インディアンス田渕と納言・幸のじれったい関係にオズワルド伊藤「いい女って待ってくれないからね!」(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ロンドンハーツSP』

「M-1ファイナリストってどんな人?キャラ掘りドッキリ2時間SP」と題したスペシャル。

錦鯉・長谷川は仕掛け人となって、恩人への偽インタビュー中に「まさのりサンバ」で乱入するというドッキリ。最初の恩人はザコシショウ。「(SMAに入って長谷川が)オジさんだからと打ち解けられずにいて、ライブ終わってからしょんぼりして帰ってたんで『じいさん、じいさん、飲みに行こうや』って誘ったのが(仲よくなった)きっかけ」「ずっと、売れてほしいなって思ってましたからね。愛弟子っていうかね」「イケるなって確信してた」「やっとスタート地点に立てた」などとまじめに愛情たっぷり語るザコシショウに、仕掛け人であるはずの長谷川が号泣。「まさのりサンバ」のイントロが鳴っても動くことができないほど。

“乱入”したあとも『M-1』直後かのように涙が止まらない長谷川に呆れて笑うザコシ「何回泣いてんだよ!」。

インディアンス田渕には納言・幸との恋愛ドッキリ。以前「ラブマゲドン」でカップル成立したふたり。もともと仲がよく「ストレートに女性が喜ぶ言葉をサラッと言える」ところが好きだという幸は各所で田渕のことを「好き」だと公言しており、「好きと言い過ぎているせいで、あぐらをかいてる」のではないかと、「彼氏ができたため今後飲みに行けなくなる」と別れを告げるドッキリを敢行。

飲みデート中の大人のふたりの自然な会話がとてもいい。田渕のスマートさもよく出ているし、『有田ジェネレーション』Paravi版の「スルメと幸」でも見せる幸の「いい女」っぷりもいっそうあらわとなっている。別れを告げるバックハグから呆然自失の田渕が幸を追いかけるシーンは、藤田ニコルが「『ロンハー』で初めてドキドキした」と言うように「いい男」と「いい女」の振る舞いで胸がキュンとなる。とてもいいラブストーリーだった。

芸人カップルの「パイオニアの俊たん」ことオズワルド伊藤「じれったい。いい女って待ってくれないからね!」。

『有ジェネ』の「スルメと幸」に対し『ロンハー』では「田渕と幸」が真逆の味わいで強力なコンテンツになりそう。

モグライダーにはW落とし穴ドッキリ。ともしげが可笑しいのはもとより、芝がポケットに手を入れたまま落ちる所作が美しかった。

『空気階段の空気観察』

メガネ×ひげ×コント、さらにはサッカーと卓球がそれぞれ得意と、キャラ被りが激しいザ・マミィと対決。

実際、「ホリケンさんが僕たちのことを空気階段だと思って話しかけてきた」と林田もキャラ被りを証言。ひげ対決、メガネ対決、早泣き対決などと進んでいき、最終対決は異種卓球対決。「今までの対決は関係ない」とかたまり。この勝負に勝ったほうが勝利となる。

サッカー経験のあるかたまりと林田がヘディング卓球、後半はもぐらと酒井に交代しガチ卓球対決するというもの。酒井は中学3年間卓球部で目黒区ベスト8で都大会出場。もぐらは千葉県東総地区優勝、県大会ベスト16とちょうど同じくらいのレベル。一方、林田は中・高サッカー部、長崎市でベスト4、かたまりは小中高サッカー部、中学時代、岡山県大会で優勝し中国地方大会出場とかたまりに分があり、実際、ヘディング卓球対決は5-1でかたまりが圧倒。

そのあと、卓球対決になると、経験者同士ならではのちゃんとした「卓球」の勝負に。酒井が4点差スタートを跳ね返し10-10のデュースになる激闘。見た目やキャラクターだけでもこれだけ被るコンビも珍しいけど、スポーツ歴もここまで被るというのは奇跡に近い。本当にいいライバル。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。