コロナ禍、家で1人飲みコールし気づく。「私は大好きな人と飲む酒が大好きなんだ」|納言・薄幸の酔いどれコラム#3

2021.6.29
納言

さまざまなことが制限され、我慢の多い生活を強いられる「緊急事態宣言」。

一見、マイナスなことばかりが頭に浮かぶが、納言・薄幸はそのなかで、今まで気づけなかったありがたみを感じたり、新しいことを経験したりと、得るものはたくさんあったと語る。

薄幸、限界につき“家で1人飲みコール”

去年の話。

“納言・幸の冷蔵庫がテレビに出過ぎ”

そんな様な事を、オードリーの若林さんがラジオで言ってくれた。別に超最新冷蔵庫を持っているから、通販番組でよく見るだとか、そんな話じゃあない。

1回目の緊急事態宣言が出された際に、今までスタジオで行っていた収録が難しくなった事によって、自宅からのリモート出演が激増した。

当時私が1人で住んでいた部屋は

「クッソ!ふざけんなよ!馬鹿!クソ!オメェのせいで敵にやられたじゃねえかよ!クソ!馬鹿!クソだってばよお!」

といった、まあ推測だけど、ユーチューバーにしては珍しい、語彙力皆無ゲーム配信系ユーチューバーである隣人の罵声が毎日聞こえる位の壁薄ボロ狭アパートだった。

そんなボロ狭アパートに住んでいたから、中古で買った元々白色であったであろう、くすみクリーム色の冷蔵庫の前以外に撮影するスペースが無くて、毎回そこからリモート出演していた。

日本中が困惑した1回目の緊急事態宣言中、1番テレビに出演した冷蔵庫は、私のくすみクリーム色冷蔵庫だ。それだけは、自信を持って言える。

納言
納言・薄幸と、リモート収録で相方の安部よりもテレビに出ていた冷蔵庫

冷蔵庫前でしかテレビに出られない事も問題だけど、そんな事よりももっと重大な問題があった。

それは、人と飲めない事。

緊急事態宣言前の私は、毎日の仕事が終わった後に”飲みに行ける人を探す”という、もう一つの大切な仕事をしていた。

“飲みに行ける人を探す”

それはそれは何よりも大切で、何よりも楽しい仕事。それが出来なくなった。「暇だなあ。寂しいなあ。」そんな事を思いながら、1人で飲む毎日。どうやら、限界が来たのであろう。気がついたら、家で1人、飲みコールをしていた。

“次の~その次の~その次の人は~飲まなくていい~!そのまま次の人が飲むよ~飲んで飲んで飲んで~”

以前深夜のカラオケで芸人仲間達と歌っていた、サカナクションの「新宝島」の替え歌の飲みコールを、家で1人でやっていたのだ。

1人だから、もちろん私の次の席に座っている人なんて居ない。強いて言うなら、私の次の席に座っている人は、語彙力皆無ゲーム配信系ユーチューバーくらいだ。

前までは深夜、下手したら朝まで飲むのも、なんて事なかったから気付かなかった。もちろん酒が好きだけど、私は人と飲む酒が好き。

大好きな人と飲む酒が大好きなんだな、と緊急事態宣言を受けて初めて思った。

納言
くすみクリーム色冷蔵庫の中には、おびただしい数のお酒が常備されている

インスタライブで知った、“人の優しさ”と“新しい交流方法”


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全2枚)


ARTICLE LIST

薄幸(納言)さんの関連記事一覧

薄幸(納言)さんの
新着・人気記事をお知らせします。