BTSのサプライズ登場に感動の涙。TOMORROW X TOGETHERとの夢のコラボも実現(BTSコメント全文掲載)【『&AUDITION - The Howling -』レポート#6】

『&AUDITION - The Howling -』レポート#6

文=坂井彩花 編集=森田真規


世界で活躍するアーティストを生み出すべく、BTSの生みの親でHYBE議長のパン・シヒョクがスペシャルアドバイザーを務め、HYBE LABELS JAPANが仕かけるオーディション『&AUDITION』。その模様を追いかける番組『&AUDITION - The Howling -』(読み:エンオーディション ザ・ハウリング)の第5話では、3ラウンド“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”の中間評価や本番の様子が配信された。

8月13日に公開された第6話では、4ラウンド“BTSミッション”に挑む15人の姿やTOMORROW X TOGETHERとの懇親会、BTSがサプライズ登場する模様が届けられた。


3ラウンドで獲得した&BALLは?

各チームが3ラウンドのパフォーマンス、評価を終え、獲得した“&BALL(エンボール)”をすべて“&RING(エンリング)”に投入すると、現在の進捗を確認すべく再び15人はステージに集まった。そして、&RINGが68%まで到達したことが告げられた。

3ラウンドの目標値である35%以上を達成し、安心した面持ちのメンバーたち。メンターのソン・ソンドゥクからは、「皆さんの努力が成果として&BALLに表れたのだと思います。ファイナルラウンドへ進むためには、残り32%以上の&BALLが必要です。チャンスは一度きりだということを忘れず、今回もらったフィードバックをちゃんと見直して、準備して来てください」とエールが送られた。

「TOMORROW X TOGETHERと会える権利」をかけたサプライズミッション

プロデューサーたちが会場から去ると、メンバーの緊張がふっとほどけた。それを見計らったかのように、4ラウンドが“BTSミッション”であることが発表される。15人は「信じられない」という表情を見せつつ、憧れの先輩アーティストの楽曲をパフォーマンスできることへのプレッシャーや喜びを口にしていた。

4ラウンドのミッションが与えられた数日後、練習室でメンバーがストレッチをしていると、“BTSミッション”の全貌が告げられた。今回のミッションでは、2チームに分かれてボーカルを中心とした1曲とパフォーマンスを中心とした1曲の合計2曲を披露する。

Aチームのメンバーは、NICHOLAS・EJ・HAYATE・JUNWON・YUMA・JO・HARUAの7人。ボーカル曲は「Film out」、パフォーマンス曲は「RUN」に挑戦する。Bチームのメンバーは、K・TAKI・FUMA・GAKU・HIKARU・MAKI・MINHYUNG・YEJUNの8人。ボーカル曲は「Lights」、パフォーマンス曲は「Black Swan」に挑戦する。

また、両チームのメンバーが発表されるやいなや、チームごとでBTS「DOPE -超ヤベー!-」の1番のサビを1時間以内でマスターするサプライズミッションも発生。メンバーは短い時間で集中し、練習に打ち込んでいった。

練習時間が終了すると、パフォーマンスディレクターの井上さくらが登場。「これって審査?」と動揺するメンバーをよそに、井上は「どっちのチームが上手にできるか、しっかり評価していきたいと思います」と宣言。勝ったチームにはベネフィットが与えられることも伝えられた。

Bチーム、Aチームの順で披露されたパフォーマンス。結果的にBチームが勝利し、ベネフィットである「10日後にTOMORROW X TOGETHERと会える権利」が与えられた。


TOMORROW X TOGETHERと夢のコラボが実現!

サプライズミッションから10日後、「いよいよTOMORROW X TOGETHERに会える」と期待に胸をふくらませるメンバーたち。しかし、部屋に入るとスタッフから「急な予定によりTOMORROW X TOGETHERは来られなくなりました」と告げられてしまう。

メンバーたちは残念な気持ちを隠し切れない様子だったが、代わりに用意されたTOMORROW X TOGETHERからの応援動画に大興奮。特に名前を呼ばれたBチームの面々は満面の笑みを浮かべていた。

その後、TOMORROW X TOGETHERが用意してくれた差し入れが並ぶ部屋に通され、大興奮。彼らの新曲を聴きながら食事をしていると、なんと来られなくなったはずのTOMORROW X TOGETHERの5人が登場! しかも、『&AUDITION』メンバーたちのためだけにダンスを披露。思わぬサプライズに15人は驚き、目を疑い、たじろいだ。

TOMORROW X TOGETHERが用意してくれたご馳走を頬張るメンバーたち (c)HYBE LABELS JAPAN
TOMORROW X TOGETHERが用意してくれた差し入れをほおばるメンバーたち (c)HYBE LABELS JAPAN
サプライズ登場に驚いた様子のNICHOLAS(写真中央) (c)HYBE LABELS JAPAN
サプライズ登場に驚いた様子のNICHOLAS(写真中央) (c)HYBE LABELS JAPAN

TAEHYUNは、席につくやいなや「映像では来れないと言ったけど、来ないわけないでしょう!」とひと言。練習生たちはすぐ近くにTOMORROW X TOGETHERという憧れの存在がいる状況が飲み込めていないようで、さっきまでとは別人のように大人しくなっていた。

食事も落ち着いたところで、事前に書いていたTOMORROW X TOGETHERへの質問をもとにQ&A大会を開催。「今の僕たちに一番必要なアドバイスをください」「内気な性格をどうやって乗り越えればいいですか?」などの質問に、5人が丁寧に答えていった。

さらには、FUMAが「僕たち2ラウンドで『5時53分の空で見つけた君と僕[Japanese Ver.]』をやったんです」と声をかけたことから、TOMORROW X TOGETHERと一緒にダンスをする展開へ。さらに、MINHYUNGがひとりでTOMORROW X TOGETHERと「9と4分の3番線で君を待つ」を披露する流れにも発展。思いもよらぬコラボが実現し、『&AUDITION』のメンバーたちにとって夢のようなひと時がもたらされた。

TOMORROW X TOGETHERとの記念写真 (c)HYBE LABELS JAPAN
TOMORROW X TOGETHERとの記念写真 (c)HYBE LABELS JAPAN

BTSから届いた応援メッセージ(全文掲載)


この記事の画像(全15枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太