「“ZAZY”は大丈夫。“赤井”は壊れそう」キャラと本人が乖離する芸人の苦悩(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『あちこちオードリー』

「常連さん」「絶望おじさん」こと板倉による「絶望の兆しチェック」。今回のゲストは「絶望のイメージがない」と若林が言う、なすなかにし、足立梨花、ZAZYの3組。

なすなかは「ロケの匠」などとスタッフに求められることをやり過ぎてすり減ってしまい、「危ない」と板倉は言う。コンビで「芸風が同じ」だと板倉は評し、ヒロミとこぶ平のロケが好きだったと前置きした上で、なすなかは「Wこぶ平」だとたとえる。足立梨花は尽くし体質らしい恋愛話をぶっちゃけ、若林らを驚かせた。

そんななか、根深い悩みを吐露したのがZAZY。遠慮しないで自由にできるキャラではないかと言われるも「ZAZYはそうなんですけど、赤井俊之の部分が……」と本来の自分の人格とキャラに乖離があることを明かす。

するとゆっくり掘り下げたいと若林が前のめりに。ZAZYはテレビ収録に対して「もっとディスカッションしてくださいよ」と不満を漏らす。打ち合わせは台本1枚で「よろしくお願いします」と言われ、本番が終わったら「なんか違かったな」となってしまう。「もっと(打ち合わせで)言っといてくれたらやるし」と思うと。どういう意図で呼ばれたかわからないときがあるというが、「その日、ZAZYが強かったら(スタッフに)聞ける」が、「あんま調子よくないときって、赤井が強い」。

「赤井」は遠慮がちで根暗。人ともしゃべれないのだと言う。ZAZY「赤井が怒られてるときは、ZAZYが俯瞰で見てるし、ZAZYがスベったときは赤井が俯瞰で見てる(笑)」。

そんな話を聞いた板倉は「“ZAZY”は大丈夫。“赤井”は壊れそう」と語る。もともと、奇抜なネタに見た目とか名前を合わせて「ZAZY」というキャラを作ったが、「人間がまだついていってない」と。ZAZY「ZAZYのメッキがまだそんなに分厚くないんで、剥がれちゃうんですよね」。

確かに振り返ってみると、あのとき「赤井」が出ていたんだなと思う場面が多々ある。『マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)』でも「まじめなのに変人を演じているが、実はやっぱり変人」と評されていたが「赤井」の変な部分がたまらなく魅力的だ。「赤井」のとき、眉毛が直角になる困り顔のクオリティが「西田敏行さんくらい」と板倉は絶賛。「赤井」と「ZAZY」に惹かれた様子の若林「また来てほしい!」。

『午前0時の森』(火曜版)

番組開始から3カ月が経ち、業界人、慶應義塾放送研究会、有名人などさまざまな人に番組の評判を聞いてみたという。

「有名人」の野口聡一は「報道番組からのギャップがいい」「CM入りボタンを活かし切れていない」などと評し、部活感があるふたりのトークがいいと。だが一方で「若林が水卜と仲よくし過ぎ」と指摘。「(水卜は)みんなのマネージャーだから!」。

研究会の学生からは「ラジオのような空気がいい」「どういう方向性に行きたいかわからない」「ハプニング性があるといい」などと講評。

これらに対し「わざと起こすハプニングほどサムいものはないでしょ? ハプニングが起こる装置としての企画が必要だよね」と若林。「方向性がわからない」という評に対しては「(番組スタッフ・出演者)みんなそうなんですよ。俺と水卜ちゃんのトーク番組なのか企画をやる番組なのか、何やる番組かわかんないんだよね」と同意。回ごとにディレクターが違い、チーム感はないという。

ここで「ちゃんとさ、担当ディレクターの名前、オープニングで出せば?」と提案。これはこの番組にかかわらず個人的にずっとそうしてほしいと主張していたことで首がもげるほどうなずいた。ドラマにしろ、映画にしろ、小説にしろ、エンタメは作り手の名前で観るということがあるのだから、バラエティだってちゃんと名前を出すことが当たり前になれば、佐久間宣行や藤井健太郎のようなごく一部の有名な作り手だけではなく、そういう理由で観る人も少しは増えるはず。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太