【きのうのテレビ:4/3】フルポン村上がずっとおもしろい『未完結の会』(てれびのスキマ)


毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる新連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

※全録レコーダーで順次視聴しているため、昨日観た番組は必ずしも昨日オンエアされたものに限りません。


昨日観た番組:朝ドラ『エール』、スラッシュパイルの有料配信

朝ドラ『エール』、二階堂ふみが演じることになるヒロインの子役・清水香帆が衝撃的なくらい二階堂ふみに似ている。NHKの子役を見つけてくる力、相変わらずスゴい。

スラッシュパイル『未完結の会』有料配信。フルーツポンチ村上、スーパー・ササダンゴ・マシン、大橋裕之、ジャルジャル後藤、MCに麒麟・川島という布陣。前回の『未発表の会』では、フルポン村上が数々の“奇跡”を巻き起こし、個人的に2019年のベストのひとつだったこのライブ、今回もノビノビとした村上がずっとおもしろい。どうしておもしろくなるかがよくわからない、村上考案のチープなカードゲーム「M-1知らんぷり」(名称も秀逸!)も大盛り上がり。本当にこのライブに村上はハマっている。ササダンゴ・マシンの人数限定配信の「秘匿性」(※)に思い切り舵を切ったプレゼンにも唸った。

※スラッシュパイルのお笑い配信ライブでは、「通常のライブと同様に視聴するチケット(権利)を買うことができたお客様のみご覧になれます」「販売枚数を限定します」とコンセプトを説明している。

『アメトーーク!』実はみちょぱスゴイぞ芸人。全体的に下ネタへの対処に寄り過ぎていたのは気になるけど、やっぱり品があるって大事だなあと思った。小峠の「みちょぱは、なんのビームも出さずにここまで来た」っていうのに大笑い。でも、にこるんビームの藤田ニコルもまたスゴい。

『勇者ああああ』、R-1王者となった野田クリスタル凱旋企画「野田フレンドパークⅡ」。新作を含めた野田ゲーに挑戦する企画。R-1でも使われた「もも鉄(太ももが鉄のように硬い男てつじ)」をプロゲーマー板橋ザンギエフがプレイすると思わぬ高得点に。この番組、最もプロゲーマーをムダに使いつつ、実は最もわかりやすくプロゲーマーのスゴさを見せてくれているのかもしれない。

今日観たい番組:『A-Studio+』に星野源。猫、志村けん追悼も

今日のテレビ。『A-Studio+』(TBS)リニューアル初回のゲストに星野源。

『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)は「猫カフェはキャバクラだ」。ハライチ岩井と猫。猫といえば『猫探偵の事件簿』(NHK総合)というドキュメンタリードラマも。

『金スマ』(TBS)と『ダウンタウンなう』(フジテレビ)で志村けん追悼特集の裏被り。


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太