マヂラブが子育ての新たな可能性をみせた「うんこ飽きさせ師」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】マヂカルラブリーが人里に現れ天狗の存在を現代人にすりこむ「天狗すりこみ師」を提案


『もしも師』

マヂカルラブリーが提唱するのは「うんこ飽きさせ師」。うんこをやたらおもしろがる「うんこ期」の子供にうんこショーをしつこく見せて飽きさせるというもの。

そんなにうまくいくかなと思っていたら、絶叫しながら爆笑していた子供たちが本当に途中から怪訝な顔になっていき、最後には「帰れ」コールが起こるほど。帰宅後、自宅で親から感想を聞かれ「うんこは飽きた」「汚い言葉を使うのはよくない」と答えるのがスゴい。本当にこのやり方、使えるんじゃないか。

ニッポンの社長は「褒めクレーム師」、オズワルドは「復縁ソング師」とこちらもそれぞれの持ち味が活かされていてよかった。

そしてバカリズムは「隠して返す師」を提案。自分の大事なものをなくすと悲しい。そのなくしたものが戻ってくると喜ぶ。

「なくす前より戻ってきたあとのほうがテンションが上がっている」というのをグラフにしてプレゼンし「その差額分を意図的に作ってプレゼントすると下手なプレゼントよりもうれしい。だってスマホをなくした人が今欲しいものはなくしたスマホなんだから」ともっともらしく語る。底意地は悪いけど説得力抜群でバカリズムらしい。

まずBKBがターゲット。スマホを隠され慌てたあと、数分後椅子の下から見つかりホッとする。その様子を観ていたななまがり森下から電話がかかってきてそれが誕生日の“プレゼント”だと告げられるとBKB「怖過ぎるって!」。

トム・ブラウンみちおは同じことをされるも、戻ってくるときスマホが椅子の上にあり、明らかに怪しかったため、席を離れ犯人をおびき出そうとする。

電話でも「スタッフさんでヤバい人がいる」と完全に主旨が変わってしまう失敗。放送の順番ではBKBが先だったけど実際はみちおのほうが先で戻す場所を改善したのでは?と思った。

JOYにはハンガーラックにかけたお気に入りのアウターを隠して返す。隠して15分後「俺のアウターは?」と気づくと店内の電気が消え、ケーキが店員より持ち込まれお祝いされると、このタイミングでプレゼントとして包みが渡される。その中にはアウター。それを開ける様がしょうもなくておもしろい。JOY「な、なにこれ、怖っ!」。

どれもバカバカしいけど人間の心理を巧みについていて“発明”だった。

『あたらしいテレビ』

今回は、佐久間宣行を中心としたドラマ好き部屋、藤井健太郎を中心としたバラエティなどを語る部屋、若者の部屋でそれぞれ語り合っているのを司会のかまいたちがモニタリングするという形式に。

「泣いたコンテンツ」の話になり映画やドラマでは泣いたことないという藤井。『熱闘甲子園』や『30人31脚』などでは泣くと言うと「人の心あるんやな」と山内。濱家「お笑いに支配された人(だと思ってた)」。

10代のインフルエンサーや起業家たちが集まった若者部屋では「テレビはほとんど観ない」という人が大勢を占めるなか、ひとりのテレビ好きが孤軍奮闘。そんななかで「番組表って見にくくない?」という指摘は目からウロコだった。

これはすぐにでも着手できるものだと思うので改善してほしい。「こういうコンテンツがあれば観る」という話題で挙げられたものはさんざんテレビがやってきたことばかりで、「つまんないかおもしろいかわからないから観ればいいという意見もわかる。けど、その必要ないですもんね。おもしろそうな情報が向こうから来るんだから、それしか観いひんわ、そりゃ」という濱家の指摘と合わせれば、やはりいかにアクセスしやすくするかといったハード面が大事なんだろうなと思った。

ダウンタウン松本について「おべっかで支えられているわけじゃなくてちゃんと一番おもしろい」と藤井が評すと、さらば森田「こんなこと言っちゃあれなんですけど……松っちゃん、平場バリ強い(笑)」。

松本が左利きだったから左手でご飯を食べてたくらい松本に影響を受けた濱家は、実は『キングオブコントの会』で松本とコントができるチャンスがあったがコロナにかかりダメになってしまったという(おそらく松本×小峠でやった『管理人』)。

濱家「泣きましたね。めっちゃ泣きました(苦笑)。だから及んでなかったってことやろうなって解釈……。今じゃなく。及んでなかったから次へ向けてもっとやらなきゃお前まだまだやでって神様に言われてんやろうなっていうふうに思うようにしましたけど……この話してたらまだ悔しい」。

その話をしているときにBGMで薄めにかかっていたのが「ああエキセントリック少年ボウイ」だったのがちょっと可笑しみもありつつ切なくて沁みた。


『Aマッソのがんばれ奥様ッソ!』

年末にBSテレ東で4日にわたり放送されていた番組。「悩める大家族の奥様のお悩みを解決」「東京から地方に移住した奥様のお悩みを解決」という企画なのでAマッソの番組とはいえ自分が求めるようなものじゃないのかなとスルーしていたら、TLの評判が何やらいい。

これは“何か”があるんじゃないか、ネタバレしないで観たほうがいいに違いないと思いTVerで視聴して正解だった。そんなわけでできるだけ情報を目にせず観ることをオススメします。

明日観たい番組:『かまいガチ』で「第3回ガチ実家王」など

『アウト×デラックス』(フジ)小野みゆき、三宅健。

『かまいたちの“ぶっつけ本番”グランプリ』(テレ朝)「ぶっつけ本番“陸上”」「ぶっつけ本番“カラオケ”」「ぶっつけ本番“ドラマ撮影”」。

『かまいガチ』(テレ朝)「第3回ガチ実家王」オードリー春日、ロッチ中岡、ニューヨーク屋敷、ダイアン津田。

『オドぜひ』(日テレ)「大石さん引退!?動体視力はまだ健在!?」「じゃんけんの結果がすぐわかる男」。

『マンガ沼』(日テレ)和牛・水田プレゼンツ「マンガ帯喜利」後半戦。

黒木華・主演『ゴシップ』(フジ)開始。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太