「愛ゆえに狂人にならねばならん」ザコシショウ、くっきー!、ランジャタイらがダウンタウン愛を叫ぶ(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ガキの使いやあらへんで!』

ダウンタウン愛を込めたネタを競う「D-1グランプリ」2週目。最初はココリコ&陣内智則のほぼ同期ユニット。卒業式などでやる後輩からの「呼びかけ」風に3人でかけ合うネタ。が、「僕たちは」のあと、妙な間。遠藤が早々に飛ばしてしまったのだという。さらにつづくとろサーモンも久保田が終盤に飛ばしてしまう。2組連続でセリフが飛ぶという珍しい事態。やはり、ダウンタウンの目の前でダウンタウンを題材にしたネタをやるのがいかに平常心でいられないかがよくわかる。

つづいてはザコシショウ&くっきー!という異次元ユニット。紹介VTRでは「逆によくDTに対して『好き』って言えるなって。好きとかそんなんじゃない。『歪み』」とくっきー!が言えばザコシが「『滲み』」とつけ加え、くっきー!「憧れ過ぎててある種、自分じゃないかと思い込むような状態」。ザコシ「『我』」くっきー!「『我』!」と笑い合う。

「愛ゆえに狂人にならねばならん!」と煽られ登場したふたりは「ダウンタウン好きやー!」とひたすら喚き散らす。そしてオチは突如暗転し、ふたりがいなくなり、子供が出てきてチキンライスを食べるという摩訶不思議なもの。「え? 嘘やろ! 終わり?」と浜田が困惑するなか、子供に向かって司会の今田「君は被害者だからね(笑)」。

そして最後は伊藤が「松本と発想が被る」と言っていたランジャタイ。ネタは国崎が「一番おもしろかった瞬間を発表したいと思います」「松っちゃんからのほうがいいか」「浜ちゃんからのほうが」などと言いつつ、「浜ちゃんくちびるオバケ」「金髪ムキムキ赤坂プリンスおさえて松っちゃーん」とわけのわからないことをずっと早口でまくし立てるいつもどおりのハチャメチャっぷり。松本も最初は苦笑いだったものの最後は爆笑していたところにランジャタイの巻き込み力のスゴさを感じた。

『くりぃむナンタラ』

名物企画「ビンカン選手権2022秋」。前回は視聴者に向けてヒントを出し過ぎて、せっかくの高難度のビンカンポイントがそのヒントでわかってしまい、この企画最大の魅力であるカタルシスが失われてしまっていたが、今回はそこまで露骨なヒント(特に高得点部分)は少なく楽しめた。

新大久保の「韓国横丁」やテレビ朝日本社、映画の完成披露記者会見が舞台。「韓流ポスターが全部上田の顔」といったくだらないものから、「店員が三つ子」「ハングル文字っぽく『ビンカン』と書かれている」といった難度の高いものまでバランスもいい。三つ子の佐藤三兄弟は『Going!』で上田と共演経験あるというのも、上田の気づかなかった悔しさを増長させていてよかった。

広瀬アリスや室井滋も登場した最終ステージの完成披露記者会見。予告編にビンカンポイントを入れ込むなど手の込んだ仕かけもあり、「300点」の最高難度のビンカンポイントも往年の「ビンカン選手権」を思わせるキャスティングと仕かけでカタルシスがあった。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太