ザ・マミィ林田洋平「島に行ってきた」【QJWebカメラ部】

文・撮影=林田洋平


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストやお笑い芸人による連載「QJWebカメラ部」。

金曜日はザ・マミィ林田洋平が担当する。『キングオブコント2021』では、準優勝に輝いたザ・マミィの頭脳、林田。そんな彼は、自身のインスタグラムで発信するエモーショナルな写真も話題となっている。林田が日常の中で、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


全身で感じた夏

先日、ちゃちゃっと「島」に行ってきた。

写真=林田洋平(ザ・マミィ)

東京から「島」に行くなんて2~3日の休みがないと不可能だという、僕の中の勝手な固定観念を見事覆すことに成功した。

ちゃっと行ってちゃっと帰ってこれた。ちゃんと最高に「島」だった。

広い空。青い海。濃い緑。優しい人。

人口は200人ほどの島で、港の前に小さい集落がある。島をぐるっと回る途中に、本来歩くべき太めの道路を少し逸れてしまった結果、地図を見ながらだときっと来れなかったであろう小高い丘の上に辿り着いた。そこから見える景色がすごくきれいで、うれしかった。

雲がめちゃくちゃ夏で、それまでのしつこい暑さが一気にアリになった。あの雲があるときだけは、めちゃくちゃ暑くても許せる。突き抜けて夏なんだと諦めがつく。諦めさせてくれてありがとう、雲。

写真=林田洋平(ザ・マミィ)

夏を全身で感じながら汗だくで集落の路地を抜けたところに、あまりにも都合のいいタイミングと場所でかき氷の旗が揺らめいていて、まんまと吸い寄せられた。

写真=林田洋平(ザ・マミィ)

「うしろにお客さん並んでないから、特別に味を増やしていいよ」と、イチゴにメロンをサービスをしてもらった完璧かき氷を、港の見えるとっておきの場所でグラビア撮影していたら、帰りの船がやってきて、慌てて丸呑み、頭キンキンで帰路についた。

島、楽しかった。

最近「できないと思っていたことがその気になれば案外できる」という体験が増えてきている気がする。
もうすぐ30歳。明日からも、まずはなんでもやってみる。

写真=林田洋平(ザ・マミィ)
QJWebカメラ部
【連載】QJWebカメラ部は月曜から土曜日まで毎日更新中です。QJWebカメラ部https://qjweb.jp/series/photograph-diary/

加賀翔(かが屋)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、長野凌大(原因は自分にある。)、林田洋平(ザ・マミィ)、森田美勇人が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全64枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太