「今年聞いた中で一番怖い話」とマツコが驚いた有吉の「狂気」の習性(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『かりそめ天国』

「ヘトヘトに疲れている時に食べたいものは?」という話題で「深夜だろうがなんだろうがトンカツ食べちゃう。自分で揚げて」と疲れ果てて帰ってきた真夜中でも自分で揚げ物を揚げると答え、「じゃないと俺は気力が持たん! トンカツを食わんと!」と熱を込めて言う有吉に「今年聞いた中で一番怖い話」「ダントツで狂気性を帯びてる」とマツコ。「カットしてあげたら?」と笑うと、有吉「俺っていう人を知ってほしいよ!(笑)」。

一方、マツコはまたも近所のコンビニの外国人店員の気遣いを褒める。「その話何回もしてるよ!」と有吉に指摘されると「ちょっと好きなの、今」と少し照れるマツコ。「惚気けたいの! あたしも恋をするんだって言うのをみんなに惚気けたいの!」。

『ラヴィット!』

スタジオゲストに爆笑問題・田中。『ラヴィット!』は妻・山口もえのマネージャーが大好きで、一番喜んでたと言い、山口もえからも「『ラヴィット!』だからね! 頑張ってよ!」と圧がスゴかったという。オープニングトークのテーマは「GW行ってみたいスポット」。宮下が六本木でやっている「アベンジャーズ展」を紹介すると「近いから」となんと本番中に行ってみる展開に。

田中は「佐々木朗希選手を生で見たい」。これを受け、佐々木が登板するかもしれない5月8日の観戦チケットを賭け、川島が操作する佐々木と田中が操作するジャイアンツ打線で『パワプロ』対決をすることに。3アウトを取られる前に1点とれば田中が勝ちというルール。

『ファミプロ』しかやったことがない田中に対し『パワプロ』に「人生を捧げた時期がある」という川島が有利かと思われたが、1アウトを取られたあと、2番・坂本がセンター前ヒット。続く丸がタイムリー2塁打を打ってあっさり田中の勝利。しかし、田中は4番・岡本の打席もやりたいとゲームをつづけると、なんと初球を捉え2ランホームラン。これに大はしゃぎの田中。

が、チケットをもらう段になって、8日が日曜日で『サンジャポ』と『日曜サンデー』の生放送があることが発覚。「TBSならわかってたよね?」と田中が唖然とするなか、チケットは視聴者プレゼントに。番組のエンディングでそのキーワードを田中が「#宮下おかえり」と設定。宮下が「アベンジャーズ展」から戻ってきたのに誰からもそのことに触れられなかったため。誰よりも田中が『ラヴィット!』に馴染んでいて満喫していた。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太