追悼文「筒美京平さんと私」(西寺郷太)

2020.10.19


燦然と輝くポップスの目標地点「抱きしめてTONIGHT」

1982年。「君に薔薇薔薇…という感じ」で、満を持して京平さんは田原俊彦さんのシングルに参加する。田原さんのシングルといえば、個人的に最高傑作の座が揺るがないのが作詞・森浩美さん、編曲・船山基紀さんによる、1988年の「抱きしめてTONIGHT」。ド派手でインパクトのあるイントロから「悩み事をかくすの」と田原さんの瑞々しい声質を活かしたアンニュイなAメロ、明るく展開するBメロ、爆発するサビ、そしてメロウでキュンとくる大サビからのクライマックス「守りたい」でまた間奏へ!という美し過ぎる流れ。プロになってからも遥か遠くに燦然と輝くポップスの目標地点。

ちなみに僕が京平さんと一緒に仕事をさせてもらった2000年ころ、ご自宅で京平さんに「ご自身の作られた田原俊彦さんの楽曲の中で、特に好きだなと思われる曲はなんでしょうか?」という質問をしたとき、「うーん、『原宿キッス』好きかもね」と仰ったことも書き記しておきたい。

アイドル・ソング以外の流れで言えば、忘れられないのがNHK総合テレビで放送されたテレビアニメ『スプーンおばさん』のエンディング曲「リンゴの森の子猫たち」。1983年4月スタート。月〜金の帯で17時50分から18時まで10分間放送されていたので、小学校4年生の自分は学校帰りにほぼ毎日観ていた。飯島真理さんの歌声、松本隆さんの作詞、そして琴線に触れまくる珠玉の京平メロディ。異常にメランコリックな感情を刺激する名曲中の名曲。これらの作品が、Spotifyなどで容易に聴ける時代の到来には素直に感激している。

プロになり、マンツーマンの手ほどきを受けることに

1985年。C-C-Bの「Romanticが止まらない」「Lucky Chanceをもう一度」のインパクトも凄まじかった。20年前、僕は実際に京平さんに自らのバンドNONA REEVESの2曲のシングルをプロデュースしていただいた流れで、ご自宅に呼んでいただきマンツーマンでお話ししたり、楽曲作りの手ほどきを受けたりした。同じ「バンド」という形態でもあったからか、京平さんとの会話に「C-C-B」が頻繁に出てきたことを思い出す。

京平さんとの直接的な出会いは、僕がメジャーデビューしたワーナーミュージック時代の初代ディレクター、渡辺忠孝さんの実の兄が京平さんだったことから生まれた。弟の渡辺忠孝さんはもともと、音楽レーベルでディレクターとして活躍しており、C-C-Bは彼ら兄弟が協力して売り出したバンドだった。

京平さんは僕のことを作詞・作曲家としてだけでなく、むしろ「歌手」「シンガー」として評価してもらっていたように思う。彼のフェイヴァリット・シンガーは、「明るい響きを持つ変わった声」「オリジナルな魅力を持つ歌手」だと何度かスタジオでも仰っていて。例として郷ひろみさんや、C-C-Bのドラマー笠浩二さんを挙げながら「郷太君の声も大好きですよ。目を閉じたら完璧な美少年がそこにいる感じがする、ふふふ」と褒めてくださった。

会話の中で、「C-C-B作品の中で僕自身は『空想Kiss』が好きなんだよね」と仰っていたことも鮮明に覚えている。「空想Kiss」は、彼らのシングル群の中では深みのある「ダーク・ポップ」とも呼べるナンバーだが、確かに僕もこの噛むたびにアーバンな果汁があふれ出すような「80’s UK NEW WAVE」的味わいは大好物だ。


2020年に聴いてもしっくりくる楽曲の先見性

同じような路線を小泉今日子作品で探せば、1986年の「夜明けのMEW」。作詞は秋元康さん、編曲が武部聡志さん。当時の新進気鋭の若手ともタッグを組み、2020年の今、聴いてもしっくりくる「80’sシティ歌謡」「和製ミディアム・AOR」路線を提示していたその先見性……。

錦織一清さん曰く、1985年冬の少年隊のデビュー曲「仮面舞踏会」の時点で、京平さんはレコーディング・スタジオで少年隊の3人に「これからは元気に声を張って歌うよりも、囁くように大人っぽい『ブロウ・モンキーズのドクター・ロバート』のようなシンガーのほうがカッコいいし、受けるよ」と仰ったそうだ。

チャレンジングな表現活動がしやすかったC-C-Bや、小泉今日子さん=「KYON2(キョンキョン)」ワークスでは、1984年の「迷宮のアンドローラ」あたりから明る過ぎず、暗過ぎずという当時の京平さんが目指した新たなる「NEW WAVE」的ポップ感を試していたのかもしれない。この時期の楽曲でもう1曲思い出すのが、藤井一子さんのデビュー曲「チェック・ポイント」。キャッチーなインパクトある来生えつこさんによる歌詞と、新川博さんによるメロディ、アレンジは今、聴いても斬新だ。

「歌謡ポップ・ミュージック」の完成形――「1987年の少年隊」


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

西寺郷太

(にしでら・ごうた)1973年東京都生まれ京都府育ち。バンド「NONA REEVES」のボーカリスト、メインコンポーザーを務める。音楽プロデューサー、作詞・作曲家として、V6、岡村靖幸、YUKIなどへの楽曲提供・プロデュースを行うほか、80年代音楽研究家として、マイケル・ジャクソン、プリンス、ジョー..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太