爆笑問題・田中「意外にアイツのこと好きなのよ」『爆さまネプナイン』で見えた関係性(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『爆さまネプナイン』

岡村が「空まで飛んでけパラグライダー!」とホリケンのギャグをやって、矢部がネプチューンを呼び込み、ホリケンと名倉が「この椅子、座っていいですか? 死んだ店長の」「悲しいよ!」とさまぁ~ずの名コントの一節をやって、原田がさまぁ~ずを迎え、大竹が「プシュー!」と入ってきて「やめなさい」と制する三村と爆笑問題をコールし、爆笑問題が入ってくるという『夜のヒットスタジオ』形式の入場がとても楽しい。

今年元旦の『爆笑ヒットパレード』で集結した4組による特番。「あの4組でなかなか集まれませんよーって値打ちこいてたじゃないですか。その割にこんなにすぐ集まるなんてちょっと恥ずかしい」と笑う岡村。原田が「みんなが集まると太田さんが興奮するでしょ。それがちょっと嫌だった。それで健が興奮すると潤ちゃん傷つけたりするのよ」と言うと名倉のメンタルを心配する岡村。お前もだと言われ「俺は治ってるから……」と弱々しく答える。奥さんの前では同じようなものだと言われた太田「ここには心の弱い人しか集まってない(笑)」。

彼らの若いころの貴重映像(若いころの岡村の可愛らしさ、太田の色気がハンパない)を振り返りながら、なぜかパンチ力を競う企画が挟み込まれる。「俺こういうので負けたくないんだよ!」という原田が70キロでトップになる中、最後にパンチするのが田中。「誰を思い浮かべる?」と問われ「俺は人を殴るとか嫌だから…」という田中に矢部が「太田さんでいいんじゃないですか?」というと、田中「俺、意外にアイツのこと好きなのよ(笑)」。

ひな壇にいるタレントが誰かを当てる「ひな壇クイズ」などは別の枠組みでも延々とできそうな楽しさ。オープニングではなかなかタイトルコールをせず「ずっと立ち話でもいいんじゃない?」と太田が言っていたが、本当にずっと彼らのトークを聞いていたい。

『有吉ぃぃeeeee!』

今回プレイするゲームは前回も大盛りあがりだった「ピコパーク」。5ステージ中4ステージは比較的順調にクリアしていったものの最後のステージに大苦戦。強制スクロールステージのため、結果的にテレビとしてテンポがよく、どんどん失敗していくのがやたらおもしろい。

同じ失敗を繰り返し、いつしか有吉を「黒髪ブタ野郎」、錦鯉・渡辺を「背広じじい」、さらには櫻坂46の田村保乃を「ロン毛じじい」呼ばわりするひたすら楽しい罵り合いに。終盤は田村がハマってしまいミスを連発。「なんでぇ~」と頭を抱える田村に「こっちのセリフだよ!」。

テンポよくボケが繰り返される漫才を見ているように、ずっと笑いどころがつづいて腹が痛かった。


『日向坂で会いましょう』

3月30日、31日に念願の東京ドームライブ『ひな誕祭』を控えて東京ドームの理解を深めようという企画。「東京ドーム事件簿」をクイズ形式で振り返りながら途中、“先人”からのVTRが挟み込まれる。一人目は東京ドームで毎年のようにプロレス興行を行ってきた長州力。「普通のライブ、いつもやってるんだからデカくなったけど飲み込まれないで、あとはリングに向かうだけ」とあくまでも「リング」という言葉を使って語る長州。だが「東京ドームの広さを確認しろ」とか「リングサイドの5列目くらいまでをまず捕まえちゃう。下がわぁーって言ったら、その反動で(全体が)わぁーってなる。そのうち波が回って動き出す」「つまんないことが起きたりしたら、それはそれでオイシくいただく。起きたことをその場で解消はしない。引きずって引きずって来年の新年、そこで答えを出す」と、とてもいいアドバイス。最後に「自分たちが楽しんでないとファンは乗らない」と締めくくる。

ふたり目のDJ KOOも「一体化するためにはレスポンス」と実践的な助言。たとえば「東京ドーム盛り上がっていくぞー!」と言った後に「ふた呼吸あける」のだと。「広いからお客さんに届く速度が遅れる」と経験則に基づいたアドバイスを送る。最初出てきた時は一瞬半笑いになってしまったけど、どちらもとてもいいコメントVTRだった。

明日観たい番組:『M-1』ファイナリストたちの中間報告後半戦

『ロンドンハーツ』(テレ朝)「M-1終わって3カ月 ファイナリスト中間報告」後半戦。

『真夜中のデパート自由に使えたら』(テレ東)後編。

『フリースタイルティーチャー』(テレ朝)タッグマッチ戦開幕。

『知恵泉』(Eテレ)「赤塚不二夫 愛で時代を切りひらけ破天荒ギャグ漫画家は人材育成の達人」。

【関連】錦鯉『M-1』優勝で仕事量が倍増。最大4番組のカメラ同時密着も

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太