オードリー春日と熾烈なトップ争い中の麒麟・川島の教訓「芸人がタクシーの話ばかりし出したらSOS」(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『あちこちオードリー』

ゲストは麒麟・川島とMEGUMI。川島といえば「テレビ番組出演本数ランキング」で春日とトップを争う存在。そもそもそのトップを狙っているのかと問われ川島は「今年バリバリ1位狙ってた。人生で1回ぐらい一番出た人間になりたい」と、意外にも春日同様に前のめりだったことが判明。「川島さんには涼しい顔しててほしかった」と若林が笑うも、来年、澤部が帯番組を持つこともあり「今年くらいしかチャンスがない」と、こちらも春日同様、「今年」に賭けているとのこと。

そんなランキングはリサーチ社によって結果が違う。たとえば、ニホンモニターでは川島、設楽、春日の順で、エム・データでは設楽、春日、川島の順。後者は「通販番組は含まない」という規定。通販番組にも出演する川島は、その謎ルールに「絶対バナナマンのファン」と主張し「俺、『中東の笛』って呼んでます(笑)」。

TBSで新しく始まった『ベスコングルメ』も隔週MCが春日だったため「意味ないねん!」と思ったと。春日もまったく同じことを思ったそうで「やってないのと同じだから!」と嘆き、『あちこちオードリー』のゲストにも来てほしくなかったと笑う。若林が言っていたように、『ラヴィット!』か『あちこちオードリー』で大大的に発表してほしい。

そうして躍起になって出演本数を増やしている川島だが、一方で土日は基本休みにしたのだという。その理由は「なんのエピソードもできない」から。5歳と2歳の息子がいるのになんの思い出も作れておらず、スマホの画像は、番組のアンケートのために撮った写真とポケットの中で誤作動したスクリーンショットしかなかったという。これに深くうなずき「なんでマネージャーはエピソードトークができないことがわからないんですかね?」と若林。川島は「気づいてほしい。芸人がタクシーの話ばかりし出したらSOS」だと言う。めちゃくちゃわかりやすい指標に唸る。

先の「中東の笛」もそうだし、ニューヨーク&さらば森田世代を評し「みちのくプロレスみたいなメンバー」と形容したり、春日が子供越しに不満を言われたことを「間接フリーキック」とたとえたり、若林が仕事の悩みを妻に呟くことを「それタバコ吸ってるのと一緒。すごいよ、ニコチンとタールが」と表現したり、相変わらずキレッキレだった。

最後に川島は若林に「『ラヴィット!』出てよ」と誘う。春日が活躍している番組だから遠慮していたという若林は「川島さんが言っていただけるなら出たい」と前向き。フットワークが軽い『ラヴィット!』のこと、来週くらいには若林が出ていてもおかしくないし、『ラヴィット!』のスタジオにいる若林はめちゃくちゃ見てみたい。若林「俺もランキング猛追しようかな、『ラヴィット!』出て(笑)」。

『水曜日のダウンタウン』

毎年恒例で8回目となる「替え歌最強トーナメント」。「どんな賞レースよりもこれが一番楽しみ」と劇団ひとり。第4回につづき、第6回、第7回と2連覇中のスリータイムスチャンピオン・ザコシショウ。しかし、今回の審査員は、後期高齢者。松本「ザコシ潰しじゃん(笑)」。

1回戦は「高校三年生」の替え歌。これに「一個すごい秘策がある」というRGは、大江裕のモノマネで「黒い部分が目玉の大部分~♪」と歌い、その目には「黒目カラコン」。スタジオは大爆笑だが、審査員たちは引き気味。対するザコシショウは「アンバランカンバランハンマーカンマー♪」といつもの古畑ネタ。「これはヤバい」とスタジオはRGの勝利を予想するも、14-37でザコシ本人も驚く勝利。敗れはしたものの、今後また「黒目カラコン」はRGの強力な武器になりそう。「あいつ媚びてスベったな。バカ恥ずかしいことやったな、ハハハハハ」と笑うザコシだが、2回戦の「上を向いて歩こう」の替え歌では「4630万円給付金誤振込みされ♪」とザコシなりに高齢者に寄せた時事ネタをするも嘉門タツオに45-6で惨敗するブーメラン。ザコシ「いや、ニュース観てへんのか! この世代の人でもわかるようなニュースを取り入れてやったらバカスベってるやないか!(笑)」。

とにかく、高齢者に対する嘉門タツオと清水ミチコの強さが目立った大会だった。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太