徴候、板ばさみの人間関係、残り時間…人は誰でも初めて中年になる。この先、いったい何ができるのか―中年を生き延びるために。“中年の大先輩”と“新中年”に教えを乞う読書エッセイ。

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

荻原魚雷

(おぎはら・ぎょらい)1969年三重県鈴鹿市生まれ。1989年からライターとして書評やコラムを執筆。著書に『本と怠け者』(ちくま文庫)、『閑な読書人』(晶文社)、『古書古書話』(本の雑誌社)、編著に『吉行淳之介 ベスト・エッセイ』(ちくま文庫)、梅崎春生『怠惰の美徳』(中公文庫)などがある。毎日新聞..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。