ダウンタウンの懐の深さを見せた『ガキ使』と、松本人志がコンビの関係性について答えた『ワイドナショー』(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】浜田雅功考|なぜ浜田はウケると「腹立つわ〜」と言うのか


『ガキの使いやあらへんで!』『ワイドナショー』

ココリコ田中の狂気系企画といえば「我が田中」が思い出されるが、それに負けずとも劣らない企画「TANAKER」。前半はこれまで田中がメンバーにされてきたひどい仕打ちを振り返りながら、JOKERメイクの田中がメンバーをボロクソにこき下ろす。

たとえば、やり過ぎなほどの暴力を振るう浜田に対しては、「大阪で人の頭叩いてツッコみまくってきて、大阪のノリでそのまま東京に来てもうてんねん。だから暴力に頼ってまうねん。つまり、あいつは“大阪ズレ”しとんねん」と酷評。

後半はダウンタウンと方正、遠藤が「5人で100ラリー続けましょう~!!」という企画を田中不在でやるなか、TANAKERが登場。4人には彼が見えていないという設定。TANAKERは、4人に復讐として「アーハハハハ!」と狂ったように笑いながらパイをぶつけつづける。田中にはやっぱり狂気が似合う。ザ・ドリフターズなどでも権力者たるいかりや長介がひどい目に遭うコントが定期的に行われて溜飲を下げていたが、そういったイズムを思わせる。

本番終了後、「浜田さんにシバかれる逆ドッキリかと思って心臓がバクバクしてた」と田中が振り返っていたように、いつ逆襲が始まるのかドキドキしていたが、そのまま終了。「田中、痛いねん!」と笑う浜田。こういう企画を受け入れるダウンタウンの懐の深さを感じた。

この日の朝の『ワイドナショー』では東野が、名前が残っているだけで実質ピンの活動がメインというかたちではなく、ダウンタウンが未だにコンビとしての活動をしているのは奇跡的なことと評していたが、このあたりにもその秘訣があるのかなと思った。

なお、その『ワイドナショー』で東野にコンビの関係性を問われた松本は、コンビのボケとしてお客さんや視聴者、共演者を笑わすという優先順位よりも上に、「相方を笑わすこと」があると語っていたのも印象的だった。

『シンパイ賞!!』

マヂカルラブリー村上と仲よくしている「村上ガールズ(a.k.a.村上十本刀)」。恒例行事は新宿から阿佐ヶ谷までひたすら歩く「歩け歩け」。道中、「神輿」と村上が宣言すると10人で村上を担ぐのだそう。その「左脚担当」が「村ちゃんのプラスになるなら」とテレビ初出演。

健全な関係を強調する彼女に、「有識者」として出演していた鬼越・坂井は「洗脳に近い」「新興宗教の教祖」と解説。村上は付き合っている彼女もいるそうで、村上ガールズにも「面通し」しているとのこと。本当にこの関係性は奇妙ではあるけど、よくわかるし楽しそう。

ラランド・ニシダは、現在彼女と同棲中。食費、生活費、家賃は全部払ってない上、家事もしていないそう。その一方でマッチングアプリなどはやめ、親からの仕送りももらわないようになったと主張するが、サーヤによるとマッチングアプリは全部有料会員。携帯料金は10万円にのぼり、それを親に払わせてるという。それどころか税金、カードの請求も全部親に。

さらにはひとり暮らしすると嘘つき、100万を振り込んでもらったと。「家庭内振り込め詐欺」と悪びれずに言うニシダに、四千頭身・都築「今後バラエティでこういう人、おもしろがるのやめません?」と断罪。これは確かにそう。太田「この番組に参加してていいんだろうか。五輪関係から外されるんじゃないかって」、せいや「最初から外されてます(笑)」。


明日観たい番組:バナナマンとかまいたちが初絡みの『バナナサンド』

『バナナサンド』(TBS)に、かまいたち。

『マツコの知らない世界』(TBS)で「ハイトーンボーカルの世界」平原綾香、「ゲーム音楽の世界」田中治久。

『華大さんと千鳥くん』(フジ)、「芸能人カードバトル」。

『にゅーくりぃむ』(テレ朝)、「上田に牙をむく若手芸人集結!即興長渕剛風ソングやうんちく対決」。

『ぼる塾の煩悩ごはん』(テレ朝)に、ジャンポケ斉藤。

『イグナッツ!!』(テレ朝)、「口説きセンスバトル」前編。

『徹子の部屋』(テレ朝)に、伊沢拓司。

『チマタの噺』(テレ東)に、ハライチ岩井。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太