ジャルジャルが状況を逆手に取った「リモートコント」の完成度の高さ

2020.5.20
ジャルジャル_リモートコント

文=かんそう 編集=鈴木 梢


コロナ禍でリモートワークをしている人々は多いが、エンタテインメント業界も例外ではなく、たとえばテレビ番組、音楽やお笑いのライブ、演劇なども「リモート状況でどのように効果的な演出をするか」の勝負になっている。

お笑いコンビのジャルジャルは、「リモートコント」をYouTubeで公開している。彼らはリモートの状態で、どのようにコントを演出しているのか。状況を逆手に取った新たなコントの完成度の高さを、かんそうが解説する。


世界観を現実に引っ張ってくるコント

ジャルジャルの公式サイト『JARUJARU TOWER ジャルジャルタワー』をご存知だろうか。

「ネタ8000本を毎日アップロードしジャルジャルのタワーを作り上げていく」というコンセプトのもと、毎日欠かさず新ネタをYouTubeにアップしつづけており、執筆時点(5月12日)で897本(単純計算であと19年かかる)の動画を公開している恐ろしいチャンネルだが、この外出自粛期間中に行っている「リモートコント」の完成度の高さに震えおののいている。

最も衝撃を受けたのが、2020年4月24日にライブ配信された『ハズレの先生にリモート授業される奴』。もともと『ハズレの先生が担任になった奴』というタイトルで2019年5月11日にアップされていたコントを、リモート授業という形にアレンジしたものだ。

爽やかでユーモアもあり一見「当たり」の雰囲気がある「神保マオ」という新しい担任の先生が、実はイカれた課題やルールを生徒に押しつけるゴリゴリの「ハズレ」だった、という設定のコントが『ハズレの先生が担任になった奴』。それがアレンジされた『ハズレの先生にリモート授業される奴』は、「その神保がもしクラスメイト全員とリモート授業をしたら」という設定になっている。

『ハズレの先生にリモート授業される奴』

このネタのすごさは「コントの世界観を現実に引っ張ってきている」という点。単純にリモートで既存のネタをするのではなく、「コントの登場人物が現実に存在し、この状況に陥ったときにどういう行動を取るのか」という、いわば「コントのアナザーストーリー」になっているのだ。

「演技力」と「アドリブ力」によってそこに生まれる現実

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太