マツコが「成り行きでこんな愚かなことをしてしまうって素敵」と評すマンガ家・東村アキコの“副業”(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『マツコ会議』

ゲストはマンガ家の東村アキコ。だが、マンガ家としてよりも彼女がやっているお笑い事業をフィーチャー。

東村は2016年にお笑い事業に進出、事務所(東村プロダクション)を立ち上げ、事務所ライブでは毎回MCを務め、2019年に歌舞伎町にキャパ70人のお笑い劇場を新設したという。それを聞き「あぁ……せっかく成功したのに……」と天を仰ぐマツコは、東村の姿を見て「一見して、変なことにお金を使いそうなタイプ」と評す。

知り合いの芸人からお笑いライブを主催してくれませんかと相談されたのがきっかけだと説明を受け「大変だろうなって思う反面、成り行きでこんな愚かなことをしてしまうって素敵」とつづけるマツコ。「この小屋に出てる子たちがどれだけこの心意気を買って、死にもの狂いでがんばるかが問題」だと。これに「すごいですね、まさに本当にそう!」と強く同調する東村。「こうやってやってあげたら、がむしゃらにがんばるのかなって思ったんだけど、安住の地を得ちゃって、あんまり努力しなくなった」。

開始数秒で息の合ったトークになる相性のよさ。そもそも東村のトーク力もずば抜けている。「スーッと吸い取られていく」という東村プロダクションの芸人たちが登場。「一番売れているうちのエース」と紹介されたDB芸人のヤムチャ(バードフミヤ)らがネタを披露していくなか、オトすのは絶妙なタイミングでカットインしてコメントする東村。マツコ「東村さんががんばればがんばるほど、東村さんのおもしろさしか見えなくなる(笑)」。

東村アキコ本人にその気さえあれば、すぐにでもテレビに引っ張りだこになる才能だなと改めて思った。

『脱力タイムズ』

普段は「コンプライアンス委員会」のコーナーに出演しているヒコロヒーがゲスト側に。テレビ業界のコンプライアンス事情として「罰ゲームの境界線」を検証する企画。

もうひとりのゲスト、若村麻由美と共に本当は臭くない「激臭くつ下」や本当は痛くない「激痛マッサージ」などを受けるのだが、若村が絶品の名演技リアクションを取るのに対してヒコロヒーはあまりうまくなく、解説員から「コンプライアンス的には問題ありません」と「コンプライアンス委員会」の決めフレーズをされる始末。だが、これで終わらないのがこの番組のすごいところ。番組終盤にはいつものように「コンプライアンス委員会」のコーナーが。今回はヒコロヒーが審査される側かと思いきや、彼女はいつもの審査する席に。その真相はネタバレなしで観てほしい、そして観返すとまたおもしろくなる仕掛けで素晴らしかった!


『イワイ・オンライン』

ハライチ岩井のPC画面だけで進む番組。まず『ハライチのバズったやーつ』なる番組のリモート打ち合わせの模様が映る。その後、ネットショッピングをしたり、猫の動画を観たりしつつ、番組の台本を直していったりしている。

そんななかで、マネージャーから澤部と連絡がつかないと電話。「知らねーよ、個室ビデオでも行ってんじゃねえの?」と答え電話を切る岩井。身分を隠して「今夜も寝かさナイト」という生配信番組をしたりしているが、その後も焦ったマネージャーから連絡が立てつづけに入る。その間、変な音がしたり不穏な感じがしていくなか、澤部失踪の真相が明かされるが、これまた『脱力タイムズ』同様、ネタバレなしで観て、さらにさまざまな伏線を観返したい仕掛けでおもしろかった!


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太