くりぃむ有田が語る相方・上田やかまいたち濱家の天才性「おもしろくない話を大事に聞かなきゃダメ」(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜』

恒例の有田とノブコブ徳井によるトーク企画「解体新笑」。漫才、はもちろんネタ合わせや練習を繰り返して作るもの。だが、理想はふたりの立ち話のように見せることだ。だから漫才で重要なのはいかに「初見のような自然さ」で話せるか。「あの大根役者の上田が、そこだけは天才的」だと有田は熱弁する。

上田のすごさは「たとえツッコミ」ではない。「あのすっとぼけがいいんだ」と。どうせこのあと、相手が変なことを言うのをわかりながら「それで、それで?」と相づちを打って、ボケた刹那「わけわかんねえわ!」とわかっているのに毎回マジで怒る。多くのツッコミ芸人は、ボケが来るのを待って、それまでの相づちを適当にしがちだが、「うちの相方は、何も起こらないことをすごく許してくれる人なの。たとえば『昨日さ、子供と遊び行ったんだよ』『おうおうおう』って。そこの『おうおうおう』をやってくれる」と。それは芸人に限らず日常会話でも大事で「おもしろい話を相手にしてほしいなと思えば思うほど、おもしろい話をするまで待っちゃダメなの。おもしろくない話を大事に聞かなきゃダメ」だと。めちゃくちゃ深い会話術の話。勉強になる。

そういった意味でも、かまいたちの『M-1』でのネタ『UFJとUSJ』を若手芸人は見直してほしいと有田はつづける。山内が「USJ」を「UFJ」と言い間違え、濱家がそれを指摘すると山内が「UFJとUSJを言い間違えちゃったんやな」と濱家が間違ったことにするネタ。それに対し「そうそう……俺じゃない」と濱家はツッコむ。有田は「あそこの瞬間だけで、濱家は天才だと思った」と絶賛する。「すぐにツッコまない。ちょっとだけ間があるの! 初めて聞いた話だから」と。「あれをちゃんとやってる人だと思うと安心してMCを任せられる」と有田が言うように、そういう技術とマインドこそ、MCに最も必要なことなのだろうと合点がいった。ひと息ついて「え、今日、学校かなんか?(笑)」と有田。めちゃくちゃコアな話で聞き入ってしまった。

『ガキの使い』

10回目となる名物企画「スマホなしで待ち合わせ」にレギュラーメンバーに加えフジモンが参戦。フジモン「ちゃんとした企画に呼んでもらってうれしいですよ。『大型犬コンテストとかイカレた企画しか呼ばれてなかったから(笑)」。

これまでの成績では一番最初に誰かと合流したのは松本が6回で最多(2位は方正の5回)。逆に一番最後に合流したのはやはり田中で4回(2位は遠藤、浜田の2回)。その田中は一番最初に合流したことは一度もない。データで見ても田中が肝だとわかる。

最初のお題は「歴史的建造物」。ここでは誰も合流できず、つづくお題は「家具屋」。移動の車中、やはり「問題は田中」という話をするなかで松本は「田中をどうレギュラーから引きずり落とすか」と笑って語る。「『ガキ』が終わるって嘘ついて。観ると思うよ、田中も。『え?終わってないやん』ってなると思うけど、さすがに言ってこんやろ?(笑)」。

新宿の大塚家具で松本、遠藤、方正が見事合流。今回も松本はトップ合流に。フジモンと浜田はニトリを選択するも場所が違い合流できず、田中はひとりIKEAに行きやはり合流できない。3人から攻められた浜田「数が多いから正しいわけちゃうからな、コラァッ!」

シンプルな企画だけど、毎回それぞれの個性が出ておもしろい。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。