オードリー若林は「ランジャタイ国崎と同じ!」マヂラブが明かす『ヒルナンデス!』での奇行(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『あちこちオードリー』

ゲストは「元地下芸人」というくくりでマヂカルラブリーとランジャタイ。ショーパブ育ちの若林は「同じ匂いがする」と。まず地下ライブの定義を確認し「知らないヤツが主催してて大量のチケットノルマを取るやつ」と野田。基本、お金を払って出るのが地下ライブ。「お笑いやるっていうのはお金のかかる趣味」だという。

そんな地下芸人たちがテレビに出られるようになったのは「マヂラブの功績が大きい」と国崎は言う。「この芸風のまま優勝してくれたから地下の門が全部開いた」と。その結果、テレビで「地下特集」などをやってくれるようになったが「本当の地下っておもしろくない」と野田は苦笑い。「マジで新鮮なものって臭かったり苦かったりする」のと同じだと言うと、若林が「地下ライブって調理して加工しないんだよね。おもしろいって思うものをボトって出す」と表現。

ランジャタイに「大暴れするけどなんやかんや友達がいるヤツ(国崎)と、マジで友達がいないからこんなヤツでも友達になろうとしている伊藤」と架空の設定をつけると見やすくなったと野田は言う。これを最初に聞いたとき、本当に納得して見違えるほど見やすくなった。まさに野田は地下芸人を翻訳するコーディネーターかのよう。

「魔法のiらんど」でホームページを作っていたり、中野twlによく出ていたりと共通点がある野田と春日。中野twlについて、不安になるくらい住宅街にある、目の前のパン屋で春日がパンの耳をもらってた、選ばれし者が楽屋のソファに座る、流し台に脳みそ夫が脳みその水を捨てていた……などといった話で盛り上がる面々。そこに「中野twlの話やめろ」というカンペ。それに対して「中野twlの話を地上波でするために俺たちがんばってきた!」と主張する若林。野田「革命ですよ!(笑)」。

そのあとは、『ヒルナンデス!』の若林が変だという話に。VTR中、思ってもないことをずーっとしゃべってるのだと。その“奇行”の理由を「お昼のちゃんとした情報が入ってくると、それを免疫で攻撃していかないと頭がおかしくなっちゃう」と語る若林に、野田「『ヒルナンデス!』の若林さん、国崎と同じですよ!(笑)」。

ほかにも2022年の2大コントと言っても過言ではない、ランジャタイ×津田の「ゴイゴイスーミュージカル」と『ドラフトコント』での「チーム春日」のコントの裏話などおもしろい話連発。想像以上に共通点のある3組による最高の1時間だった。

『有吉の壁』

ウエストランド、キュウ、ダイヤモンド、ヨネダ2000ら『M-1』組も参加した新潟スキー場ロケ。その中でコントも得意なヨネダ2000はもとよりキュウの採用本数が多かったのが印象的。意外なほど『壁』と相性がいい。また呼ばれそう。元スノーボーダーのみちおが特技を活かしてコナンパロディをしていたのもおもしろかった。ウエストランドは雪の中で漫才をし、井口「なんでこんなところでやるんだよ! 囲碁将棋じゃねえんだから! 絶景を背景に! 優勝してなんでここなんだよ!」。

特に「面白い人とすれ違うリフト」コーナーが最高だった。遠くのほうからかすかに見え始め、近づいて一瞬で終わってしまう見にくさがよけいにおもしろさを増幅させる。さらば青春の光による「テトリス」やマヂカルラブリーによる「チロがいなくなったビックスモールン」、ウエストランド&錦鯉による「アダムス・ファミリー」(なぜかスキンヘッドのフェスターが長谷川ではなく井口なのもおもしろい)などがすれ違っていくなか、ちょうどすれ違うときに柱で被ったまま見えない人がいたのが最高だった。おそらく安村だと有吉と佐藤栞里が言い合っていたが、放送では答え合わせをしないのも可笑しいし、それが安村というのもいかにもという感じでおもしろい。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。