『R-1グランプリ』決勝の模様と審査員コメントを振り返る(てれびのスキマ)

R-1

テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『R-1グランプリ2022』

時間がなさすぎてバタバタ感がハンパなかった昨年の反省を踏まえてか、ファイナリストや審査員の人数を減らし、時間がかかってしまう視聴者投票もなくす英断により、せいやが「サザエさんの時点で押してる」などとボケる余裕も生まれ、ストレスなく観れる大会になった。また、前回はしつこいくらい使っていたテーマ曲「バレる!」も、要所要所だけにとどめているのもよかった。

何より、審査コメントをじっくり聞けたのがよかった。なかでも、最初の挨拶こそ「(長州力のモノマネで)ピン芸の形を変えてしまうぞ」とボケていたザコシショウの真摯なコメント(特に寺田に対してのコメントは彼だけでなくすべての芸人に通ずることだろう)や、バカリズムの点数の付け方が光った。

トップバッターのkento fukayaにひとりだけ80点台の「84点」をつけ、一見厳しい評価だけど、そのあとも一貫した点数をつけていたバカリズム。自身が新しいシステムを作りつづけている故か、ちょっとしたアイデアでは評価が低く、逆に、作り込んだひとりコントの吉住と、金の国・渡部おにぎりには90点台を付けていたのが興味深い。ZAZYの衣装に対し、せいやが「ZAZYに課金し過ぎ!」と形容したり随所に笑いを差し込んだ霜降り明星の司会も安定感があった。

1位のZAZYと2位が1点差。しかも2位にお見送り芸人しんいち、吉住、おにぎりが並ぶ大激戦。決選投票では、陣内だけが一番点を高くつけていたおにぎりに入れずにしんいちに票を入れたことで、しんいちがファイナル進出。1票差で敗れた吉住は「この中、エロい格好してるんで見せたかった」と2本目準備のために隠している衣装を使った見事な敗者コメントボケ。個人的には吉住の2本目が観たかった!

両者がラストイヤーの最終決戦。1本目ではZAZYを最も高く評価したザコシ、野田が意外にもしんいちに入れた(この理由は聞きたかった)こともあり、3-2で辛くもしんいちが勝利。ふたりともが立てずに座り込んで涙するシーンが印象的だった。その際、ZAZYのメガネに金の紙吹雪がつく奇跡。まったく納得がいっていないZAZYの表情にも胸が締め付けられた。

「10年以上の先輩もめっちゃおもしろい人いっぱいいるんで、ライブとか来てほしい」と号泣しながら言うしんいち。その姿は、自身が「好き~♪」と小バカにするタイプそのもののような振る舞いだったのが可笑しい。優勝したしんいちを筆頭に全体的に“性格が悪い”感じなのが、とてもよかった。あと、ファイナリスト全員がポーズを決める画で、吉住が宣材の“吉住ポーズ”を決めていたのがツボだった。

以下、審査コメントの抜粋。

・kento fukaya

kento fukaya
kento fukaya

陣内「フリップの可能性、ここまで来たかという。ツッコミもできるしすごく考えたなって。去年は92点つけたけど、進化したんで」(93点)

小籔「あれが並んだときに何が起こるかわからなかった。ピン芸の人がネタやるようなシステムじゃなかったんで。ちゃんと後半畳み掛けるところがあったり、絵を見たらオモロイとか」(92点)

バカリ「見せ方も凝ってておもしろかったんですけど、どうしても舞台上の本人以外の要素があまりにも大きかった」(84点)

・お見送り芸人しんいち

お見送り芸人しんいち
お見送り芸人しんいち

野田「こういうことをやられると勝てない。こっちがいろんなシステムを考えてるなか、普通に強い。全部性格悪かった」(95点)

ザコシ「第一に歌がうまいっていうのがこのネタの必要条件。まず歌がうまいのと、人に見られて嫌なところをすごく見てるからググっときちゃう」(93点)

バカリ「悪意のセンスも素晴らしい。歌ネタってどうしても単調になりがちだけど、そこを歌い方とか緩急をつけて最後まで走り抜けた」(89点)

Yes!アキト

Yes!アキト
Yes!アキト

陣内「ギャグの連発で一個一個はおもしろいんですけど、ネタとなったときの評価が僕は88点かなと」(88点)

野田「ギャグ1本で行くんだったらもっと強いのがあったらよかったなあって」(90点)

