SEVENTEENの楽曲と向き合った3チーム。新たな壁に直面して涙するメンバーも【『&AUDITION - The Howling -』レポート#5】

『&AUDITION - The Howling -』レポート#5

文=坂井彩花 編集=森田真規


世界で活躍するアーティストを生み出すべく、BTSの生みの親でHYBE議長のパン・シヒョクがスペシャルアドバイザーを務め、HYBE LABELS JAPANが仕かけるオーディション『&AUDITION』。その模様を追いかける番組『&AUDITION - The Howling -』(読み:エンオーディション ザ・ハウリング)の第4話では、3rdラウンド“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”序盤の様子や、バラエティセンスを試す“バラエティミッション”に挑戦する15人の姿が配信された。

8月6日に公開された第5話では、3rdラウンド“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”の中間評価や本番の模様が届けられた。


達成度30%という現状を再確認

本番当日、早朝6時にメンバーたちは会場に到着。本番会場を確認すべくスタジオに向かうと、今まで以上に広いステージが15人を出迎えた。「めっちゃ広い」「ちょっと怖いね」と戸惑うメンバーをよそに、リハーサルはすぐに行われた。

リハーサルを終えた3チームが舞台裏で最終確認をしていると、ステージには4人のプロデューサーが集合。少し間をおいて、メンバー自身の意見が反映された衣装に身を包んだ3チームが出そろった。

本番を始める前に、3rdラウンドの“&BALL(エンボール)”配布についての説明と“&RING(エンリング)”の現状確認が行われた。今までと違い、今回はパフォーマンスが終わったらすぐにチームごとに&BALLをチェック。お互いのもらった個数を、把握し合うことになる。また、2ndラウンド終了後時点の&RINGは30%しか満たされておらず、残りの2ラウンドで残りの70%を満たさないとファイナルラウンドに進出することができなくなってしまう。

また、3rdラウンドの評価ポイントは“チームワーク”と“創作ダンス”となる。今回はワンショットカメラによる個人評価は行われない。

リーダー・FUMAの成長が際立った「C Riders」

トップバッターを飾ったのは、FUMAがリーダーを務める「C Riders」チームだ。“男前”をコンセプトとし、エナジーあふれるパワフルなパフォーマンスを追求して練習に励んできた。課題曲は「CALL CALL CALL!」。

中間チェックでは、ダンスに集中し過ぎて<すぐ行くよ>というフレーズを全員が歌い忘れてしまうハプニングが発生。「誰も“すぐに行かない”やん」と、パフォーマンスディレクターの井上さくらから指摘を受けた。また、プロデューサー・サウンドディレクターのSoma Gendaは「自分のパートをちゃんと歌う。その上で、みんなでつないでいく練習をしたほうがいいね」とアドバイスを送った。

中間チェックを経てFUMAは、「自分のやりたいことばかり詰め込み過ぎて、引き算ができていなかった。チームのリーダー役ができていない」とチームマネジメントの至らなさを反省した。

そして本番パフォーマンスの直後、メンターのソン・ソンドゥクから「練習どおりにできたと思いますか?」と尋ねられると、FUMAは「実はよくわかりません。でも、今までのミッションで最もアイドルらしいパフォーマンスだったと思います」と答えた。その回答を受けてソンは、「創作ダンスについて話さないわけにはいきませんが……よかったです。SEVENTEENオリジナルの振り付けに、影響されていなかったのもよかった」とチームのクリエイティビティを褒め称えた。

中間チェックでは渋い反応を示していた井上だったが、本番を観たあとには「MINHYUNGが今回のラウンドで成長した。『FUMAくんのおかげで成長しました』と言える気持ちがMINHYUNGにも芽生えたことに、ちょっと安心しました(笑)」とうれしそうに話した。

Somaも「中間チェックのときよりもブラッシュアップしてきたことが、すごく感じられた。あと今日のFUMAはいい顔してるな、堂々としてるなと感じられて、今までのFUMAとはちょっと違う印象があった。それがすごくよかった」とコメントし、プロデューサー陣から全体的に高評価を得ていた。

堂々たるパフォーマンスを見せた「C Riders」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN
堂々たるパフォーマンスを見せた「C Riders」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN

審査員の評価が終わり、ロッカーに入れられた&BALLを確認するC Ridersの面々。NICHOLASは安堵の表情を浮かべ、MINHYUNGはうれしさのあまり両手でガッツポーズ。清々しい気持ちで控室に戻って行った。

デビュー組のKには課題も

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太