同じボケをひたすら繰り返す「リフレインボケ」を見つづけて頭がおかしくなりたい

2020.8.26


チョコレートプラネットの狂気

ほかにも、「しつこい」というワードが似合う芸人がいる。チョコレートプラネットだ。その代表とも言うべきネタは、ジャルジャルと同じようにキングオブコントでも披露された「密室ゲーム」。

何者かに監禁された松尾が「どこだ!?どこだって聞いてんだよ!どこだ!?どこだ!?オイ!どこだよ!」「誰だ!誰だよ!誰だ!?誰だよ!教えろ!誰だよ!誰なんだ!?」と叫びつづける狂ネタだ。

ガラスが割れるような松尾のハイトーンボイスから繰り出されるリフレインは脳に直接ダメージを与えてくる。特筆すべきは松尾のリフレインだけでなく、長田の「オイ!聞け!聞け!言ってる!言ってる!」というツッコミがその中毒性をさらに増幅させている。

チョコレートプラネット「静かにしろ」(チョコレートプラネット チャンネル)

テスト中に長田の私語を松尾がひたすら「静かにしろ」と注意するネタ「静かにしろ」は、序盤は私語を注意するだけだったのに、後半は松尾自身が机を叩いた音にすら反応し取り憑かれたように「静かにしろ」を連呼している姿がもはや狂気。ひとつのフレーズをどれだけ飽きさせないように幅を持たせるか、チョコレートプラネットはその膨らませ方が本当にうまい。

ハリウッドザコシショウはパワータイプ

そして「しつこさ」を語る上で忘れてはならないのが、ハリウッドザコシショウ。その存在自体が狂気と言っても過言ではない。チョコレートプラネットやジャルジャルがしつこさに幅を持たせるテクニックタイプだとすれば、ハリウッドザコシショウは己のしつこさを本能のままに押しつけてくる圧倒的なパワータイプ。

ハリウッドザコシショウのサブリミナル効果(HollywoodZakoshisyoh)

YouTubeチャンネルで投稿されている「サブリミナル効果」と「福山雅治(ザコシショウの誇張しすぎたものまね研究所 #33)」は、もはや「ネタ」というよりも「人体実験」の類に近い。観ていると確実に頭がおかしくなり、自身が抱いているおもしろさの概念が覆される。

YouTubeチャンネル『HollywoodZakoshisyoh』より

恐ろしいのはどちらも今日に至るまで「何本も投稿されつづけている」ということ。福山雅治のモノマネは1年以上前から、「サブリミナル効果」に至っては最初の投稿が「2010年」。異常としか言いようがない。「やりつづけること」の重要性と怖さをまざまざと見せつけてくれる。

ザコシショウの誇張しすぎたものまね研究所 #33(HollywoodZakoshisyoh)

ジャルジャル、チョコプラ、ザコシショウ、情報の波に押しつぶされそうな現代だからこそ、脳内を同じワードでいっぱいにしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太