岡田准一が「武術翻訳家」としての本領発揮。マニアックな内容にももクロ百田も「一切ついていけない(笑)」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『明鏡止水〜武のKAMIWAZA〜』

以前、BSで放送されていた番組が地上波に。「武術翻訳家」を名乗る元V6・岡田准一が司会で武術などの神業を紐解いていく番組。初回のテーマは「伝統空手4大流派の真髄」で「伝説の回になる」と岡田。スタジオには、古武術、空手道、太極拳の達人たちが集結するなかなか地上波では見られない光景。

「松濤館流」空手の「追い突き」や同じ沖縄発祥の剣術「薬丸自顕流」の「掛り」を見て、「肘を絞って手首も絞ると関節を消せる」と共通点を看破する岡田の「武術翻訳家」っぷりが相変わらずスゴい。

さらに『ベスト・キッド』のモデルになった「剛柔流」、柔術の要素も含む「和道流」、「糸東流」といった空手の型や特色を比較していくマニアックっぷり。ゲストの百田夏菜子「一切ついてこれてないです(笑)」。

ガキの使いやあらへんで!

「村西とおるの100のコト」序盤の回答こそ趣味は「読書」、好きな食べ物は「焼肉」とごく普通のものだったが、好きな女性のタイプを「人妻」、特技を「○○撮り」と答えたあたりから、らしさが出始める村西とおる。

無表情で力強く答えていくのがなんとも言えない可笑しさを醸し出す。好きな街が「福島県いわき市」、好きな番組が『吉田類の酒場放浪記』など、へえと思うような回答もありつつ、ガキ使メンバーに関する質問に対する答えがことごとく振るっていた。

「一番、不潔だと思うのは?」には「○○の中に粉が吹いてそうな田中」、「ガキのメンバーで入れ替わるなら?」には「一番没個性で普通だから田中」、「ダウンタウンに持っている印象は?」には「むき出しの○○のような感性」、「Hがヘタそうなのは?」には「舐めやイジリがしつこいばっかりの山崎」、「AV男優に向いているのは?」には「煙が立ちのぼるようなハードな腰使いをしそうな松本」と理由の語彙がいちいちおもしろかった。


『イワクラと吉住の番組』

共に『アメトーーク!』の「生きづらい芸人」に出演したが、「ふたりでちゃんと話したことはない」という。「You Tubeだと思っていい」とスタッフに言われたふたりは探り探りのトーク。街行く人の小さな悩みを切り口に話していく形式。

冠番組ができるというサプライズ報告では、ふたり共微妙なリアクション。だが、相手を聞いて喜ぶ。その際にイワクラが言った「仲よくなるところを皆さんに見ていただけたら。たぶん仲よくはならないとは思うんですけど(笑)。ご飯とかは絶対行かない。お互い距離保つと思うんで」という言葉がふたりの関係性と番組の色を的確に示している感じがする。

それでも番組でやっていきたい目標を聞かれ、共通して「コント」と答えていて噛み合ってなさそうで噛み合っている感じがよかった。

『阿佐ヶ谷ワイド!!』

阿佐ヶ谷に住んではいるけれど、「スーパー→薬局→薬局→薬局→薬局→スーパーにしか行かない」という阿佐ヶ谷姉妹が阿佐ヶ谷から一歩も出ずに地元の人たちと送る地域密着バラエティ。

神社での番組成功祈願やおみくじを引く模様をまったりと見せていく。江里子が引いたのは「小吉」、美穂が引いたのは「大吉」だったが、まさかの番号を間違えて引いていたことが発覚。改めてその番号のおみくじを引くと美穂も「小吉」という結果に。いかにも阿佐ヶ谷姉妹らしいおとぼけ展開が可笑しい。

明日観たい番組:『華大さんと千鳥くん』に西野七瀬、飯豊まりえなど

『華大さんと千鳥くん』(フジ)「プレッシャーバトン」「6連単ぴったり当てたら100万円」西野七瀬、飯豊まりえ、かまいたち、春日俊彰、ダイアン。

『100カメ』(NHK)「カツオ漁船」。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)「もしもロケでスタッフが1人しか居なくなったら?」ダイアン津田。

『有吉クイズ』(テレ朝)「祝!蛭子さんと再会」。

『爆問×伯山の刺さルール』(テレ朝)に、響。

『共感百景』(テレ東)秋山寛貴、大橋裕之、ヒコロヒー、吉田靖直、呂布カルマ、渡辺隆。

『フリースタイルティーチャー』(テレ朝)中山功太&TKda黒ぶちvs#久保田&NAIKA MC。

『イワクラと吉住の番組』(テレ朝)「SNSに寄り添ってみたら」。

『凪咲とザコシ』(テレ朝)「テレ朝散歩」後半戦。

【関連】有吉、薬局でV6岡田准一と遭遇したエピソードを語る

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太