もう中学生「もうダンボールネタはできないかも」。行き詰まった彼を救った、江頭2:50のひと言(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ガキの使いやあらへんで!』

もう中学生24時間ロングインタビュー完結編。「バイト前にAV店を4軒はしごしてパッケージを見るのが日課だった」「素人ものが好き」「付き合ったのは3~4人」「ファーストキスは29歳。お店屋さんで」「必ず毎朝、自慰をする」などもう中にはあまりイメージのない性的な話から、2008年の『ガキの使い』「山-1グランプリ」で憧れのダウンタウンと初共演したときの「松っちゃんは光って何も見えなかった。神々しくて。浜田さんは見えました」といった印象まで多岐にわたる質問に真摯に答えていく、もう中。

しかし、「12時を越えると怖くなる」から12時にはいつも寝ているというもう中に、激しい睡魔が襲う。「どうか10分ボーっとさせてください」などと懇願するもう中に、すっかりこの企画でヒール役になっているインタビュアーの「小島さん」は容赦なく淡々と質問をつづけていく。小声で催眠をかけるように「3分だけ……ねえ、決して悪い話じゃない。小島さんも休める。みんなも休めるしハッピーになる。僕が休みたいとかじゃないの。小島さんが休んだほうがいいから」「3分で……、バラ色の世界に行きましょ」と囁くもう中が可笑しかった。最終的には24時間で2846の質問に答えたもう中。

その中で特に印象的だったのが、仕事が激変した2018年のある日のことを振り返った言葉。

「その日、すごい雨が降ってて(小道具の)ダンボールがびちゃびちゃになって羽田空港のリムジンバスのバス停で実家の母ちゃんに『もう母さん、ダンボールネタは40歳になったりしたらできないかもしれない』って電話して。その電話を切った直後に全身ベージュ姿の人が近づいてきて、誰かな?と思ったら帽子とマスクを取られて『はじめまして。江頭2:50です』って。今までお会いしたことなかったんですけど江頭さんが目の前にあらわれて、『そのダンボールっていつも自分で運んでるの? 頑張ってね!』って言ってギュッと僕に握手してくれて。で、お母さんに慌てて電話して『さっきダンボール辞めるって言ったけど、やっぱりダンボール辞めないでお笑いやっていくよ』って宣言できた」。

まさかこんなところで江頭2:50が出てくるとは! こういう偶然の出会いとちょっとしたひと言でギリギリ踏みとどませることができるんだなあと思う。

『くりぃむナンタラ』

“Z世代”の若者が25人中何人知っているかで「21」を目指すブラックジャック形式の企画。「海砂利水魚」を認知しているのは8人(なかには由来の「寿限無」のほうで知っている人もいるんじゃないかとは思った)。「居酒屋の名前?」というZ世代も。上田とともに進行を務め、25人のZ世代のひとりでもある藤田ニコルも知らない。正解を教えられ「気まず……」とニコル。「バカルディ」も知らなかったそう。「猿岩石」は12人。「有吉さんがいたアイドルグループ」という認識の人も。ちなみに「おニャン子クラブ」が21ぴったりだったという。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太