ダイアン津田の「ゴイゴイスー」に無限の可能性を感じさせたランジャタイ国崎(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『お笑いの日』

今年もダウンタウンによるセンターマイクを前にしたトークからスタート。それが終わって登場したのはダウソタウソ。一時期よりも身体つきが似てきて遠目からだと「本物?」と一瞬思ってしまうクオリティ。松本も「ニセモンやけど、浜田はめっちゃ似てたで」と。

最初の企画は「お笑いプラスワンFES」。コンビに追加したい芸人をひとりだけ指名し、トリオで新ネタを披露するというもの。見取り図+おいでやす小田、ニューヨーク+ジェラードンかみちぃ、アンガールズ+さまぁ〜ず三村、鬼越トマホーク+ほんこんなどのコントが行われるなか、ランジャタイが選んだのはダイアン津田。面識は「まったくない」そう。「ランジャタイのネタは見たことあるけど、正直ようわからんのよ」という津田は、実際にネタを渡されると「もうわけわからん!」「物語もクソもなんもないやん」「どう落ちたんや、それで?」「意味わからんて!」「お前らしか笑ってないやんけ!」と終始困惑。それでも「一番ウケましょう」と国崎に言われると津田「そうやな……」。

実際のネタは、ランジャタイは最初に登場してケンカを始めるだけで、あとはほぼ津田のワンマンショー。「ゴイゴイースーススー、ゴーイゴーイースーススー、ゴイゴイースーススー、ゴーイゴーイースーススー♪」と歌い「拳と拳が交わるこの瞬間だけ時間を止めて、皆様の脳に直接ゴイゴイスーすることができる」という謎設定で、ひたすら「スー」を差し上げていく。その間、なぜかわんこそばを食べ始めたり、くノ一の彼女や母ゴイゴイスーが登場したりカオスな展開。そうして「全身全霊ゴイゴイスー」を。これで終わるかと思わせて、再びわんこそば。コラボネタというよりは、津田の「ゴイゴイスー」の無限の可能性を国崎がプロデュースするかたち。わけがわからないがとにかくすごいインパクトで爆笑をもぎ取っていく感じ。余韻がすごい。

ネタ終了後「まだわかってないです。ひたすらこれを練習させられて」と呆然とする津田。「華やかに終わらへんところがお前らやな」と松本がランジャタイに言うと「これでも2分短くしたんです」と明かす。松本「津田、今日ホンマにゆっくり寝えや(笑)」。

そのあと、マヂカルラブリー+又吉や錦鯉+ウド鈴木もネタをやるのだが、まさに焼け野原状態で頭に入ってこないほど。松本もこの日ずっと話題にしているほど脳裏に焼きつくコントだった。

江頭2:50も登場したり、『あらびき団』パートではザコシショウが自宅スタジオから中継したり、『ザ・ベストワン』ではコサキンや爆笑問題が登場したりと盛りだくさん。錦鯉とマヂカルラブリーが3つのお題(そのうちひとつは視聴者登場、ひとつは漫才中に発表)を盛り込む「即興アレンジ漫才」企画では、マヂカルラブリーが「動きボケしながらカミングアウト」「動きボケしながらカミングアウト2」のお題に野田が先月や去年の給料を暴露。3つ目のお題が「錦鯉・長谷川が漫才に加入」だったため、長谷川も先月の給料を発表すると渡辺も呼び込まれ「弱いって」と言いながら自分も先月の給料を発表。いずれも驚くほど高額で、そのあとのリポートに登場した際には渡辺「大金持ちの錦鯉でーす」長谷川「夢ありますよー、お笑いは」と挨拶。本当にお笑いには「夢」があるというのを見せつけてくれた。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太