渡辺直美とジャンポケ斉藤の無双状態から始まった、2007年デビュー組の変遷とは(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『アメトーーク!』

見取り図、ジャンポケ、さらば青春の光、マヂラブ村上、ジェラードン(海野は休養中のため欠席)、ランジャタイの2007年デビュー組で「見取り図同期芸人」。“同期の星”渡辺直美はパネルのみ。

村上はNSC出身ではなく4年先輩の野田と組んでいるため、同期感はあまりないと吉本勢は言う。ジャンポケ、ジェラードン、ランジャタイ(中退)がいた東京NSC12期は、直美とジャンポケ斉藤が無双状態で、卒業公演もふたりが主役だったそう。

番組では「直美ビヨンセ・いいとも期(’08~’10)」「直美ピカル期(’11~’13)」「直美インスタバズり期(’15~’18)」「直美大スター期(’19~’20)」「直美世界進出期(’21~現在)」に分け、それぞれが各時期でどんなポジションにいたかをパネルで示し、検証。いかに渡辺直美が特別な存在かがわかる。だがデビュー直後の「直美ビヨンセ・いいとも期(’08~’10)」から、ジャンポケは1年目でレギュラー番組を持ったり『エンタの神様』にも出て、さらばは大阪の賞レースに出場して受賞、マヂラブや見取り図も『M-1』準決勝進出と、意外にも順調な芸人人生のスタートを切っている面々。一方、ランジャタイは「野良作家」に「河原でネタ見せしていた(笑)」と。

「ピカル期(’11~’13)」では、さらばが『キングオブコント2012』準優勝、ジャンポケ斉藤もNHKの子供番組のレギュラーになったり『ロンハー』のドッキリ企画で知名度が飛躍的に高まったが、トリオとして見ると斉藤だけが活躍している状態。さらばも、13年に東ブクロが「先輩の嫁、寝取った」事件が起こったと、貼ったパネルを斜めにする流れがおかしい。その’13年にさらばは、事務所独立とスキャンダルが重なり、森田曰く「東京芸人さんから無視されるくらい」嫌われていたそうで、MC横のかまいたち濱家も、当時『キングオブコント』決勝は芸人審査だったが「いろいろ思うことはあると思いますが、何卒審査は公正に」とスタッフが注意するほどだったという。

比較的順調にキャリアを重ねている面々だが、「インスタバズり期(’15~’18)」ではマヂラブが大宮に「左遷」させられたり、各組が一様に停滞している感じになっているのが興味深かった。芸歴10年前後にひとつの壁みたいなものがあるのかもしれない。

だが「大スター期(’19~’20)」で一気に花が咲く。さらばは賞レースを卒業したことを機に、バラエティ番組に呼ばれ出す。そのころを振り返り、斉藤は「この時期、急激に森田の平場の強さが世間に知らされた」と評す。そのジャンポケは「ストレッチャーズ」が人気になり、見取り図は『M-1』決勝の常連に、そしてマヂラブが『M-1』王者に。ジェラードンも『キングオブコント』決勝進出。そしてずっと枠外にいたランジャタイは「マヂカルラブリーが優勝したことで、グンと上がる」「地下ライブの門を開いてくれた」と急激に人気を獲得していったと。こうした変遷は、とても興味深くておもしろい。そして改めて見ると、粒ぞろいの実力者が集った期なのだなと思った。

『ホリケンのみんなともだち』

ジェラードン西本、かみちぃをゲストに迎え「根ホリ葉ホリ」トーク。

もともとは海野と西本の同級生コンビだったが、かみちぃが途中加入。それを当初、西本が渋っていたという話では、ホリケンも名倉を入れるときに反対したので一緒だと。かみちぃの加入を断っていた西本は、地元の友達を誘いトリオに。そのネタは大ウケするも、実はネプチューンのネタをまるまるコピーしたものだったという。一度まねしたらウケて、「自分のネタ」と脳が勘違いしていたと振り返る。その話を聞いたホリケンは怒ってもおかしくないのだが、逆に「すげー感動した」とうれしそう。「やっていいよ、共有しようよ!」とまで言う。

西本はホリケンが大好きで観るとまねしたくなると言うし、かみちぃも小学生のころ、地元・宮崎に営業で来たネプチューンを観て、多大な影響を受けたのだそう。確かに言われてみると、ジェラードンのネタにネプチューンっぽさを感じる。と思ったら上記の『アメトーーク!』で、西本が1年目にバナナマンのネタもコピーしていたことが暴露される。西本「1年目って、みんなパクるじゃないですか(笑)」。

【関連】渡辺直美に得意顔をする爆笑・田中、リアルに背中を押した千鳥・大悟


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太