『生勇者ああああ』はなぜ『ピラメキーノG』を復活させ、2011年にタイムスリップしたのか。



お蔵入りになった『ピラメキーノG』最終回

2011年3月、まだ神谷町に本社があったテレビ東京制作局で僕はその日の夜に放送予定の『ピラメキーノG』最終回にテロップミスがないかをDVDでチェックしていた。

※『ピラメキーノ』
2009年にテレビ東京で放送を開始した夕方の子供番組で、MCは当時若者たちからなぜか絶大な支持を得ていたはんにゃ(川島ofレジェンド・金田哲)とフルーツポンチ(村上健志・亘健太郎)。大人も楽しめる子供番組として人気を集め、2010年4月には『ピラメキーノG』というタイトルでゴールデンに昇格したが視聴率が振るわず1年後にゴールデンの枠を撤退。

当時僕は死ぬほど仕事ができないタイプのADで、配属されたばかりの『ピラメキーノ』の現場でもいろんな人に迷惑をかけていた。なかでも「ドロP」というコーナーでのミスは自分にとってかなり印象に残っている。

レギュラー陣とゲストが遊園地や廃校などで“本気のドロケイ”に興じるコーナー「ドロP」。観たことがない人は「フジテレビの『逃走中』から予算が9割カットされたらきっとこんな感じになるだろうな」っていう映像を想像してもらえば話が早い。そのロケで僕は泥棒役となって逃げ惑うフルーツポンチ村上担当のカメラマンに任命された。正直、昔から運動が苦手な僕ではあったが心の中で「とはいえ“ヒザ神”に置いていかれることはねえだろ」と高を括っていた。

※ヒザ神
フルーツポンチ村上の愛称。『アメトーーク!』(テレビ朝日)の企画「運動神経悪い芸人」で村上が走り幅跳びをした際に運動神経が悪過ぎて膝を曲げずに走行、着地をしたことに由来する。

『生勇者ああああ』で『もじぴったん』をプレイするヒザ神。

ところがいざ本番を迎えると状況は一変。意外と走れる村上にまったく僕は追いつけずミスを連発。結局村上の姿をほとんどテープに収めることができないままロケは終了してしまった。泥棒を捕まえるゲームなのに、その泥棒の逮捕の瞬間がまったく撮れていないという大失態。出演者である村上も息も絶え絶えになりながら

「ちゃんと追いかけてきてくんないとさぁ……俺より足遅いやつ、初めて見たわ」

と、ボヤいていた。業界広しといえど「運動神経悪い芸人」に運動神経の悪さをとがめられたのは僕ぐらいではないだろうか。

あまりに不甲斐ないミスの連発に僕自身も若干自信を喪失していた時期だった。「この業界、向いてねえかもなあ」なんてことを考えながらその日もただぼんやりと最終回のDVDを観ていた。すると次の瞬間、とんでもない地響きと共に制作フロアが揺れた。

2011年3月11日金曜日、東日本大震災。

パニックになる社内。テレビはすべて報道特番に切り替わり、津波の凄惨な映像が流れ始めた。僕のパソコンのモニターには相変わらず『ピラメキーノG』の最終回が映されていた。画面の中のはんにゃとフルーツポンチは岩手の名産「わんこそば」を500杯食べ尽くすというミッションの真っ最中。どんなに仕事のできないADでもわかった、これは「お蔵入り」だと。そのまま世間は自粛ムードに突入、番組MC2組の勇姿がゴールデン帯で流れることはなかった。

もしタイムスリップできるなら、はんにゃとフルーツポンチのために『ピラメキーノG』の最終回をゴールデン帯にちゃんと放送してあげたい。心のどこかで眠っていたそんな思いをマーティ・岐部・マクフライは久々に思い出させてくれた。「この業界、向いてねえかもなあ」と嘆いていたADは9年間でペライチの企画書をサクッと仕上げられるぐらいには成長していた。

生勇者ああああメイン企画

<タイトル>
ピラメキーノ勝手に最終回2011
〜はんにゃVSフルーツポンチ これからのお笑い界をリードするのはどっちだ!? ガチンコ三番勝負〜

<設定>
・『ピラメキーノ』最終回の公開収録が行われているがなぜか時空の歪みが起きており舞台上だけ「2011年」で時が止まっている。
・舞台上のはんにゃとフルーツポンチは2011年のままなので、まだ自分たちがブレイク中の人気芸人だと思っている。
・しかし客席は2020年なので、MCのアルコ&ピースと準レギュラー陣は「今後9年間の2組の凋落っぷり」を未来人の設定でイジりつづける。

「はんにゃとフルーツポンチがゴールデンタイムで活躍する姿が見たい」というAD時代の純粋な思いと「レッドシアター芸人をただイジりたい」という現在の悪意が合体した名企画がここに誕生した。さあ役者はそろった、あとはライブを待つばかりである。

制作期間1カ月、制作費は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の1億分の1にも満たないこのSF大茶番に1500円の価値が果たしてあるのか。それを知ることができるのは、生配信終了1週間後の未来を生きる読者の皆さまだけなのである。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 『勇者ああああ』芸人キャスティング会議

    #【連載】『勇者ああああ』芸人キャスティング会議

    アルコ&ピース平子祐希が番組内で「むせかえるほど安いギャラ」と公言する、テレビ東京の低予算ゲームバラエティ『勇者ああああ』。

    予算がなくたって、テレ東には「金がないなら企画を考える、有名人が出せないなら素人をおもしろく撮る」の伝統芸能がある。

    この連載では、同番組の演出・プロデューサーを務める板川侑右氏が、過去に呼んだ芸人や今呼びたい芸人と、その理由などを明かす。

    #【連載】『勇者ああああ』芸人キャスティング会議の記事一覧


Written by

板川侑右

(いたがわ・ゆうすけ)2008年テレビ東京入社。制作局で『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』などのADを経て『ピラメキーノ』でディレクターデビュー。その後『ゴッドタン』『トーキョーライブ22時』などのディレクター業務を経て特番『ぽい図ん』で初演出を担当。過去に『モヤモヤさまぁ〜ず2』のディ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太