『水ダウ』「ホンモノ。気ぃ狂ってる」チャンス大城も怯える大江裕のヤバい演技(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『水曜日のダウンタウン』

「大江裕なら裏の顔がどんなにヤバくてもさほど違和感なく受け入れちゃう説」という、タイトルを聞いただけでおもしろい説。

「大江は狂気を潜ませる目をしている」という説明に、松本が「ちょっとわからーん」とピンときていないのが意外だった。「演歌界の人って正直怖いじゃないですか?」と矢作が助け舟。「演歌とものまねはヤバい(笑)」。

ターゲットは、チャンス大城。表向きは腰が低い大江だが、ロケが始まると「大江(答える)」というカンペの意味がわからずそのまま読み、スタッフが意味を教えてもやはりそのまま読む奇行。これにチャンスは「ちょっと悩んでいると思う」と慮る。そんななか、裏でマネージャーに尋常じゃなく怒鳴っている大江。チャンス「岸和田のヤンキーや、絶対愚連隊や!」。

「歌ったら大至急水分補給」「海鮮丼を素手でいく」といった奇行も怖いが、何よりもヤバかったのが「休憩を挟むと記憶を失う」という設定。ついにはチャンスも「悩むとかよりただの嫌な奴かも」と思い始める。最後の絶景スポットでの撮影では崖を背に「押すなよ」と囁く被害妄想を剥き出しにした大江。「変な動きしてみい。こっちからいったんぞ」「そっちがその気ならやったんぞ」「絶対道連れにしたる」という言葉遣いに、キャッキャと大笑いする浜田。「マジでヤバい。ホンモノ。気ぃ狂ってる」と怯えるチャンス。「マジでヤバい可能性も捨てきれない」という検証結果がヒドいが、本当にそういう人だと思わせるくらいうまい演技で、そういう仕事が一気に入ってきそう。

『かまいガチ』

2回目となる「かまいガチダービー」。コロチキ、男性ブランコ、モグライダーの3組6名を偽のネタ番組で呼び出し、その行動を山内、フジモン、ヒコロヒーが予想していく。

第1レースは「意識高いやつは誰だ? 現場入り記念」と題し、現場入りする順番を予想。単勝を当てると2倍、馬単は5倍、3連単は20倍となるルール。芝は過去に1度だけ遅刻、ともしげは時々入り時間や場所を間違えたりする、男性ブランコは両者共一度も遅刻したことがない、コロチキも渋滞などで遅れることもあるが基本的に入り時間前に入っている、といったマネージャー情報もヒントに。

山内は、コロチキ、モグライダーはタクシーを使えるが、この日は雨が降っているため捕まりにくい。一方、男性ブランコのように劇場メインのコンビは、タクシー代を出してもらえず電車で来るから、男性ブランコだけが時間どおりに来ると予想。こうした予想を聞いていると、芸人事情もよくわかっておもしろい。ヒコロヒー、フジモンもまじめそうな男性ブランコを軸に予想していく。大方の予想どおり、浦井が最初に入ってくると、2着は誰かで大盛り上がり。フジモン「こんな楽しいの⁉」。

誰も予想していなかった大穴・ともしげが2着に入り全員外れるなか、お祝いコメントの長さの順番を予想する第2レースではフジモンが的中し「この5年間くらいで一番うれしい!」。

だが、第4レースのフジモンが仕掛け人となった「フジモンと飯行きたい記念」ではフジモンが食事に誘うも、フジモン軍団のナダルを含め誰も手を挙げず。渋々、ともしげが「モグライダーは行けますけど……」と手を挙げると、芝は「ともしげ、行ったらいいじゃん」と押しつける。「(コンビ)そろっていくのも……」と。男性ブランコにも話を振るも、平井が「じゃあ、浦井が」とこちらも押しつける。誰も行きたがらなかったためレース不成立と、フジモンにとってはあまりにも悲しい結果に。いずれもシンプルな“レース”だけど、予想しがいもあるし、思っている以上に盛り上がるいい企画。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太