『ComicVket』『MusicVket』 『バーチャルマーケット』……企業も続々参戦、バーチャル空間に広がる同人即売会

2020.8.12


企業からの注目

『バーチャルマーケット』や『ComicVket』は、数多くの企業からの協賛がある。たとえば『バーチャルマーケット』はソフトバンク、セブン&アイ・ホールディングス、パナソニック、Netflix、TOHOシネマズ、セガ、三越伊勢丹など、あらゆるジャンルの企業出店があった。「パラリアルトーキョー」という東京を模したVRワールドに、日本HPはブースの横に等身大機動戦士ガンダムを、ベネリックは等身大ウルトラマンを設置し、話題を呼んだ。

「これが新時代のお買い物だ!バーチャルマーケットに行ってみた!!!」より
「これが新時代のお買い物だ!バーチャルマーケットに行ってみた!!!」より

『ComicVket』にはとらのあな、ゲーマーズ、ドスパラ、K-BOOKS、らしんばん、壽屋、書泉ブックタワーなど、秋葉原文化に欠かせない企業、ショップが参加して、企業ブースに並んでいる。

VR空間での体験に数多くの企業が価値を見出し、そこでしか得られないものを全力で楽しみながら制作し、広報している様子が見られる。企業が多く参加すれば、それだけVR上でのイベントが知られていくチャンスが増える。同人創作と企業広報のwin-winな流れがいい具合にでき始めている。

よりわかりやすく、参加しやすく

『バーチャルマーケット』はPCだけでも入れる、という敷居の下がり方はあるものの、それでもPCスペックが要求されたり、操作がわかりづらかったりと参加の壁が高かった。現在では有志が積極的に「VRChat」の使い方を解説しつづけている。

『ComicVket』『MusicVket』が「cluster」と「STYLY」で参加できるようになったことで、VRイベント参加の難易度は格段に低くなった。

「VR法人HIKKY」のメンバーはVR空間でのイベントを数多く行ってきた。回を重ねるごとに、操作や見せ方など細かい部分への配慮がより一層行き届くようになっている。初心者への間口は、わかりやすさ使いやすさを発展させることで、広くなった。こだわる人たち向けには、より深くVRの世界を楽しめるようギミックやワールドの作り込みが練られている。

まずは興味本位で構わないので、イベント会場に入ってみてほしい。買ってみたい、という気持ちが少しでも出てくれば、その感情の中に今のコロナ禍で苦しんでいる文化を救うヒントが見つかるはずだ。


この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



たまごまご

Written by

たまごまご

道民ライター。『ねとらぼ』『Mogura VR』などのWEBメディアや、雑誌『コンプティーク』『Vティーク』『PASH!』などで執筆中。マンガ、アニメ、VTuber、サブカルチャー中心に活動中。『仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ!』などなど発売中。バーチャルプラットフォーム..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太