「あー、永野さん!」日向坂46齊藤京子、まさかの大失態(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『キョコロヒー』

番組アンケートの「最近イラッとしたこと」の答えから、「齊藤京子とヒコロヒーのふたりが些細なことにカリカリしている」と心配したスタッフが、ふたりの怒りを美しい歌にして浄化する「怒りを歌で浄化しよう」という特別企画に。

それを歌うのはなんとアナログフィッシュ。「聞かれたから無理やり答えただけ」とふたりが口をそろえる文章を、見事に曲に乗せて歌い上げる。アンケートの最後に添えられた齊藤京子の「よろしくお願いします」まで入れるのがおもしろい。齊藤「アンケートちゃんと書かなきゃ」ヒコロヒー「アンケートで韻とか踏み出すかも(笑)」。

と、このコーナー自体はいい感じで終わるが、番組エンディングにNGシーンが。佐々木健太郎が画面に登場した際、齊藤京子が「あー、永野さん!」と誤認して発言。すぐに間違いに気づき「ヤバイヤバイ」と慌てる齊藤京子。さすがにスタッフも止める事態に。確かに髪型が似てるから遠目だと見えなくもないけど、いかにも齊藤京子なドタバタ感がおもしろかった。

あと、別企画で「加藤コンテンポラリーヒント」と題してひさびさにコンテンポラリーダンスが流れたのも嬉しかった。

『アメトーーク!』

「革ジャンって着心地いいの年4日だけ」(ケンコバ)、「革ジャンは生き様で着る」(小峠)などと革ジャン愛を語る「革ジャン大好き芸人」。ケンコバによる革ジャンの歴史と種類の解説がとても興味深く勉強になる。一方で「好きと詳しい一緒じゃなくていい」という小沢がいる安心感と脱力感がとても心地いい。

「俺の相棒を語らせろ!」というコーナーでは「相棒を語るとなると、僕は及川光博さんの時が一番好きで」とケンコバがひとボケ挟みつつ、自分が「育てている」革ジャンの話。小峠に関しては「育てる」じゃなくて「追い込む」。「革と己の勝負」だと語る。

くっきー!は、初めて買ったロンジャン・ダブルライダースを紹介。妻からの誕生日プレゼントだという。着すぎて中がボロボロになっている。「今、着られへんやろ?」と蛍原が話を振ると、無理やり着ようとするくっきー。着れたかと思いきや、背中の革が激しく裂けてしまう。くっきー「やってくれたな、アメトーーク!(笑)」。


『野田レーザーの逆算』

視聴者からの出題で「テレフォンショッキング逆算」。『笑っていいとも!』「テレフォンショッキング」の月曜と金曜のゲストだけを見て、その間の曜日のゲストを考察するというもの。めちゃくちゃいい問題! 春日「めちゃめちゃおもしろいな。ワクワクするぜ!」。

今回の問題は2003年6月30日~7月4日まで。岩城滉一からテツandトモの間の3人を当てる。テツトモの前は、はなわかダンディ坂野を予想するカズレーザーに「なるほど! 2003年だしね」と納得する春日。「火曜の方は今でもバラエティでよく観る」などスタッフからのヒントもありつつ、「格好いいおじさん」に絞って予測していくと、春日が「ヒロミさんは?」と逆算成功。

が、ヒロミの場合、途端に交友関係が広くなり予測が難しくなっていく。先に木曜を「女性」「絶対共演したことある」というヒントから「島崎和歌子」を導き出し、ヒロミから島崎和歌子に至る人物を推測していく。その答えが一同納得の当てられるギリギリのところなのがまた素晴らしい。これは自分たちでも勝手にやったら絶対に盛り上がる。

ゲストや問題によっては大喜利的な展開になってしまうこともあってそれはそれでおもしろいけど、やはりこの番組はそちらに行かず、今回のメンバーのように、あくまでも思考ゲームとしての「逆算」で行ってほしい。

【関連】『激レアさん』『シンパイ賞!!』『キョコロヒー』『お笑い実力刃』、“クズ芸人”と“涙”の話、賞レース【2021年バラエティ番組振り返り】


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。