ザコシ「ギャグの羅列っていうのは僕も昔やったことあるんですけど、評価に値しなくて。それを凌駕するような爆発力が欲しかった。もうひとアイデア欲しかった」(90点)

吉住

吉住
吉住

陣内「哀愁と狂気が大好きなんですけど、僕はもうひと展開欲しかった」(91点)

小籔「僕はめちゃめちゃ好きなネタ。いい読後感のある小説読んだような。終わり方もよかった。油っぽいボケ連発じゃないけどずっとオモロイ。この人次何言うんやろ?ってすごい引っ張られた」(97点)

バカリ「着眼点もおもしろいし、細かいところまで丁寧に作っている。一見メッセージ性がありそうに見えて、実はたぶん本人が軽くバカにしてるだけなんだろうなって感じが僕は好き」(91点)

・サツマカワRPG

サツマカワRPG
サツマカワRPG

野田「大好きでしたね。『大会近い』っていうワードがなんでおもしろくなるんだろうって。やっぱ作り手に回ってくるほど、どうやってたどり着いたんだろうなって思って、得体が知れない」(96点)

バカリ「『大会近いもんな』でだんだん笑いが重なっていく前半は今のところ一番よかった。すごいワクワクしたんですけど、最後その期待しすぎたのかもうひと飛躍欲しかった」(88点)

ザコシ「面白かったんですけど『大会』がなんなのかで期待しちゃうんですよね。サツマカワのギャグみたいなのを。どうひとりコントの中に組み込まれてるかなと思ったんですけど、それが少なかった」(91点)

・ZAZY

ZAZY
ZAZY

小籔「本当におもしろい。これいつ思いついたんかわからんし、見終わったあともあんま覚えてない。でも要所要所めっちゃオモロイ」(98点)

バカリ「前半のリズムになっていくグラデーションとかすごい美しくて素晴らしい。最後の歌の部分、すごくくだらなくて好きなんですけど、言葉のチョイスなのかゴチャゴチャとなっちゃった。もうちょっとリズムと合ってたらなって」(86点)

ザコシ「ファーストインパクトがすごいじゃないですか。ただの変態ですからね(笑)。芸人はファーストインパクト大事。僕のやってる動画にも似てるというか。『鋭角六角』『鈍角六角』とか最高ですよね。去年の失敗をしないようにしてますから。そこポイントですわ」(95点)

野田「映像になったおかげでよりZAZYの脳内が見えた感じ。ZAZYっぽくなってよかった」(96点)

寺田寛明

寺田寛明
寺田寛明

陣内「言葉を大切にしてるっていうのが伝わってくる。尻上がりにおもしろくなっていったけど次の展開があれば」(90点)

小籔「ようおっさんが言う『ナマコ最初に食べたやつすごない?』みたいな、その一番上質なものを見せてもらった」(94点)

バカリ「題材も好きだし全部アベレージも高いんですけど最後ふたつ……ひとつでも爆発力のあるネタを持ってこれれば」(85点)

ザコシ「去年よりおもしろくなってる。大喜利力だけじゃなくてテレビで見てる人を意識するなにかが欲しかった。なんだろう、人間力というかね」(90点)

金の国 渡部おにぎり

金の国・渡部おにぎり
金の国・渡部おにぎり

陣内「かわいくてファンタジーがすぎたしワクワクした。コンパ行ったらエピソード尽きひんやろうなって」(93点)

バカリ「設定の勝利。状況がわかった瞬間にワクワクする」(90点)

明日観たい番組:テレビ東京のバイク×ラーメン番組『夜、駆ける。あの一杯まで。』スタート

『マツコの知らない世界』(TBS)「チャーハンの世界」「デコ電飾の世界」。

『華大さんと千鳥くん』(フジ)「7人全員成功で100万円!プレッシャーバトン」EXIT、めるる。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)「YouTube再生回数 ギリギリカウントUP」。

『作画プレゼン!刺さルール』(テレ朝)ZAZY、ゆめちゃん。

『夜、駆ける。あの一杯まで。』(テレ東)第一夜。くっきー!

『フリースタイルティーチャー』(テレ朝)広田ハヤト。

『ホリケンのみんなともだち』(テレ朝)Aマッソ。

『ぼる塾のいいじゃないキッチン』(テレ朝)「霜降り明星せいや×田辺さんの紅茶プレゼン」前編。

【関連】『R-1グランプリ』20代目王者・お見送り芸人しんいち、今後は「天狗にならず感謝を込めてやるだけ」


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太