「同期と飲んでたら売れない!」トガった後輩はただの変人だった<納言・薄幸の酔いどれコラム#13>

2022.7.2

若手芸人にとって、お笑いの賞レースは人生を左右する大きいイベントだ。

『ツギクル芸人グランプリ2019』では、納言は最弱ファイナリストのレッテルが貼られたようだが、その3年後に太田プロの後輩であるストレッチーズは見事優勝!

今月は、賞レースとストレッチーズの裏話が盛りだくさんです。


納言は最弱ファイナリスト?

『ツギクル芸人グランプリ』という大会がある。
名前の通り、次に必ず売れる、必ず来るであろう芸人を決める若手の大会。今年で3回目。

私達は、第一回2019年に出場している。
個人的に大変思い入れの深い大会だ。

『ツギクル芸人グランプリ』は、1stステージから勝ち上がった3組がファイナルステージに進出し、そこで最も多く票を集めた芸人が優勝となる。
私達は第一回のツギクルで、ファイナルステージまで進出する事が出来た。

ただ、1stステージはボロボロに敗退している。
1stステージ終了後、審査員からネタの感想を貰う時間がある。
よく覚えている。

“納言は治安が悪い。僕はあんまり発言したくない”

ざっくりまとめると、審査員全員こんな感じの感想だった。

第一線で活躍されている審査員の方ばかり。
流石だ。
悪口しか言わないネタをする私達を褒めようものなら、自分達に被害が及ぶ可能性がある。
ある種の危機管理能力なのだろう。
すっごい、私達に絡みたく無い様だった。

得票も0。

全員かが屋に入れていた。

見事なまでに敗退した私は、岡野陽一さんと歯溶けるまで喫煙所で煙草を吸って、大会の終わりを待っていた。
1stステージ全組が終わった後、ファイナルステージ進出組以外がステージ裏に並ばされた。
第一回目は1stステージで敗退した芸人の中で、審査員が決めた1組だけファイナルステージに進出出来る、ワイルドカードという枠があった。
そのワイルドカードに選ばれた芸人を発表する為だ。

全員残るひと枠に望みを託し、お祈りのポーズをしていた。
私も、皆のマネをしてみた。
審査員から発言を控えられる様な奴が、そんな訳が無いから、格好だけマネしてみた。

「ワイルドカードは、、、」

MCのこじるりさんが、最高な間をとって進出者を発表する。

「、、納言です!」

納言なのかよ。

正直な感想

“やっべー”

だった。

プロ意識が欠落しているとしか言えないのだが、完全に諦めていたから、次のネタ合わせを一回もしていなかった。
ほんっとうに岡野陽一さんと煙草を吸っていただけだった。
たまたまその時隣に立っていた岡野陽一さんが“やったな!”という意味で肩をポンと押してくれた。

ニコッと笑ったその笑顔。
確か歯、6本溶けていた。

ワイルドカードに選ばれた理由は
「納言を応援していると思われたくない。無記名のワイルドカードなら自分が選んだ事がバレないから」
審査員全員、そんな感じだった。

どうにかこうにか、急いでネタ合わせをして、無事ファイナルステージを終える。

最終得点。
また、0票だった。

1stステージ:0票
ファイナルステージ:0票
総獲得票数:0票

最弱ファイナリストの誕生だ。

結果、誰にも応援されず辱めを受けただけに終わった私達の『ツギクル芸人グランプリ』だったが、この後すぐに審査員をしてくれたプロデューサーさんから仕事を貰ったり、他の番組にも沢山出る事が出来た。

心から感謝している。

ちなみに第二回からは、このワイルドカードというシステムは排除されていた。
最弱ファイナリストのせいでは無い事を祈るばかりだ。

“笑い方が下品な奴”と“変人”のコンビが優勝

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

薄幸(納言)

(すすき・みゆき)お笑い芸人。1993年生まれ、千葉県出身。安部紀克との男女コンビ「納言」のメンバー。「三茶の女は返事が小せえな」「渋谷はもうバイオハザードみてえな街だな」など“街ディス”ネタが人気のコンビ。バラエティでは薄幸のヘビースモーカーっぷりや大酒飲みのやさぐれキャラクターにも注目が集まって..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太