萩本欽一が「負けたわ!」と叫んだ、明石家さんまとの伝説の対決(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『誰も知らない明石家さんま』

第8弾となる今回は『恋のから騒ぎ』が“復活”。

銀座クラブのチーママになったという「ぐれたメーテル」こと藁谷リサ(9期)、「南米の鳥」渡部いずみ(12期)、「ほうまん」宝満まどか(8期)、「獅子舞」富岡佑子(12期)、「おかやん」岡野麻衣子(10期)、そして今や国会議員になった「イヤな女」塩村あやか(14期)が集結。ほかのメンバーが風貌が変わっているのに、「獅子舞」だけがまったく変わっていないのがおもしろい。「南米の鳥」は、整形したことをサラッと明かす。かつて「海に捨てられた」という強烈エピソードを語った「ほうまん」は、当時「イタ電」をかけてきた男と結婚したそう。ほうまん「旦那だけは丁寧にイタズラ電話をかけてきた(笑)」。画面にエピソードの概要が出て「はいこれ誰?」とさんまが言う感じが懐かしくてとてもよかった。

恒例の又吉脚本によるさんまドラマ化は、時代を変えた伝説の『欽ドン』最終回での萩本欽一vs明石家さんまを描く「さんまが挑んだ伝説の男」。以前から爆笑問題・太田はこの対決を「さんまさんは完全に欽ちゃんをやっつけにいった。全部スカして自分のほうに持っていく。震えた」と評していた。

さんまを杉野遥亮、萩本を東京03角田が演じる。1967年の奈良・あやめ池遊園地にコント55号を観に行ったエピソードから始まり、『週刊欽曜日』での初共演、そして『欽ドン』へと至る道が描かれた。『欽ドン』では、普段リハーサルを大事にする萩本が、その日だけはリハーサルなしで本番を迎えたという。さんま「あのときはちょっとビックリした」。

また演出の竹島達修によると、普段の萩本は本番が終わると出演者と1、2時間しゃべるそうだが、そのときは「それじゃあね」と帰っていったという。「さんまさんが出た回に対して、本人がどう思ったかは未だによくわからない」と。番組ではドラマ化に際し、萩本に取材。それに対し、萩本はこう答えたという。「『欽ドン』の収録前、さんまちゃんが挨拶に来たとき、大丈夫かと思うくらいしゃべんなかったね。それが本番では凄まじかった。次から司会やってって思っちゃった。収録が終わって裏で『いやー、負けたわ!』って初めて叫んじゃったよ。さんまちゃんがずーっとしゃべりつづけて、自分が全然しゃべれない。普通なら腹立つけど、それがなかったのよ。心地よくて、やられちゃったな、好きだなあって思っちゃった。イヤな思いさせない不思議な人だねえ」。

言葉の端々にどこか複雑な感情を読み取れて痺れる。

『ロンドンハーツ』

「楽勝」と前振りしていたお見送り芸人しんいちが、意外にも早々とオダウエダ小田をフるかたちで、「クズが好き」というぱーてぃちゃん・きょんちぃとカップル成立。ぱーてぃちゃん信子と平子もそれにつづいた先週に引きつづき「ラブマゲドン」の後半戦。

2回目で吉住が指名したのは森田。はらちゃんを選んでいた森田は「待っといて」と失言し、全女性芸人から総スカン。森田「めちゃくちゃキレイに歯車が狂い出した(笑)」。

しんいちにフラれた小田はビスブラ原田を指名するも、またも原田が別の相手(はらちゃん)とカップル成立してしまう。「好きな男がふたりともどっか行っちゃった」と泣く小田。だが、実はずっと一途に小田を指名していたザ・マミィ林田と3回目でカップル成立。その林田の想いに気づかず小田「私はなんてバカなんだ……」。

その3回目で森田は吉住を選ぶも、吉住は当然、別の男を指名。その相手はなんと東ブクロ。「結局、さらば青春の光でヤバいほうは森田さん。ヤバいほうの隣って器でかいんです」と吉住。しかし、カップル不成立。コンビをかき回す吉住を東ブクロ「サークルクラッシャー(笑)」。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太