マヂラブ野田も絶賛、頭から離れないキックの「ハイテンションタロット占い」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『マヂカルクリエイターズ2』

「占い界のニュースターを発掘したいよ~!」の後半戦。「予言の書」だとか「未来予知バトル」と称して完全なる大喜利大会。

後者ではネタのオチを“予知”するのだが、地下芸人たちのヒドいネタを観て笑うという趣旨かと思いきやメトロポリちゃんV、メルヘン総長、華井二等兵と粒ぞろい。特に華井二等兵は「こんな人がくすぶってたんだ」と野田が言う地下芸人として抜群の完成度のハゲネタ。

番組後半にはかつて『エンタの神様』でプチブレイクし、現在は「お笑い芸人と占い師の二足のわらじ」で活動しているというキックが登場。「アメリカ大統領選挙を2回連続で当てた」と胸を張るキックに「2択当ててこんなに調子乗っちゃったんですか?」と冷静にツッコむ野田は「一足のわらじにもなってないですよ」と辛辣。伊藤も「キックさん、裸足ですよ(笑)」と同調。

が、現在やっていることとして「ハイテンションタロット占い」と言うと食いつく面々。それを披露すると大ハマリ。野田は「完全に一足でした」と前言を撤回し、「体内に残っていた『エンタ』をウンコとして出した感じ」と。伊藤はキックを「ウンタの神様」と評す。

そんなハイテンションタロット占いで占われたオズワルド伊藤の恋愛運は「自分次第~♪」、野田クリスタルの健康運は「わりと落ち着く~♪」。そのアバウトなフレーズがちゃんと出たタロットカードに基づいているのがいい。

この番組の1期でいう怪談芸人ぁみのような存在になりそう。最後に自分の仕事運をハイテンションタロット占いで占うキック。出たカードが「悪魔のカード」ということで「なかなか厳しい~♪」。芸人として最高のカードを引き当てた。

『週刊さんまとマツコ』

阿佐ヶ谷姉妹をゲストに迎え「謎多きカラオケ映像」の世界。カラオケ好きの江里子はコールセンターのバイト時代、1時間のお昼休憩のうち45分カラオケにつぎ込んでいた時期もあったそう。さんまも大のカラオケ好き。

「線路を歩く」「額縁に入る」など、曲の世界観とは、かけ離れた映像が流れるカラオケ映像。そんな映像の「ワンピースで森を彷徨う」「土砂降りの外を窓際で眺める」「落書き多めの高架下」「トンネルを車が疾走」「懐中時計と砂時計」「裸にパーカーでフードを被る男」といったあるあるをカラオケ映像監督と共に観ていく。

阿佐ヶ谷姉妹の江里子がそれをイジり倒すのが新鮮。普段あまり見せない彼女の“悪さ”が出ていた。

カラオケ映像は、1本10万円程度の低予算で作られているそう。かつては吉田栄作、袴田吉彦、極楽とんぼなども出演していたという。そのシーンは『ストリート・オブ・ファイヤー』『13日の金曜日』『ブレードランナー』『スタンド・バイ・ミー』のような映画をイメージして撮影しているとのこと。よく使われるのは都内だと信濃町のトンネルか六本木トンネル。「3班くらいそこに集まったり(笑)」。

歌詞と映像が合っていないのは、曲のテンポや歌詞に合わせて機械がランダムに映像を選択するからなどと驚きの事実もわかり、とても興味深かった。


明日観たい番組:『アメトーーク!』で「キャベツ芸人」など

『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジ)秋山竜次&友近、かが屋、金の国、空気階段、河本準一&尾形貴弘、コロコロチキチキペッパーズ、衝撃デリバリー、スリムクラブ、天竺鼠、中岡創一、ぱーてぃーちゃん、ハナコ&津田寛治&波岡一喜、原口あきまさ&野田クリスタル、レインボー。

『アメトーーク!』(テレ朝)「もっとホメて!キャベツ芸人」。

『アウト×デラックス』(フジ)に、元木大介。

『NEWニューヨーク』(テレ朝)「『疑惑の1位』の真相解明」。

『野田レーザーの逆算』(テレ朝)「インタビュー逆算」「キャッチコピー逆算」「絵かき歌逆算」。

『オドぜひ』(日テレ)「漢字の画数が分かる」「野球経験がない草野球チーム監督のお悩み」。

『川島・山内のマンガ沼』(日テレ)「有名書店員がオススメ!2022年絶対くるマンガ」。

【関連】清々しいまでに最低で最高の光景を観せてくれた『マヂカルクリエイターズ』最終回


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。