ナダル「俳優みたいなところがあって」偽企画で悪態をつき、ヤラセを強行(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ロンドンハーツ』

「制限時間内にドミノ5000個を並べきったら10万獲得」という偽番組で「もしもナダルがドミノに挑戦したら?」を検証。予想通り、すぐに腹減ったと悪態つき、スタッフを顎で使い、ADを人間扱いしない言動。

スタッフにカメラに映らないところで手伝いを要求し、ついにはヤラセを強行。最後は自分が並べていない完成したドミノが倒れていくのを見ながら、感動の表情を浮かべるナダル。それをスタジオで追求され「俳優みたいなところがあって」と開き直り。ザ・ナダルが詰まっていた。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』

こちらでもドミノ企画。「ドミノ倒し1万個に挑戦」とガキ使メンバーがドミノに挑戦。このメンバーが普通にドミノをやるはずがないと思いつつ観ていると、休憩タイムに異変が。浜田は「ていうかさ、この数珠いる?」と手首につけた数珠を松本からイジられると「取られへんねん、悪いこと起こったら嫌やろ」と答えるが、その顔に違和感。顔が精巧なお面になっている(おそらく中身も別人。声のみが本人)。

すると時間が経つにつれ、ひとりずつお面に変わっていきドミノが完成。いざドミノを倒し始めると、今回のドミノの間に何の説明もなく過去のドミノ特番の映像も挟まれる。お面についても結局最後まで触れられず。いまだにこういうシュールなことをやってのけるのが本当に挑戦的ですごい。


『テレビ千鳥』

「海外の雑なドッキリをしたいんじゃ!!」の第2弾。今回のターゲットは錦鯉・渡辺。日本なのに、なぜかアメリカンポリスが職務質問。その傍らには通訳がいる。最初から目が笑ってる渡辺。ネタバラシで「まんまと引っかかったー!」と近づく大悟に「いやいや、めちゃくちゃ気づいてました」「わかってました!」と渡辺。「でもドッキリとも思わなかった。何かの悪ふざけかと(笑)」。

ふたり目のターゲットは前回に引きつづきチョコプラ長田。「前回の長田のなんとも言えない笑顔」がこの企画に合っていると大悟。今回は逃げたペットを一緒に探すように求められると、そのペットがティラノサウルスだったという「恐竜ペットドッキリ」。ドッキリが始まってすぐにこの企画だと気づき、あの引きつった笑顔になる長田。さらには彼氏役としてあのTバックカウボーイも登場し、やはり抜群のリアクションをする長田。ネタバラシされると「これを2回はキツいって!」という長田に「あなただけ3回目あります!」と笑う大悟。長田「海外のドッキリなめないでください!こんな雑なのない!(笑)」。

明日観たい番組:『アウト×デラックス』最終回

『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジ)遠藤章造&狩野英孝、かが屋、加藤礼愛&久保田かずのぶ、三四郎、ジャルジャル、スリムクラブ、天才ピアニスト、とにかく明るい安村&吉田兄弟、どぶろっく、ロッチ中岡、ぱーてぃーちゃん、ハナコ、原口あきまさ&あんどぅ&シンディー&みほとけ、ヒコロヒー&みなみかわ、Mr.シャチホコ&みはる。

『アウト×デラックス』(フジ)最終回。

『アメトーーク!』(テレ朝)「第七世代、その後…」霜降り明星、EXIT、宮下草薙、四千頭身、陣内智則、ジャングルポケット斉藤。

『かまいガチ』(テレ朝)「涙は24時台でさようなら!泣き納め企画」。

『NEWニューヨーク』(テレ朝)「水うまいグルメ」。

『野田レーザーの逆算』(テレ朝)「回転寿司逆算」「未確認生物逆算」。

『オドぜひ』(日テレ)「おいしいマーボー豆腐が作れるようになった報告」「マスクの下で変顔JK」。

『川島・山内のマンガ沼』(日テレ)施川ユウキ。

『ゴシップ』(フジ)最終回。

【関連】「ナダルの認知度は武器にもなるけど邪魔でもある」コロコロチキチキペッパーズが『M-1グランプリ』王者になるための課題


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太